行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

トーアエイヨー(株)

トーアエイヨー(株)のホームページへ
ニトログリセリン注射液「ミオコール静注1mg」の新発売について(2011/7/5)
トーアエイヨー株式会社(本社:東京都中央区、社長:元村啓司)は2011 年7月6日、ニトログリセリン注射液「ミオコール静注1mg」を新発売致します。
弊社では既に、ニトログリセリン注射液として日本で初めて「ソフトバッグ」を採用した「ミオコール点滴静注25mg・50mg」およびアンプル製剤「ミオコール静注5mg」を発売しておりますが、この度の1mg 製剤の新発売により、更なる医療現場のご要望にお応えして参ります。
http://www.toaeiyo.co.jp/img/myc_i_1mg_press.pdf

不整脈治療剤「プロノン®錠」の「製造販売承認」の承継について(2011/6/6)
トーアエイヨー株式会社(本社:東京、社長:元村 啓司、以下「トーアエイヨー」)とアステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:野木森 雅郁、以下「アステラス製薬」)はこのほど、現在アステラス製薬が日本において製造販売している不整脈治療剤 「プロノン®錠 100mg / 150mg」(一般名:プロパフェノン塩酸塩、以下「プロノン」)について、「製造販売承認」を2011年10月1日付けにてトーアエイヨーに承継することに合意しましたのでお知らせします。



本剤は承継日以降も引き続き、販売をアステラス製薬、医療機関へのプロモーション活動をトーアエイヨーが行います。


*:プロノンは、Ⅰ群薬に属する不整脈治療薬で、心筋細胞のNa(ナトリウム)チャネルを遮断することによって心臓の異常な興奮伝導を抑制するとともに、β受容体遮断により交感神経の興奮を鎮める作用を持つ薬剤です。
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/post-116.html

不整脈治療剤『アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」、100mg「TE」』の 効能・効果追加承認の取得について(2010/12/22)
トーアエイヨー株式会社(本社:東京都中央区、社長:元村啓司)は、現在発売中の不整脈治療剤『アミオダロン塩酸塩速崩錠50mg「TE」、100mg「TE」(一般名:アミオダロン塩酸塩)』につきまして、下記のとおり「心不全(低心機能)に伴う心房細動」の効能・効果が追加承認されましたのでお知らせいたします。なお、用法及び用量の変更はございません。
本剤は2009年12月に「生命に危険のある下記の再発性不整脈で他の抗不整脈薬が無効か、又は使用できない場合・・・心室細動、心室性頻拍、肥大型心筋症に伴う心房細動」を効能・効果として三全製薬株式会社が製造販売承認を取得し、本年5月にトーアエイヨー株式会社が発売を開始いたしました。本剤は速崩錠であるとともに、50mg 錠及び100mg 錠の規格を有しており、今回の「心不全(低心機能)に伴う心房細動」の効能・効果追加により、不整脈治療により一層貢献できるものと考えております。
http://www.toaeiyo.co.jp/img/amz_press2.pdf

心不全治療薬『ピモベンダン錠1.25mg「TE」、ピモベンダン錠2.5mg「TE」』を新発売しました。(2008/11/12)
平素は、弊社製品につきまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて このたび弊社では、心不全治療薬『ピモベンダン錠1.25mg「TE」、ピモベンダン錠2.5mg「TE」』を新発売させていただくことになりましたのでご案内申し上げます。
ピモベンダンは、Ca2+センシタイザーに属し、心筋Ca2+感受性増強作用にホスホジエステラーゼ(PDE)3阻害作用をあわせもつ経口心不全治療薬です。近年、高齢化が急速に進んでいるわが国においてQOL の向上にも期待されている薬剤です。
『ピモベンダン錠1.25mg「TE」、2.5mg「TE」』は、患者さまの服用のし易さを追求し、製剤化技術を駆使して開発した割線を有するフィルムコーティング錠です。一包化も可能になり、バラ包装もラインナップ致しました。また、PTP シートやパッケージには使用の安全を考慮したデザインを採用しています。
つきましては、心不全治療薬『ピモベンダン錠1.25mg「TE」、ピモベンダン錠2.5mg「TE」』をお引き立てくださいますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
http://www.toaeiyo.co.jp/iryou_kankeisya/img/pmz_hatubai.pdf

本社移転の件(2008/11/7)
トーアエイヨー株式会社は創業以来入居しておりましたビルが建替えとなるため下記のとおり移転することになりましたのでお知らせ申し上げます
(記)
●移転先名称 トーアエイヨー ビル
●移転先住所 東京都中央区八丁堀三丁目10番6号
(〒104-0032)
http://www.toaeiyo.co.jp/img/iten_I_press.pdf