行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

東京農工大学

生きた神経細胞内で麻酔ガスの分子を検出することに成功 ~神経信号伝達に対する麻酔ガスの作用機構解明へ新たな手法~(2010/12/15)
JST 課題解決型基礎研究の一環として、東京農工大学 光ナノ科学融合研究リングの三沢 和彦 教授らは、超短パルスレーザー光の位相を自由に制御・測定する技術を活用し、生きたイカの神経細胞内に注入した麻酔ガスの分子を検出することに成功しました。

麻酔ガスは医療現場で頻繁に使われていますが、どうして麻酔が効くのかはいまだに解明されていません。麻酔ガスが生体内で神経信号伝達を抑制する作用に関心が持たれていますが、神経組織内で麻酔ガス分子そのものの存在位置を特定する観測手法がないため、麻酔の作用機構を直接的に解明する研究を行うことは困難です。

本研究グループは、「位相制御コヒーレントラマン顕微分光法」と呼ばれる手法を独自に開発し、分子固有の構造に由来する光散乱信号(ラマンスペクトル注1))を顕微鏡下で高感度かつ簡便に測定することを実現しました。さらに、この方法を用いて、巨大軸索と呼ばれるイカの神経突起内に注入した麻酔薬(セボフルラン)のラマンスペクトルを細胞質から分離して測定し、細胞中での麻酔ガス分子の位置を特定することができました。

今後、神経信号伝達現象と麻酔ガス分子の局在を同時に計測することで、長年の謎である麻酔薬の分子薬理メカニズム解明につながるものと期待されます。

本研究は、東京医科歯科大学の寺田 純雄 教授らと共同で行われました。

本研究成果は、米国科学雑誌「The Journal of Chemical Physics」のオンライン速報版で近日中に公開されます。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20101215-2/index.html

世界初、遺伝子組換えカイコによる高機能繊維の開発(2008/10/24)
- 緑色、赤色、オレンジ色等の蛍光色を持つ絹糸などの開発に成功 -

 農業生物資源研究所は、東レ(株)、東京農工大学、群馬県蚕糸技術センター、群馬県繊維工業試験場、理化学研究所及びAmalgaam有限会社との共同研究により、遺伝子組換えカイコによる高機能絹糸・繊維の開発に成功しました。

 農業生物資源研究所は平成12年に遺伝子組換えカイコの作出に成功していますが、今回その技術を応用し、また実用品種との交配・選抜を繰り返すことによって絹糸の実用性を高めて、緑色、赤色、オレンジ色等の蛍光色を持つ絹糸や、世界で最も細い絹糸、細胞接着性を高めた絹糸の開発に成功しました。

 また、従来の高い温度で繭を煮て繭層から繭糸を繰り目的の太さの絹糸を作る方法(繰糸法)では蛍光を持つ成分が壊されてしまうことから、新たな繰糸方法を開発し、蛍光色を残したまま繭から生糸を繰り取ることを可能にしました。

 さらに、遺伝子組換えカイコの繭から得た絹糸の衣料あるいは医療素材としての特性を試験・評価するために織物(ワンピース、ジャケット、ショールなどのニット)やインテリア用品(ランプシェードなど)、人工血管や角膜培養のフィルムなどを試作しました。これらの試作品は、自然光でも薄緑色やピンク色を呈していますが、特定の波長の光を当てると蛍光色を発します。

 これらの試作品は、平成20年10月29日水曜日、30日木曜日に東京国際フォーラムで開催されるアグリビジネス創出フェア(http://agribiz-fair.jp/)で展示する予定です。

 この成果は、農林水産省からの受託研究である、「アグリバイオ実用化・産業化研究」プロジェクト(平成16年~20年度)において進められてきた研究からの成果です。

糖鎖の簡易合成法を開発(2005/5/9)
 東京農工大学大学院 連合農学研究科 千葉一裕教授とモリテックスは、産業技術総合開発機構(NEDO)より「基盤技術研究業務」の委託を受け、この度「熱応答性分配現象」を用いて単糖三つ連なった三糖までの糖鎖を効率的に合成することに成功した。
 これにより、将来的には医薬品原材料として、非常に重要な役割を担うと考えられている糖鎖を低コストで大量に供給できる途が開けることになった。 3年後に売上10億円の事業化を計画。
http://www.moritex.co.jp/