行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

埼玉医科大学

埼玉医科大学のホームページへ
マウスES細胞から胃の組織細胞の分化に成功 -幹細胞から胃を丸ごと作製-(2015/8/4)
ポイント
マウスES細胞を分化させることで胃の組織細胞を作製する技術を開発
ヒスタミン刺激に応答して胃酸を分泌し、消化酵素などを分泌する胃の組織細胞を作製
創薬、安全性試験、病態モデル研究への応用に期待

概要
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)創薬基盤研究部門【研究部門長 織田 雅直】幹細胞工学研究グループ 栗崎 晃 上級主任研究員、二宮 直登 研究員、浅島 誠 産総研名誉フェローは、国立大学法人 筑波大学【学長 永田 恭介】大学院生 野口 隆明、関根 麻莉、王 碧昭 教授と学校法人 埼玉医科大学【理事長 丸木 清之】駒崎 伸二 准教授と、さまざまな細胞に分化する多能性幹細胞であるマウスES細胞から、試験管内で胃の組織を丸ごと分化させる培養技術を開発した。この胃組織は消化酵素を分泌し、ヒスタミン刺激に応答して胃酸を分泌した。さらに、メネトリエ病(胃巨大皺壁症)とよく似た状態を作り出す遺伝子TGFαを分化させた胃の組織で働かせると、胃粘膜が異常に増殖した前がん状態を引き起こすことが確認された。
 今回の技術はES細胞を、食道、胃、腸、すい臓、肝臓など、さまざまな消化管組織のもととなる胎児の組織細胞(内胚葉)を胚様体形成法によって分化させた後、分化条件を最適化して胃全体に分化する能力を持つ胃原基構造へと培養する。さらに3次元(3D)培養を利用することで立体的な胃組織への培養方法を開発した。試験管内で作製したこの胃組織により、胃の治療薬研究や病態研究への貢献が期待される。
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/2015/nr20150804/nr20150804.html

埼玉医科大学病院・埼玉医科大学国際医療センターの呼吸器内科チ ームが、北海道大学、東北大学、日本医科大学等と、遺伝子診断を 基にした肺癌の個別化分子標的治療を確立!(2010/6/25)
肺癌は、早期に進行し全身に転移しやすく2/3 の患者さんは発見時にはすでに手術不能です。そしてこれらの患者さんの余命は各種治療を行っても発見から1 年程度であることが知られています。現在、日本人の20 名に1 名が肺癌で亡くなっており、肺癌の治療成績を向上させることは重要な課題です。
従来、進行した肺癌患者さんの一部にイレッサという薬が良く効くことが分
かっていましたが、いつ、どのように、どんな患者さんに使用すると、どのく
らいの効果が得られるのかは明らかになっていませんでした。さらにイレッサでは間質性肺炎の副作用が報告されており、有効で安全な使用法が求められていました。
今回、埼玉医科大学、北海道大学、東北大学、日本医科大学の4 大学を中心とした北東日本の70 施設による大規模ランダム化前向き臨床試験で、「肺癌細胞に、EGFR 遺伝子変異※注」がある患者さん」を見つけ、「その患者さんの最初の治療をイレッサで開始する」ことで、患者さんの生存期間が従来の2 倍の2年半に延長することが明らかになりました。イレッサで治療を開始した患者さんでは、治療中の生活の質(QOL)が明らかに良好でした。重い間質性肺炎がみられた患者さんは、1%とごくわずかでした。
「肺癌細胞にEGFR 遺伝子変異がある患者さん」は日本人の肺癌患者の30%、若い女性の肺癌患者に限ると50%以上が該当し、日本だけを考えても年間15,000名から20,000 名の患者さんがこの治療の恩恵を受けると考えられます。
共同研究においては、本学が、研究の立案、遺伝子変異検査の開発、臨床試験実行、結果の解析、論文作成において中心的な役割を果たし、その成果は世界最高の臨床医学雑誌とされるマサチューセッツ医学会発行の「The New England Journal of Medicine」2010 年6 月24 日号に掲載されました。
この医学雑誌は世界中の研究者に大きな影響力をもつ雑誌ですが、既にこの結果に基づき英国では肺癌治療薬剤の基準が変更されており、同様に多くの国において肺癌治療が見直されることが想定されています。
今後、さらなる研究の積み重ねにより、有効な肺癌治療の開発につながって行くことが期待されます。

※注)上皮成長因子受容体(EGFR:Epidermal Growth Factor Receptor)
細胞の増殖や成長を制御する上皮成長因子(EGF)を認識し、シグナル伝達を行う受容体。正常組織においては細胞の分化、発達、増殖、維持の調節に重要な役割を演じているが、遺伝子増幅や遺伝子変異、構造変化が起きると、発癌、および癌の増殖、浸潤、転移などに関与する。
http://www.saitama-med.ac.jp/smutopics20100625.pdf

「遺伝子診断を基にした肺癌の個別化分子標的治療を確立」(医学系研究科:貴和教授)(2010/6/24)
東北大学大学院医学系研究科呼吸器病態学分野の貫和敏博教授らの研究グループは、進行した非小細胞肺癌の一部で認められるEGFR 遺伝子活性型変異を治療前に同定することで、分子標的薬 gefitinib(イレッサ、アストラゼネカ社)を用いた新たな治療法が、従来の抗癌剤を用いた化学療法を大きく上回る治療効果をもたらすことを証明しました。この成果は学術誌「The New England Journal of Medicine」(6月24日号;日本時間6月25日発行)に掲載されます。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/100624prn.pdf
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2010/06/press20100624-01.html

脂肪酸の代謝に重要な役割を果たす新酵素 タンパク質「Tysnd1」を発見(2007/1/26)
 理化学研究所は、埼玉医科大学との共同研究で、ゲノムインフォマティクスから予測した、今までに機能が不明であったタンパク質「Tysnd1」が脂肪酸の代謝に重要な役割を果たす新しい酵素であることを発見した。
 今回の発見は、脂肪酸代謝に関わる疾患、例えば、肥満、脂肪肝、高脂血症の治療や創薬につながる大きな手がかりとなると考えられる。
 本研究成果は、欧州の科学雑誌でネイチャーの姉妹紙である『EMBO Journal』(2月7日号)に掲載され、それに先立ち、オンライン版(1月25日付け)に掲載される。 
http://www.riken.go.jp/
http://www.saitama-med.ac.jp/