行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

コニカミノルタエムジー(株)

コニカミノルタエムジー(株)のホームページへ
ジェネリックMRI用造影剤を品揃え 『ガドペンテト酸メグルミン静注液』を新発売(2008/11/25)
 コニカミノルタエムジー株式会社(本社:東京都日野市、社長:谷田 清文、以下 コニカミノルタ)は、MRI用造影剤『ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ』5規格を11月25日より新発売いたします。

 コニカミノルタでは、イオパミドールを主成分とする非イオン性尿路・血管造影剤『オイパロミン』 のバイアルタイプを1996年7月に発売し造影剤市場に参入いたしました。その後、同造影剤のシリンジタイプや高濃度タイプを発売し、ラインアップの拡充を図ると同時に、イオヘキソールを主成分とする非イオン性造影剤『イオパーク』を2001年9月に発売し、さらに品揃えを充実させました。

 今回、MRI用造影剤『ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ』を新発売し、更にラインアップを拡充いたしました。

 コニカミノルタでは、これからも医療用フィルム及び機器の事業実績を活かし、診断用医薬品分野でもお客様のニーズに対応した商品の開発・販売に努力してまいります。

■ 商品名・薬価
【商品名/薬価/包装薬価】
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ 5mL「F」 1筒  4,476円  4,476円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ10mL「F」 5筒  6,327円  31,635円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ13mL「F」 1筒  7,225円  7,225円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ15mL「F」 5筒  7,770円  38,850円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「F」 5筒  9,000円  45,000円

■ 商品の特長
1. 患者様の体重に合わせ、容量の異なる5規格からお選びいただけます。
2. 内容液を確認しやすい、透明性の良いプラスチックシリンジです。
3. バイアル製剤に比べ詰め替えの手間がなく、簡便で衛生的です。
4. 包装のリサイクル率を高めました。
■ 製造販売元
 富士製薬工業株式会社(東京都千代田区)
■ 発売開始日
 2008年11月25日

ジェネリックMRI用造影剤を品揃え 『ガドペンテト酸メグルミン静注液』を新発売(2008/11/25)
 コニカミノルタエムジー株式会社(本社:東京都日野市、社長:谷田 清文、以下 コニカミノルタ)は、MRI用造影剤『ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ』5規格を11月25日より新発売いたします。

 コニカミノルタでは、イオパミドールを主成分とする非イオン性尿路・血管造影剤『オイパロミン』 のバイアルタイプを1996年7月に発売し造影剤市場に参入いたしました。その後、同造影剤のシリンジタイプや高濃度タイプを発売し、ラインアップの拡充を図ると同時に、イオヘキソールを主成分とする非イオン性造影剤『イオパーク』を2001年9月に発売し、さらに品揃えを充実させました。

 今回、MRI用造影剤『ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ』を新発売し、更にラインアップを拡充いたしました。

 コニカミノルタでは、これからも医療用フィルム及び機器の事業実績を活かし、診断用医薬品分野でもお客様のニーズに対応した商品の開発・販売に努力してまいります。

■ 商品名・薬価
【商品名/薬価/包装薬価】
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ 5mL「F」 1筒  4,476円  4,476円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ10mL「F」 5筒  6,327円  31,635円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ13mL「F」 1筒  7,225円  7,225円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ15mL「F」 5筒  7,770円  38,850円
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「F」 5筒  9,000円  45,000円

■ 商品の特長
1. 患者様の体重に合わせ、容量の異なる5規格からお選びいただけます。
2. 内容液を確認しやすい、透明性の良いプラスチックシリンジです。
3. バイアル製剤に比べ詰め替えの手間がなく、簡便で衛生的です。
4. 包装のリサイクル率を高めました。
■ 製造販売元
 富士製薬工業株式会社(東京都千代田区)
■ 発売開始日
 2008年11月25日