行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日本調剤(株)

アイケイファーマシー株式会社の株式取得に関する基本合意書締結のお知らせ(2010/2/23)
当社は、本日、調剤薬局経営のアイケイファーマシー株式会社(所在地:大阪府大阪市、以下、アイケイファーマシーと称す)の全株式を取得することに関し、稲畑産業株式会社と基本合意書の締結をいたしましたので、お知らせいたします。
http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103341/20100223182939.pdf

日本ジェネリック:薬局向け検索サイト「ジェネリック医薬品購入ガイド」スタート(2010/2/15)
当社の子会社で、医療費負担を軽減するジェネリック医薬品の製造販売事業の日本ジェネリック株式会社は、調剤薬局向けのインターネット検索サイトとして、「ジェネリック医薬品購入ガイド」(http://www.generic-erabi.jp)をスタートいたしました。(閲覧対象は医療関係者に限定)
http://www.nicho.co.jp/shintyaku/2010/02/post_39.html

子会社「メディカルリソース」本社所在地移転のお知らせ(2010/2/15)
当社の子会社で、労働者紹介派遣事業の株式会社メディカルリソース(代表取締役社長:三津原博)は、平成22年3月8日をもって本社所在地を下記へ移転いたしますので、お知らせいたします。

1.移転日及び業務開始日
平成22年3月8日(月)より

2.新所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12
             サピアタワー15F
TEL:03-3212-5580 FAX:03-3212-5581

     ※旧住所:東京都中央区八重洲2-2-1

3.移転理由
事業拡大、人員増強によりオフィスが手狭になったため

【株式会社メディカルリソース会社概要】
日本調剤株式会社の100%出資子会社のとして、平成12年3月設立。同年7月には労働者派遣事業許可を取得。平成14年6月には有料職業紹介事業許可を取得し、業界初の薬剤師専門の人材派遣・紹介会社として全国展開しております。平成21年7月には医師コンサルタント事業部を立ち上げ、今後は医療業界全般に渡り医療従事者の方々の就業機会と求人企業の橋渡しになる医療系総合人材サービス会社を目指します。
http://www.nicho.co.jp/shintyaku/2010/02/post_38.html

IR情報(2009/5/12)
成21年3月期決算説明資料本日(5月12日)、平成21年3月期決算の補足説明資料を発表いたしましたのでお知らせします。
詳細につきましては、下記PDFファイルをご覧ください。
http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103341/20090512171812.pdf

薬局の新規開局に関するお知らせ(2007/3/1)
 当社は、全国規模での調剤薬局出店を積極的に推し進めているが、下記のとおり、平成19年3月度については、兵庫県1店舗、福岡県1店舗が新規開局したのでお知らせする。

【開局店舗】
薬局名
所在地
開局日
日本調剤 六甲アイランド薬局
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-13
平成19年3月1日
日本調剤 久留米薬局
福岡県久留米市旭町25-3
平成19年3月1日
なお、当社グループの調剤薬局店舗数は、平成19年3月1日時点で日本調剤211店舗、子会社10店舗の計221店舗となった。

日本調剤、9月1日付で東証一部上場(2006/8/21)
調剤薬局を全国展開する日本調剤は18日、東京証券取引所から市場一部への銘柄指定が承認された。9月1日から東証一部上場となる。
 調剤薬局事業を柱に、全国8支店体制での労働者派遣紹介事業、ジェネリック医薬品製造販売事業を展開し、06年3月期の連結売上高は590億2600万円。6月末時点の店舗数は200店舗を数える。今期(07年3月期)は連結で売上高670億5000万円、経常利益32億1500万円の見込み。

薬剤師会から退会(2006/6/29)
 日本調剤は、今年度から原則として全店舗において、薬剤師会を退会することにした。調剤報酬や薬価の引き下げなどで薬局経営が厳しさを増していることから、経費削減の一環として行うもの。
http://www.c-direct.ne.jp/japanese/uj/pdf/10103341/00049208.pdf
http://www.c-direct.ne.jp/japanese/uj/pdf/10103341/00048787.pdf

株式会社メディヴァンスとの業務提携(2006/4/27)
 日本調剤は、三井物産の子会社であるメディヴァンスとの医療モール開発に関する業務提携契約を結んだ。
 メディヴァンスは2002年の設立以来、医療モールの開発・運営を核に、開業を希望する医師を支援。首都圏に4モールを運営している。日本調剤とメディヴァンスは、医療モールの加速度的出店を達成するために業務提携契約を締結した。メディヴァンスの医療関連サービスノウハウと日本調剤の調剤薬局ノウハウ、三井物産の情報網活用で、医療モール型の加速度的出店が可能となると考えている。

株式会社メディヴァンスについて
(1)商号        株式会社メディヴァンス(http://www.medivance.co.jp)
(2)代表者       瀬川洋樹
(3)本店所在地    東京都港区赤坂3-2-2
(4)設立年月日    平成14年6月3日
(5)主な事業内容   ・医療機関、医療関連企業向け不動産賃貸業
              ・医療機関向け支援サービス業
(6)決算期       3月
(7)従業員数      4名(平成18年4月27日現在)
(8)資本金       250,000千円(平成18年4月27日現在)
(9)発行済株式数   5000株(平成18年4月27日現在)
(10)大株主及び議決権比率
  株主名             持株数    議決権比率
  三井物産株式会社      2500株   50.0%
  三井不動産株式会社    1500株   30.0%
 株式会社エスアールエル   1000株   20.0%

