行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日本臓器製薬(株)

■慢性腎臓病患者様向け新規腎機能保護薬の韓国における開発およびライセンスに関する契約締結に関するお知らせ(2008/7/24)
 日本臓器製薬株式会社(本社:大阪市中央区、社長:小西龍作、以下「日本臓器」)と韓国の製薬企業、現代薬品工業株式会社(Hyundai Pharm)(本社:韓国ソウル、会長兼CEO:Han-Koo Lee、以下「Hyundai」)は、7月16日に日本臓器が開発した内因性抗酸化剤・新規腎機能保護薬「NZ-419」(日本臓器開発番号)について、韓国における開発およびライセンスに関する契約を締結しました。本契約により、Hyundaiは、NZ-419の韓国における開発と販売の独占実施権を有することになります。2009年に臨床を開始し、2014年には韓国で発売の予定。一方、日本および欧米地域では、開発および販売を行う企業選択権を日本臓器が有します。NZ-419は、腎機能保護作用を有する抗酸化剤の中でも、毒性の強い活性酸素ヒドロキシルラジカルを選択的に取り除くことのできる薬で、保存期の慢性腎臓病患者様向けの新規腎機能保護薬として期待されています。

 慢性腎臓病を患うと腎機能は徐々に低下していき、末期には透析療法や腎移植が必要となります。近年、この慢性腎臓病の患者数が増加の一途をたどり、これに伴い維持透析患者数が年々増加し、韓国及び日本では2006年末にはそれぞれ4.5万人と26万人を数えるに至っています。このことは、患者様や家族の皆様の生活上の負担を増すばかりでなく、医療費高騰などの社会経済的な面からも問題となってきています。これらの問題を踏まえて、医療現場では、透析への移行のリスクが高い進行性慢性腎臓病患者様のため、腎機能の低下を阻止あるいは遅延させることにより、維持透析への移行を遅らせようと、集学的治療が行われてきています。現在、両国とも病態進展を抑制する治療として、低蛋白食などによる食事療法に加え、球形吸着炭を用いた薬物療法のほか、アンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬などの降圧剤を使用しており、一定の成果をあげています。しかしながら、いずれの治療も効果は十分とは言えず、より効果的な新たな治療薬の早期開発が強く望まれています。

【参考】
1.慢性腎臓病 (CKD: Chronic Kidney Disease)
 3ヶ月以上、腎臓が障害を受けているか、糸球体ろ過量などの腎機能が低下する病態を、一般の人にも馴染めるようにと、慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)と呼ぶようになってきています。従来から使われていた慢性腎不全(CRF: Chronic Renal Failure)を含みます。末期には、尿毒症などの症状が現れる末期腎不全 (ESRD: End Stage Renal Disease) に至り、透析療法や移植を受けることになります。CKD患者様の内、ESRD に移行するリスクが高い患者様の割合は成人の約5%とされており、日本では約450万人と推定されています。同様に推定しますと、韓国での潜在的な数は約160万人となります。両国ともその内10分の1が、腎機能の低下速度が速く、治療を要するが治療が難しい患者様ではないかと考えられています。NZ-419はここでも効果が期待されています。

2.CKDと酸化ストレス
 CKDの進展に活性酸素が深く関与し、病態の進展に従って活性酸素の量が増え、CKDの進展は活性酸素との悪循環に陥っています。腎不全の動物モデルではいずれも、ネフローゼのモデルにおいても、NZ-419 は活性酸素の悪循環をたち、CKDの進展を抑えていると考えられています。

【会社概要】
日本臓器製薬株式会社
本 社:大阪市中央区平野町2丁目1番2号
設 立:1939年10月9日
資本金:1億円
代表取締役社長: 小西 龍作
事業内容:医療用医薬品、一般用医薬品の研究開発・製造・販売およびプラント(精密機械)事業

現代薬品工業株式会社(Hyundai Pharm)
本 社:1110-2, Hwagok-6Dong, Gangseo-Gu, Seoul 157-709, Korea
設 立:1965年7月16日
資本金:15億KW
会 長:Han-Koo Lee, 社長:Chang-Hyun Yoon
事業内容:医療用医薬品、一般用医薬品、医療機器、健康食品の研究開発・製造・販売
http://www.nippon-zoki.co.jp/news/2008-0003.html

MR用車両のハイブリッドカーへの切り替えについてのお知らせ(2008/5/12)
 日本臓器製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小西龍作、以下「日本臓器製薬」)は、平成20年度よりMR用のリース車両をハイブリッドカーに切り替えるとともに、環境課題に対応した車両管理体制を構築し推進していくこととしましたのでお知らせします。

 今回、営業活動における自動車使用によるCO2排出の削減をはかるため、MRが営業活動において使用するリース車両を中心とした220台を7月より順次ハイブリッドカーに切り替えていきます。また、東京支店、大阪支店などの交通機関の発達した地域の事業所においては営業車の使用を制限する「ノーカーディ」を設定したり、現在の安全運転管理体制に加えて、適正なガソリンの使用(燃費)を検証するなどの環境課題に対応した車両管理体制を構築します。これにより、ガソリンの使用の約40%の削減を目指します。

