行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

摂南大学

大地溶岩の早期発見につながる技術を開発(2007/7/13)
 ADEKAと摂南大学薬学部の佐久間信至準教授(薬剤学)、山下伸二教授のグループは、大地溶岩の早期発見につながる技術を開発した。
 がん細胞特有の糖鎖にくっつく物質を微粒子と組み合わせたもので、ポリスチレンなどをもとにした直系約400ナノメートルの微粒子である。その表面にピーナッツのタンパク質を付着させている。がん細胞にくっつくことで、がん細胞を特定でき、2ミリ程度の小さながんでも発見が可能である。大腸の内視鏡検査に期待を持っている。