行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

東京都

皮膚の健康と病気を調節する脂質の新しい役割の発見 ~難治性皮膚疾患の治療に向けての新しい創薬に期待~(2015/10/13)
公益財団法人 東京都医学総合研究所の村上 誠 参事研究員、山本 圭 研究員らは、脂質を分解する酵素の研究から、皮膚の健康と病気を調節する新しい脂質メカニズムを発見しました。表皮角化細胞(ケラチノサイト)の酵素が新しい活性を持つ脂質を作り出し、皮膚の分化と肥厚を進めることを初めて見つけました。この成果は、乾癬注1)や皮膚癌などの病気の新しい診断法や治療薬の開発につながると考えています。
この研究は、京都大学の椛島 健治 教授、千葉大学の神戸 直智 准教授、米国 ワシントン大学のMichael Gelb 教授、仏国 CNRS研究所のGérard Lambeau 教授らとの共同研究により、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)(平成27年4月1日より、本研究課題は日本医療研究開発機構(AMED)に承継され、引き続き研究開発の支援が実施されています)および日本学術振興会 科研費(新学術領域研究、基盤研究)の一環として行われました。この研究は、2015年10月5日(米国東部時間)に米国科学誌『Journal of Experimental Medicine(ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル・メディシン)』にオンライン掲載されました。
<研究の背景>
脂質は皮膚にとって非常に大切な生体成分です。外界に接する皮膚表面の表皮角化細胞(ケラチノサイト)は脂質(特にセラミド)の層を作り、体内からの水分の蒸散または病原体などの侵入から体を守っています。日常、表皮角化細胞は分化と増殖を行っていますが、このサイクルが壊れると皮膚のバリアが乱れ、治療の難しい乾癬やかぶれ(接触性皮膚炎)注2)などのアレルギーにつながります。しかし、セラミド以外の脂質が皮膚でどのような役割をしているかについては十分理解されていませんでした。村上研究員らは、リン脂質を分解する酵素(ホスホリパーゼA2注3))に関する研究を進める中で、表皮に存在する酵素によってできるユニークな脂質(リゾ型リン脂質注4))が健康や病気の調節に重要な役割を果たしていることを発見しました。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20151013/index.html

東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)(2010/1/8)
都では、がん診療連携拠点病院(14ヶ所)、都認定がん診療病院(10ヶ所)、国立がんセンター中央病院及び東京都医師会が協力し、都内医療機関が共通に使用できる5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)の地域連携クリティカルパス「東京都医療連携手帳」の整備に向けた検討を行っています。
23年9月の完成を目指し検討を進めているところですが、このたび、試行版を作成し、22年2月より運用することとなりました。

http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/view/news_main.cgi?file=main_26957.html&genre=21tosei&page=0
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/01/20k18600.htm
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gantaisaku/critical.path/index.html