 日本臓器製薬の環境課題への取り組みとしましては、昭和46年に大気汚染防止装置「エアロピュール(湿式電気集塵機)」を開発し、また、その販売関連会社を設立し社内には担当事業部のプラント事業本部を設置するなど体制を整えました。
 その後、家庭用電気集塵機、電解制菌装置「バック・ピュール」、動電磁場水処理装置「電磁ウォーターピュール」などの環境汚染防止機器を相次いで開発し、市場から独自の技術に高い評価を得てまいりました。
 また、近年は循環型社会への取り組みを積極的に推進し、「回転炉床炭化炉」などの開発による産業廃棄物再生処理プラントの提案を推進するなど、長年に亘って環境汚染防止技術を通して"健康"や"環境保全"に取り組んでまいりました。

 また、主要研究所の生物活性科学研究所(所在地:兵庫県加東市)や主要工場の小野緑園工場(所在地:兵庫県小野市)は、周囲の環境を配慮した緑の多い施設になっており、兵庫県全土公園緑化構想の「みどりの建築賞」を、生物活性科学研究所は昭和60年に、小野緑園工場は昭和63年に受賞しております。
http://www.nippon-zoki.co.jp/news/2008-0002.html

漢方ドリンク「龍泉一内服液」など5種類同時に発売(2006/6/8)
 医療用医薬品・一般用医薬品製造販売の日本臓器製薬は、天然生薬抽出液を配合した漢方ドリンクシリーズ「龍泉(R)一内服液」「龍泉(R)三内服液」「龍泉(R)六内服液」「龍泉(R)内服液」「マスチゲン(R)漢方内服液」の5種類を発売。
・「龍泉(R)一内服液」 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)処方…むくみ・肥満症に
・「龍泉(R)三内服液」 八味地黄丸(はちみじおうがん)処方…腰痛・しびれ・下肢痛に
・「龍泉(R)六内服液」 加味帰脾湯(かみきひとう)処方…不眠症・精神不安に
・「龍泉(R)内服液」 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)処方…足腰の冷え・肩こり・更年期障害に
・「マスチゲン(R)漢方内服液」 十全大補湯(だいほじゅうぜんとう)処方…貧血・疲れ・手足の冷えに

厚労省告示380 号 5成分9品目を薬価基準へ追補収載(2003/12/19)
 厚生労働省は、薬事食品衛生審議会の部会報告品目を薬価基準へ追補収載した。 収載されたのは5成分9品目で、内訳は注射薬が3成分4品目、外用薬が2成分5品目。
【外用薬】
ティシール-デュオ
規格単位/0.5mL1 キット
薬価(円)/10,609.1 ティシール-デュオ
規格単位/1mL1 キット
薬価(円)/17,702 ティシール-デュオ
規格単位/2mL1 キット
薬価(円)/34,210.1 ティシール-デュオ
規格単位/5mL1 キット
薬価(円)/84,086.1
会社名/日本臓器製薬(輸入元)、バクスター(販売予定)
成分名/フィブリノゲン加第VIII 因子
分類/799/他の治療を主目的としない医薬品
効能・効果/生理的組織接着剤。組織の接着・閉鎖 組織の接着・閉鎖(ただし、縫合あるいは接合した組織から血液、体液又は体内ガスの漏出をきたし、他に適切な処置法がない場合に限る。)
用法・用量/注射筒内の凍結液を融解した後、注射筒の筒先に剪断針アダプターを接続し、その先に剪断針を装着し、両液の等容量を接着・閉鎖部位に適用する。通常、10cm2 当たり、両液各々1mLを適用する。なお、接着・閉鎖部位の状態、大きさに応じて適宜増減する。
備考/フィブリノゲン加第XIII 因子のキット製剤(2本のプレフィルドシリンジを一体化したキット製剤)(剤型追加医薬品(新キット))

厚労省告示380 号(2003/12/19)
 厚生労働省は、薬事食品衛生審議会の部会報告品目を薬価基準へ追補収載した。 収載されたのは5成分9品目で、内訳は注射薬が3成分4品目、外用薬が2成分5品目。
【外用薬】
ティシール-デュオ 規格単位/0.5mL1 キット 薬価(円)/10,609.1 ティシール-デュオ
規格単位/1mL1 キット 薬価(円)/17,702 ティシール-デュオ
規格単位/2mL1 キット 薬価(円)/34,210.1 ティシール-デュオ 規格単位/5mL1 キット 薬価(円)/84,086.1
会社名/日本臓器製薬(輸入元)、バクスター(販売予定)
成分名/フィブリノゲン加第VIII 因子 分類/799/他の治療を主目的としない医薬品
効能・効果/生理的組織接着剤。組織の接着・閉鎖 組織の接着・閉鎖(ただし、縫合あるいは接合した組織から血液、体液又は体内ガスの漏出をきたし、他に適切な処置法がない場合に限る。)
用法・用量/注射筒内の凍結液を融解した後、注射筒の筒先に剪断針アダプターを接続し、その先に剪断針を装着し、両液の等容量を接着・閉鎖部位に適用する。通常、10cm2 当たり、両液各々1mLを適用する。なお、接着・閉鎖部位の状態、大きさに応じて適宜増減する。
備考/フィブリノゲン加第XIII 因子のキット製剤(2本のプレフィルドシリンジを一体化したキット製剤)(剤型追加医薬品(新キット))