行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

サイボウズ(株)

サイボウズ(株)のホームページへ
「端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-」を販売開始(2007/7/10)
 インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジーは、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポートがレポートにまとめた「端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-」の販売を開始した。

「韓国製薬市場分析シリーズ Vol.3 韓国製薬市場分析-2007」を販売開始(2007/7/4)
 インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジーは、株式会社ミューが前例の無い大きな変化を経験している韓国製薬市場の持続的成長性などについて分析してまとめた調査資料、「韓国製薬市場分析シリーズ Vol.3 韓国製薬市場分析-2007」の販売を開始した。

● 製薬業界に本格的な競争時代到来
 韓国政府の薬剤費適正化方案の核心であるポジティブリスト導入で、製薬業界に本格的な競争時代が到来した。低価格で効能の高い薬のみが保険登載され、製品発売開始から競争が激しくなる。既存の営業優先主義からR&Dに対する重要性が次第に高まる中、2007年には従来の量の競争から質の競争へ変化する見通し。

●企業別差別化の更なる加速化
 ポジティブリスト導入、米韓FTA交渉の影響によって技術力の弱い小規模の会社が市場からその姿を消すとともに、自己開発した新薬、スーパージェネリック、ライセンスインなど成長戦略による企業別差別化は更に加速化される見込み。

●予告された薬価値下げの波を乗り越えることができる企業に注目
 例年より値下げ幅が大きいことが予想される第5次薬価再評価で、特許満了医薬品の20%薬価引き下げ、さらにそれに連動されたジェネリック薬価上限80%など、予告された薬価引き下げが大きく影響している。薬価引き下げを補うための売上拡大ができる会社の選別が大事になっている。

●成長性に対するプレミアム今後も有効比重拡大(Overweight)
 2007年韓国製薬業界の成長性はポジティブリスト導入、予告された薬価値下げなどの影響で、例年に比べて多少鈍化される見込みである。しかし、相変らず韓国内需要代表株、及び海外製薬会社に比べて高い売上規模、また収益増加が予想され、成長性に対するプレミアムはなお有効だと判断される。ミューリサーチチームは製薬業界に対して比重拡大(Overweight)の意見を維持し、売上拡大が可能だと判断できる。