行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

株)クスリのカツマタ

クスリのカツマタの株式譲受について(2009/6/16)
住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤 進)は勝又泰夫氏と2009年7月中旬(予定)に株式会社クスリのカツマタ(本社:神奈川県川崎市、社長:勝又泰夫)発行株式の約99.5%を譲受することで合意しました。

クスリのカツマタは1983年の創業以来、立地・店舗面積ともに競争力が高く、かつ、収益性が高い店舗フォーマットを確立し、地域の特性、顧客ニーズを捕らえた豊富で的確な品揃えおよび競合他店に抜きん出た接客力などにより、ほとんどすべての店舗が「地域一番店」となっており、地域住民から高く評価されている有力ドラッグストアです。現在、東京都城南エリアから川崎・横浜エリアに、主に東急沿線の駅前繁華街中心に25店舗をドミナント展開しております。1店舗当たりの平均年商は約6億円とこの業界では非常に高い水準にあるとともに、利益率も非常に高く、また、有利子負債ゼロと極めて健全な財務体質を有しております。

住友商事は、100%子会社である株式会社住商ドラッグストアーズ(本社:東京都文京区、社長:広瀬泰三)において「医療の一端を支える小売業として、お客様の健康で豊かな生活に役立つ『かかりつけ薬局』を目指す」という経営理念のもと、社会的インフラ機能を持つ調剤併設型ドラッグストアのフォーマットを確立し、「トモズ」「アメリカンファーマシー」「メディコ」「コーエイ」のストアブランドで東京・神奈川・埼玉をドミナントエリアとして、現在、計110店舗を展開し、堅実な収益をあげております。

住友商事とクスリのカツマタは、今後の地域社会に貢献する企業作りを積極的に行う方針です

詳細は下記
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/2009/20090616_103519.html