行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

シーエス薬品(株)

シーエス薬品株式会社による株式会社トミタヘルスケアとの 一般用医薬品等卸売事業の一部譲受に関する基本合意書締結のお知らせ(2009/4/27)
本日、当社および当社の完全子会社であるシーエス薬品株式会社と富田薬品株式会社および同社の完全子会社である株式会社トミタヘルスケアの4 社は、株式会社トミタヘルスケアの一般用医薬品等卸売事業の一部を、シーエス薬品株式会社が譲り受けることに関する基本合意書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.基本合意の趣旨
特定健診・特定保健指導の制度化や改正薬事法の施行など、一般用医薬品等の卸売事業を取り巻く環境は今後益々変化していくことが予測されております。このような環境に対応するため4 社は、お得意様へのサービス機能の強化と更なる経営の効率化をはかることを目的として、平成20 年10 月24 日に一般用医薬品等の卸売事業における業務提携契約を締結しております。このたび、アルフレッサグループにおけるセルフメディケーション事業の強化と、当事会社のより一層の経営の効率化をはかるため、平成21 年10 月1 日を予定として、株式会社トミタヘルスケアの一般用医薬品等卸売事業の一部をシーエス薬品株式会社が譲り受けることに関し、基本合意に至りました。

全文は下記URL
http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?cat=tdnet&sid=699506

一般用医薬品等卸売事業に関する事業譲渡契約締結のお知らせ(2008/5/12)
 当社の子会社であるシーエス薬品株式会社と明祥株式会社は、明祥株式会社における一般用医薬品等卸売事業を、シーエス薬品株式会社に譲渡することに関し、事業譲渡契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。





1.一般用医薬品等卸売事業に関する事業譲渡の理由

 シーエス薬品株式会社および明祥株式会社は、広く人々の健康に貢献することを目的として、平成18年10月26日に締結した一般用医薬品卸売事業に関する業務提携契約書に基づき、一般用医薬品卸売事業に関するシステム、仕入、物流、販売促進および管理等のあらゆる分野における業務提携を推進して参りました。
 今回、グループの目指すセルフメディケーション卸売事業の確立に向け、グループにおいて同事業の中核的存在であるシーエス薬品株式会社に明祥株式会社の同事業を集約することで、経営資源の更なる有効活用と経営基盤の確立を図ることとしました。


2.明祥株式会社からシーエス薬品株式会社へ事業譲渡する内容

(1)明祥株式会社 ヘルスケア部における一般用医薬品等卸売事業およびこれに関連する資産ならびに契約上の地位

(2)譲渡部門の売上高
 明祥株式会社 5,628百万円(平成20年3月期)


3.当事会社の概要(平成20年3月末現在)

(1)シーエス薬品株式会社
 1)名 称:シーエス薬品株式会社
 2)主な事業内容:医療用医薬品、一般用医薬品、育児用乳製品、医薬部外品、雑貨等の卸販売
 3)設立年月日:昭和46年4月12日
 4)本店所在地:名古屋市中区丸の内三丁目2番26号
 5)代表者:代表取締役社長 木俣 博文(きまた ひろぶみ)
 6)資本金:890百万円
 7)従業員数:842名
 8)大株主構成および持株比率:アルフレッサ ホールディングス株式会社 100%

(2)明祥株式会社
 1)名 称:明祥株式会社
 2)主な事業内容:医療用医薬品、一般用医薬品、試薬、医療機器、工業用医薬品等の卸販売
 3)設立年月日:昭和38年12月19日
 4)本店所在地:石川県金沢市無量寺町ハ1番地
 5)代表者:代表取締役 社長執行役員 折本 健次(おりもと けんじ)
 6)資本金:395百万円
 7)従業員数:479名
 8)大株主構成および持株比率:アルフレッサ ホールディングス株式会社 100%


4.日程

 平成20年5月12日  当事会社間による事業譲渡契約締結
 平成20年10月1日  事業譲渡日(予定)


5.業績に与える影響

 本件の当事会社2社は、既にアルフレッサ ホールディングス株式会社の連結子会社でありますので、連結業績に与える影響は軽微です。

10月に株式交換によりシーエス薬品を完全子会社化(2007/5/14)
 アルフレッサホールディングスとシーエス薬品は、平成19年5月14日に開催された取締役会において、平成19年10月1日を期して、アルフレッサホールディングスが株式交換によりシーエス薬品を完全子会社とする基本合意書を締結することを決定した。

◆株式交換の要旨
株式交換の日程  
株式交換に関する基本合意書締結  平成19年5月14日  
株式交換決議取締役会         平成19年7月25日(予定)  
株式交換契約書締結           平成19年7月25日(予定)  
株式交換契約書承認臨時株主総会  平成19年8月23日                         (シーエス薬品株式会社、予定)  株式交換の効力発生日         平成19年10月1日(予定)  
株券交付日                平成19年11月中旬(予定)  

 なお、当社は、会社法第796条第3項の規定により、株主総会の承認を得ることなく簡易株式交換により本株式交換を行う。
 株式交換比率については、今後提出される第三者機関による算定結果を参考に、当事者間で協議のうえ決定する。決定事項につきましては、別途、お知らせする。