行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)産学連携機構九州

カテプシン関連遺伝子改変マウスの販売実施許諾に関する契約を締結(2004/3/4)
 トランスジェニックは、産学連携機構九州とカテプシン関連遺伝子改変マウスに関して、独占的な販売実施許諾する契約を2004年3月4日に締結した。
 この契約により、トランスジェニックは産学連携機構九州が出願した「カテプシン関連遺伝子改変非ヒト哺乳動物」にかかる特許(出願番号:特願2002‐153641)の技術的範囲に属するカテプシン関連遺伝子改変マウスを、日本国内で独占的に製造、販売できる販売実施許諾権を取得した。
 カテプシン関連遺伝子改変マウスの技術は、山本健二教授(九州大学大学院歯学研究院長)と中山敬一教授(九州大学生体防御医学研究所教授)により発明され、研究成果の一部は、山本健二教授らの論文に発表されている。
 カテプシン関連遺伝子改変マウスは、アトピー性皮膚炎などに関する研究開発用として期待されており、トランスジェニックは、製薬会社等に使用権の許諾やマウス個体の販売を行っていく。