行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

イーピーエス(株)

イーピーエス(株)のホームページへ
NACの薬事コンサルティング部門を買収(2006/6/1)
 イーピーエスは、医療機器を扱う日本アメリケア(NAC)の薬事コンサルティング部門を買収し、1日から医療機器開発支援市場の積極的な開拓に乗り出した。2005年の改正薬事法で医療機器開発にもGCPが適用されたことから、今後の需要増を見込んだ。経験が重視されるという医療機器の薬事でNACのノウハウを取り入れることで、大手メーカーから日本に拠点のない海外メーカー、ベンチャー企業まであらゆる顧客からの臨床試験支援を含む受託の獲得を目指す。
 NACは、医療機器の輸入販売のほか、医療機器開発の薬事コンサルティングを行っていた会社。
 買収に伴いEPSの医療機器開発部門は、NACの担当者5人を取り込み、20人体制となり、コンサルと共に、海外も含めた臨床試験支援のサービスの強化も図る。

NACの薬事コンサルティング部門を買収(2006/6/1)
 イーピーエスは、医療機器を扱う日本アメリケア(NAC)の薬事コンサルティング部門を買収し、1日から医療機器開発支援市場の積極的な開拓に乗り出した。2005年の改正薬事法で医療機器開発にもGCPが適用されたことから、今後の需要増を見込んだ。経験が重視されるという医療機器の薬事でNACのノウハウを取り入れることで、大手メーカーから日本に拠点のない海外メーカー、ベンチャー企業まであらゆる顧客からの臨床試験支援を含む受託の獲得を目指す。
 NACは、医療機器の輸入販売のほか、医療機器開発の薬事コンサルティングを行っていた会社。
 買収に伴いEPSの医療機器開発部門は、NACの担当者5人を取り込み、20人体制となり、コンサルと共に、海外も含めた臨床試験支援のサービスの強化も図る。

「日本エスエムオー株式会社」をグループ会社化(2004/8/25)
 イーピーエスは、日本エスエムオーをEPSのグループ会社とすることで、同社と合意した。
 EPSが日本SMOの発行済み株式の75%を取得することで合意、日本SMOはEPSのグループ会社となった。EPSグループでSMO事業を営む株式会社イーピーリンクはCRC派遣業務に加えて、サイトサポート業務の拡大強化をすすめている。
 日本SMOはサイトサポート業務を中心に事業展開しており、EPSグループは、日本SMOとイーピーリンクの相互補完でSMO事業の伸長を期待している。
サイトサポート/治験を行う医療機関の体制整備を支援し、円滑な治験を進めるための事前準備や事務局としてのサポート業務。資料、契約書、法令上の必須文書の作成支援や医療機関の代理として製薬会社との折衝も行う。

MR派遣事業(コントラクトMR)に参入(2003/12/8)
 イーピーエスは2004年1月から、医薬情報担当者(MR)のコントラクトMR(派遣)事業に参入すると発表した。
 子会社のイーピーメディカルに業務を担当させる。コントラクトMRは外資系製薬会社で需要が拡大してきたが、国内企業にも受注が見込めると判断したもの。 製薬会社の勤務経験者を2004年は10人程度確保し、3年後には50人に増やしていく。派遣とあわせて製品ごとにプロモーション活動を引き受ける請負事業も行う。
 臨床試験(治験)支援大手のイーピーエスは2004年1月から、製薬会社の営業を担当する医薬情報担当者(MR)の派遣事業に参入する。子会社のイーピーメディカルに業務を担当させ、3年後に売上高5億円以上をめざす。固定費が抑えられる派遣MR市場は外資系製薬会社向けに拡大してきたが、競争激化を背景に国内企業向けにも需要が見込めると判断した。
 2004年9月までに製薬会社の勤務経験者を10人確保し、3年後には50人に増やす。派遣以外に、プロジェクトごと営業を引き受ける請負事業も行う。当面は外資系を中心に利用を働きかけるが、軌道に乗れば国内大手にも拡大していく。初年度の売上高は1億円をめざす。
 採用では異業種の営業経験者も受け入れるなど「職種を問わずに優秀な人材を確保していく」(EPS企画推進部)方針。イーピーメディカル社長には、医薬大手の三共で医薬営業企画部長を経験した人材を充てる。

2004年3月期中間決算(2003/11/27)
 2004年9月期の連結売上高は、28%増で100億円突破を見込むほか、単体での経常利益率15%確保を重要な経営目標に定めているが、、当初計画値に対する業績は未達だった。  セグメント別売上高では、CRO事業が62億2939万円(対前期比29.4%増)。SMO事業は14億8186万円(28.2%増)、非臨床事業は12億2475万円だった。  

平成15年度9月期決算(2003/11/21)
 イーピーエスは、平成15年度9月期決算短信を発表した。 平成15年度9月期決算短信(連結)、平成15年度9月期決算短信(個別)などは、下記ホームページをご参照。
http://www.eps.co.jp/pdf/tanshin200311_renketsu.pdf