行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

マイクロソフト(株)

マイクロソフト(株)のホームページへ
ファイザー、迅速な顧客対応と業務の効率化をめざし ソフトバンクのWindows Mobile®携帯電話3,000台、 マイクロソフトの携帯端末管理サーバーを導入(2009/3/2)
ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 岩崎 博充 以下、ファイザー)は、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクモバイル)より発売中のWindows Mobile®搭載の携帯電話「SoftBank X05HT」(HTC製)約3,000台を、業務用携帯電話として社内の全医薬情報担当者(Medical Representatives、以下MR)向けに、ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)を通じて導入することに合意しました。
また、ファイザーは、携帯端末の管理サーバーであるマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 マイクロソフト)の「Microsoft® System Center Mobile Device Manager 2008日本語版(以下SCMDM 2008)」を同時に導入し、業務用携帯電話のセキュリティ強化と一括管理を行い、MRの業務においてソフトバンクの携帯電話を最大限に活用できる環境を整備しました。ファイザーが採用する、Windows Mobile®搭載携帯電話とSCMDM 2008の併用によるモバイル環境は世界最大規模となり、ファイザーは業界リーダーとして先進的取り組みをすることで、より顧客志向を強化してまいります。

今回、ファイザーが「SoftBank X05HT」を導入する背景は以下のとおりです。

外出先や移動中など、Microsoft® Exchange Serverのメールやスケジュールを「SoftBank X05HT」のOutlook® Mobileを利用しリアルタイムに確認できるようになることで、医師からの問い合わせなど、顧客対応の一層の迅速化を図り、MR業務の活性化と効率化を促進すること。
TV電話機能やメールへのアクセスの簡便化により、MR間のリアルタイムな情報共有と密なコミュニケーションを可能とし、全社一丸となった営業展開と顧客への精緻な情報提供を追求すること。
SCMDM 2008を利用することで、社外へ持ち出す携帯端末の管理を強化するとともに、セキュリティを高め、ファイザーとしてのグローバルセキュリティポリシーを厳格に運用可能とすること。
携帯電話の導入から運用までの携帯電話にかかわる業務についてソフトバンクテレコムの一貫したサポート体制を活用することで、MR活動をサポートする高品質なモバイル環境を提供すること。
ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムは、グループの総合力を活かし、先進的で付加価値の高いサービスを提供することにより、ファイザーの顧客志向強化を支援してまいります。またマイクロソフトは、MR活動の生産性向上を実現するため、あらゆるビジネスに迅速に対応できる柔軟性を持った最適なモバイル環境の構築を、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムとともに支援してまいります。
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2009/2009_03_02.html

起業をめざす女性の支援拠点「女性起業UPルーム」を6月開設(2007/5/18)
 マイクロソフト、横浜市、および横浜市男女共同参画推進協会は協働し、男女共同参画センター横浜内に起業をめざす女性たちの支援拠点、「女性起業UPルーム」を6月1日に開設する。すべての女性に対し、起業の可能性を開くことを目的とする。

■事業概要
【対象者】   
起業をめざす女性(母子家庭の母親やDV被害女性など、社会的、経済的に困難な状況にある女性を優先)   
【特徴】 
(1)女性が家庭と両立しながら起業しやすいよう、ネットビジネスなどIT(情報技術)の活用を促進する 
(2)男女共同参画センター横浜で実施している女性のための総合的支援(心とからだと生き方の総合相談、健康事業、一時保育など)を活用できるようにする 
(3)興味・関心を持つ時期から起業準備期までをワンストップで後押しし、起業を着実なものにつなげていけるよう一貫して支援する 
(4)起業意欲を持ち続けられるよう、同じ目的を持つ仲間づくりを通じて支援する