行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

筑波大学

マウスES細胞から胃の組織細胞の分化に成功 -幹細胞から胃を丸ごと作製-(2015/8/4)
ポイント
マウスES細胞を分化させることで胃の組織細胞を作製する技術を開発
ヒスタミン刺激に応答して胃酸を分泌し、消化酵素などを分泌する胃の組織細胞を作製
創薬、安全性試験、病態モデル研究への応用に期待

概要
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)創薬基盤研究部門【研究部門長 織田 雅直】幹細胞工学研究グループ 栗崎 晃 上級主任研究員、二宮 直登 研究員、浅島 誠 産総研名誉フェローは、国立大学法人 筑波大学【学長 永田 恭介】大学院生 野口 隆明、関根 麻莉、王 碧昭 教授と学校法人 埼玉医科大学【理事長 丸木 清之】駒崎 伸二 准教授と、さまざまな細胞に分化する多能性幹細胞であるマウスES細胞から、試験管内で胃の組織を丸ごと分化させる培養技術を開発した。この胃組織は消化酵素を分泌し、ヒスタミン刺激に応答して胃酸を分泌した。さらに、メネトリエ病(胃巨大皺壁症)とよく似た状態を作り出す遺伝子TGFαを分化させた胃の組織で働かせると、胃粘膜が異常に増殖した前がん状態を引き起こすことが確認された。
 今回の技術はES細胞を、食道、胃、腸、すい臓、肝臓など、さまざまな消化管組織のもととなる胎児の組織細胞(内胚葉)を胚様体形成法によって分化させた後、分化条件を最適化して胃全体に分化する能力を持つ胃原基構造へと培養する。さらに3次元(3D)培養を利用することで立体的な胃組織への培養方法を開発した。試験管内で作製したこの胃組織により、胃の治療薬研究や病態研究への貢献が期待される。
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/2015/nr20150804/nr20150804.html

高脂血症治療薬による睡眠障害の新しい治療効果(2007/4/25)
 産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 生物時計研究グループ 石田 直理雄 研究グループ長、大石 勝隆 主任研究員は、筑波大学大学院 白井 秀徳 氏、早稲田大学 理工学術院 柴田 重信 教授らとともに、高脂血症治療薬であるフィブレートによって体内時計の調節が可能であることを発見した。
 夜行性の齧歯(げっし)類であるマウスを明暗環境下で飼育した場合、通常その活動時間帯は夜間に限られている。このマウスに、フィブレートを餌とともに投与すると、活動時間帯が約3時間前進(早寝早起き)し、明期の後半から活動を始めるようになった。活動時間帯が後退(夜更かし朝寝坊型)する睡眠相後退症候群(DSPS)のモデルマウス(時計遺伝子の壊れたマウス)にフィブレートを投与したところ、活動時間帯の正常化が確認された。  フィブレートは核内受容体PPARαに特異的に結合することから、PPARαをターゲットとした新規な睡眠(リズム)障害治療薬や時差ぼけ改善薬などの開発につながるものと期待される。 

細胞ゲノムに挿入された治療用遺伝子の位置解析を実施(2005/5/11)
 タカラバイオのバイオ研究所は、レトロウイルスベクターを用いた遺伝子治療において造血幹細胞への治療用遺伝子のゲノム挿入位置を解析する手法として用いられている従来型LAM-PCR法を改良したタカラLAM-PCR法を用いて、厚生労働省が認可した北海道大学医学部小児科 有賀正教授らのアデノシンデアミナーゼ欠損症を対象としたADA-SCID遺伝子治療臨床研究と筑波大学付属病院遺伝子細胞治療グループリーダー 長澤俊郎教授らによる再発白血病を対象としたHSV-TK遺伝子治療臨床研究において、治療用遺伝子の挿入位置の解析を共同で行うこととなった。また、北海道大学のADA-SCID遺伝子治療における解析結果は、6月1日から米国セントルイスで開催される米国遺伝子治療学会(ASGT)で発表することも予定している。

『臨床バイオインフォマティクス研究施設』が完成(2004/2/27)
 産業技術総合研究所では、平成14年度補正予算によって、つくばセンター・つくば中央第4事業所内4階に「臨床バイオインフォマティクス研究施設(クリーンルーム、質量分析機器を始めプロテオミクス解析システム、トランスクリプトーム解析システム及び解析用クラスタシステム)」の整備を進め、2月27日に竣工致した。
 本施設で実施する主な研究は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「バイオ・IT融合機器開発プロジェクトのもとで採択された「ゲノム・プロテオームをベースとしたプロファイル診断システムの研究開発(平成15~17年度)」。
 本研究開発は、臨床情報とともに収集された少量の血液や脳脊髄液のハイスループット解析により、がん、虚血性心疾患、妊娠中毒症、肝細胞機能障害および脳機能障害等の病態と連動して変動するタンパク質・遺伝子バイオマーカーの発見をめざす。関連した臨床と基礎研究を密接な連携の基に展開することで、疾病の迅速で、信頼できる早期診断支援システムの開発を行う。我が国における最初の本格的な産学官共同プロテオミックス研究であり、臨床と恒常性基礎研究が密接に連携した本格的臨床バイオインフォマティクス研究は世界でもこれが始めて。
 実施体制としては、臨床バイオインフォマティクス研究施設の完成によって、産業技術総合研究所・年齢軸生命工学研究センター、筑波大学、MCBインフォマティクス、島津製作所、三井情報開発が参加して、「臨床バイオインフォマティクス研究イニシアティブ( Clinical Bioinformatics Research Initiative,CBIRI )」を構成する。