ジェネリック医薬品の販売開始(2006/2/14)
 調剤薬局チェーン「日本調剤」の100%子会社である日本ジェネリックは、2006年4月よりジェネリック医薬品(後発医薬品)を販売開始する。
 日本ジェネリックは、2005年4月には改正薬事法の医薬品製造販売業の許可を取得(東京都)、ジェネリック医薬品に特化した医薬品製造販売事業を開始している。2006年1月には医薬品販売業許可も取得した。
 今回、販売開始するジェネリック製品は「導入形式」で、信頼性の高い国内を代表する大手ジェネリックメーカー8社の製品を導入し、日本ジェネリックを販売元とするもの。本年4月時点でジェネリック医薬品100品目の製品販売を予定している。
 流通に関しては、日本調剤を中心に供給するほか、全国規模の医薬品卸社の流通ルートを確保したという。
【日本調剤株式会社】
 1980年北海道・札幌市で創業。以来一貫して日本の「医薬分業」の実現を目指し、調剤薬局のチェーン展開を行っている。現在では全国8支店体制、北は北海道から南は九州鹿児島まで196店舗(2006年2月現在、子会社含む)により全国展開を図っている。 2004年9月東証二部に上場。

神奈川と広島に新規店舗開局 北海道の1店舗閉局(2006/2/1)
●開局
日本調剤 米が浜薬局
  神奈川県横須賀市米が浜通1-8-6
日本調剤 殿賀薬局
  広島県山県郡安芸太田町大字下殿河内710-日
●閉局
日本調剤 美唄薬局
  北海道美唄市西2条北2丁目1-1

西武調剤センターの株式を取得 子会社化(2005/11/9)
(1)商号 株式会社西武調剤センター
(2)代表者 代表取締役 馬場 孝道
(3)所在地 東京都小平市花小金井6-1-1
(4)設立年月日 平成5年10月1日
(5)主な事業の内容 調剤薬局の経営
(6)決算期 9月

フジアポテコ、清瀬調剤センターの株式取得(2005/10/13)
株式会社フジアポテコ、株式会社清瀬調剤センターの株式を取得し、子会社化することを決議した。
株式会社フジアポテコ
(1)商号 株式会社フジアポテコ
(2)代表者 代表取締役 伏見 恵一
(3)所在地 東京都港区新橋4-20-8
(4)設立年月日 平成4年4月23日
(5)主な事業の内容 調剤薬局の経営
(6)決算期 2月
(7)従業員数 17名(平成17年8月31日現在)
(8)主な事業所 東京都清瀬市に2店舗、東京都三鷹市に1店舗の計3店舗
(平成17年10月13日現在)
(9)資本の額 10,000,000円(平成17年2月28日現在)
(10)発行済株式総数 普通株式 200株
(11)大株主構成および所有割合
伏見 恵一 100.00%
株式会社清瀬調剤センター
(1)商号 株式会社清瀬調剤センター
(2)代表者 代表取締役 伏見 恵一
(3)所在地 東京都清瀬市元町2-2-21
(4)設立年月日 平成6年5月9日
(5)主な事業の内容 調剤薬局の経営
(6)決算期 9月

2
(7)従業員数 6名(平成17年8月31日現在)
(8)主な事業所 東京都清瀬市に計1店舗
(9)資本の額 10,000,000円(平成16年9月30日現在)
(10)発行済株式総数 普通株式 200株
(11)大株主構成および所有割合
伏見 恵一 100.00%

株式会社アイセイ薬局と資本提携(2005/9/12)
 関東・東海地区を中心に調剤薬局のチェーン展開を行っている株式会社アイセイ薬局が実施する第三者割当増資を引き受けることを決議した。
出資先の概要

①商号 株式会社アイセイ薬局(http://www.aisei.co.jp/)
②代表者 岡村幸彦
③本店所在地 東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5
④設立年月日 平成12年8月22日
⑤主な事業内容 保険調剤薬局の経営
⑥決算期 3月
⑦従業員数 319名(平成17年3月31日現在)
⑧資本金 100,000千円(平成17年8月31日現在)
⑨発行済株式数 2,000株(平成17年8月31日現在)

「日本保険薬局協会」 2004年4月発足予定(2003/11/6)
 患者の視点に立った保険薬局をめざして調剤薬局チェーンなどが「日本保険薬局協会」の設立を準備している。11月6日に協会設立と今後の活動などを発表した。主だった調剤薬局チェーンや調剤分野に取り組むチェーンドラッグストアが参加し、「日本保険薬局協会」「日本薬剤師会」や「日本チェーンドラッグストア協会」など関係諸団体と連携して、経営機能評価、人材育成、雇用問題検討、分業推進など12の特別委員会が設け、活動を行っていく予定。  現在のところ、アインファーマシーズ、アインメディカルシステムズ、クラフト、CFSコーポレーション、総合メディカル、日本調剤、阪神調剤薬局、メディカルファーマシーなど有力調剤薬局チェーン27社が参加している。  今後は、規模を問わず保険薬局を営む法人であれば正会員になることができ、保険薬局を営む法人の参加を受け入れていく。