行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)大木

(株)大木のホームページへ
業務・資本提携の解消についての覚書締結のお知らせ(2008/9/30)
 当社は、平成20年9月30日開催の取締役会において、株式会社茂木薬品商会(代表取締役社長:茂木 友幸、本社:東京都文京区)との間で「業務・資本提携の解消」について合意し、同日付で「覚書」を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.提携解消の理由

 当社は、平成18年の薬事法改正を端緒とし激動する一般用医薬品業界における同業者との戦略的提携を模索してきておりましたところ、問題意識を共有する(株)茂木薬品商会との間で「資本・業務提携について協議を開始すること」について合意し、平成20年4月1日付で「業務・資本提携についての基本合意書」に調印致しました。その後両者で「業務・資本提携検討委員会」を発足させ、種々協議を行って参りました。

 しかしながら、(株)茂木薬品商会は、平成20年7月28日、ドラッグストア大手のマツモトキヨシ(東証第一部上場)の傘下に入ることを発表いたしました。

 この結果、特定の取引先に対する一般用医薬品専門卸となった(株)茂木薬品商会と、広範な得意先を有する当社とが「業務・資本提携関係」を継続することは双方にとって現実的メリットがなく、かえって相互の情報や機密の保持の面で、競争関係に陥ってしまうことが懸念されるので、提携関係を解消することが至当であると考えるに至りました。

 (株)茂木薬品商会側も、同様の考えであることが判明したため、平成20年9月30日を以て、「資本・業務提携についての基本合意」を解消することといたしたものです。

2.業務提携の解消の内容
 業務提携につきましては、システム、物流の情報共有化や共同仕入れの可能性等広範な分野にわたり検討致して参りましたが、結局、具体化に至る前に上記のような事情となりました。

3.資本提携の解消の内容
 資本提携につきましても具体化に至る前に上記のような事情となりました。

資本・業務提携についての覚書調印(2007/8/23)
 大木とエーアイピーは、一般用医薬品等卸売業務分野において、資本・業務提携および一部の事業分野の統合について、協議・検討を進めることに合意。覚書に調印した。

業務提携基本合意(2007/8/7)
 東邦薬品は、大木および国分と、食品・医薬品・化粧品・日用品事業に関する中間流通基盤の強化及び発展を目指した業務提携について基本合意に至った。