行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)リニカル

(株)リニカルのホームページへ
マザーズ 株式会社リニカルの上場を承認(2008/9/24)
【事業内容】
医薬品開発受託事業

◇データ
会社設立年月日 2005年06月07日
会社住所  532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
代表電話番号  06-6150-2478
社長名  秦野和浩
ホームページ  http://www.linical.co.jp/
監査法人  トーマツ

主要株主
株主名    比率
秦野和浩   21.10%
髙橋明宏   10.96%
三橋正伸   10.96%
エヌアイエフジャパンファンド投資事業有限責任組合 6.49%
坂本勲勇 6.17%
高木幸一 4.87%
辻本桂吾 4.06%
高田寛治 4.06%
大阪投資育成第4号投資事業有限責任組合 3.25%
岡本光弘 2.44%
※主要株主の持株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載。
社員数 98人(2008年08月31日現在)
代表者生年月日 1965年03月17日生まれ
代表者略歴
年月 概要
1990年04月 マルホ(株)入社
1998年07月 メディテックインターナショナル(株)入社
1999年03月 藤沢薬品工業(株)(現:アステラス製薬(株))入社
2004年09月 アウローラ(株) 取締役
2005年06月 (株)リニカル設立 代表取締役社長(現任)
役員名
役職名 氏名
取締役副社長 辻本桂吾
専務取締役 三橋正伸
専務取締役 髙橋明宏
常務取締役 河合順
取締役 宮崎正哉
取締役 坂本勲勇

公開予定日は、2008年10月27日

【事業内容】
医薬品開発受託事業
調達資金使途 オフィスの拡充、内部統制強化に向けたシステム投資に充当予定
◇コメント
■2007年5月25日、連結子会社アウローラ(株)の全保有株式を売却、子会社ではなくなる。これによりSMO事業から撤退。
■事業詳細:医薬品開発の中でも難易度・重要度の高いフェーズⅡ及びフェーズⅢにおけるモニタリング業務並びにそれに付随する品質管理業務及びコンサルティング業務に特化し、100%受託型の業務形態を取る。
(1)モニタリング業務:治験の主要業務。CRA(モニタリング担当者)が医療機関の治験実施可能性の調査や、医療機関への治験の依頼、治験の進捗管理、治験データの確認及び症例報告書の回収などを行う。
(2)品質管理業務:CRAが作成したモニタリング報告書や入手した手続書類、症例報告書の記載形式や記載内容についてチェックを行う。
(3)コンサルティング業務:製薬会社に対して医薬品開発に係る各種コンサルティングを行う。具体的には、治験実施計画書の内容及び治験実施方法等に関する提案や新薬候補物質に関する治験の実施可能性及び治験実施計画等について調査・報告を行う。

マザーズ 株式会社リニカルの上場を承認(2008/9/24)
【事業内容】
医薬品開発受託事業

◇データ
会社設立年月日 2005年06月07日
会社住所  532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
代表電話番号  06-6150-2478
社長名  秦野和浩
ホームページ  http://www.linical.co.jp/
監査法人  トーマツ

主要株主
株主名    比率
秦野和浩   21.10%
髙橋明宏   10.96%
三橋正伸   10.96%
エヌアイエフジャパンファンド投資事業有限責任組合 6.49%
坂本勲勇 6.17%
高木幸一 4.87%
辻本桂吾 4.06%
高田寛治 4.06%
大阪投資育成第4号投資事業有限責任組合 3.25%
岡本光弘 2.44%
※主要株主の持株比率は目論見書に基づき、潜在株式を含めた割合を記載。
社員数 98人(2008年08月31日現在)
代表者生年月日 1965年03月17日生まれ
代表者略歴
年月 概要
1990年04月 マルホ(株)入社
1998年07月 メディテックインターナショナル(株)入社
1999年03月 藤沢薬品工業(株)(現:アステラス製薬(株))入社
2004年09月 アウローラ(株) 取締役
2005年06月 (株)リニカル設立 代表取締役社長(現任)
役員名
役職名 氏名
取締役副社長 辻本桂吾
専務取締役 三橋正伸
専務取締役 髙橋明宏
常務取締役 河合順
取締役 宮崎正哉
取締役 坂本勲勇

公開予定日は、2008年10月27日

【事業内容】
医薬品開発受託事業
調達資金使途 オフィスの拡充、内部統制強化に向けたシステム投資に充当予定
◇コメント
■2007年5月25日、連結子会社アウローラ(株)の全保有株式を売却、子会社ではなくなる。これによりSMO事業から撤退。
■事業詳細:医薬品開発の中でも難易度・重要度の高いフェーズⅡ及びフェーズⅢにおけるモニタリング業務並びにそれに付随する品質管理業務及びコンサルティング業務に特化し、100%受託型の業務形態を取る。
(1)モニタリング業務:治験の主要業務。CRA(モニタリング担当者)が医療機関の治験実施可能性の調査や、医療機関への治験の依頼、治験の進捗管理、治験データの確認及び症例報告書の回収などを行う。
(2)品質管理業務:CRAが作成したモニタリング報告書や入手した手続書類、症例報告書の記載形式や記載内容についてチェックを行う。
(3)コンサルティング業務:製薬会社に対して医薬品開発に係る各種コンサルティングを行う。具体的には、治験実施計画書の内容及び治験実施方法等に関する提案や新薬候補物質に関する治験の実施可能性及び治験実施計画等について調査・報告を行う。