行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

オリンパスメディカルシステムズ(株)

オリンパスメディカルシステムズ(株)のホームページへ
気管支鏡下で肺末梢病変の検体採取が可能なキットを発売(2007/7/26)
 オリンパスメディカルシステムズは、気管支鏡下で肺末梢部にガイドシースを留置し、検体採取を繰り返し行える「ガイドシース法」に対応した唯一のキット「ディスポーザブルガイドシースキット」を2007年8月1日から国内で発売し、順次欧米、アジア地域で販売する。同キットは、X線透視下でガイドシースを肺末梢病変部に誘導・留置することで、ガイドシースをガイドに生検鉗子や細胞診ブラシを挿入し繰り返し検体を採取することが可能である。
 さらに、超音波プローブを挿入し、超音波画像でより精度の高い病変部の特定も可能である。これにより、肺末梢病変へのより確実なアプローチをサポートし、検査の効率向上と患者さんの負担軽減に貢献する。

●発売の概要(国内)
 販売名:ディスポーザブルガイドシースキット
 モデル名:K-201/K-203(*2)
 価格(税込):14,175円
 発売時期:2007年8月1日
 売上目標キット数:5,000キット/年
 販売名:ディスポーザブルガイドシースキット
 モデル名:K-202/K-204*3
 価格(税込):11,550円
 発売時期:2007年8月1日
 売上目標キット数:5,000キット/年

赤外光観察(IRI)が可能な「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープを発売(2007/1/29)
 オリンパスメディカルシステムズは、胃がんの深達度診断と治療方針の判定などを目的に、赤外光を照射して通常光観察では視認が難しく、がんの浸潤に関与すると言われる粘膜深部の血管増生や血流情報の観察が期待される赤外光観察(IRI)が可能な「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープ OLYMPUS GIF TYPE RQ260Z」を2007年2月1日から国内で発売する。

■主な特長の概要
 1.赤外光観察が可能な消化管ビデオスコープを実現 
 2.通常光観察や90倍の拡大観察が可能 
 3.狭帯域光観察(NBI)が可能 

■「IRI」の期待される適用分野と応用例
・期待される適用分野: 胃
・期待されている応用例: 
 がんの深達度診断と治療方針の判定。がんと腺種(前癌病変)の判別。ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)後の出血予想と止血対策。

・期待される適用分野: 食道 
・期待されている応用例: 
 食道静脈瘤硬化療法時に、硬化剤の食道・胃内分布を直接、動的・静的に観察。 
http://www.olympus.co.jp/jp/