行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

大阪府立大学

大阪府立大学のホームページへ
大阪府立大学と扶桑薬品工業の 産学連携で食中毒菌(カンピロバクター)の迅速検出法を開発 -タカラバイオ社から検査キットを全世界に向けて近日発売-(2008/5/8)
 扶桑薬品工業株式会社(社長:戸田幹雄)と公立大学法人大阪府立大学(学長:南努)とは、産学共同で開発したカンピロバクター属菌の3菌種を特異的かつ迅速に検出・同定するための技術をタカラバイオ株式会社(社長:加藤郁之進)に実施許諾しましたので、お知らせいたします。タカラバイオ社は、当該技術を用いたカンピロバクター属菌の検出・同定試薬キットを5月20日より国内発売を開始し、さらに全世界で独占的に製造販売する計画であります。

 近年、カンピロバクターによる食中毒の発生件数とその患者数が増加傾向にあり、主要な食中毒原因菌のひとつとして注目されております。下痢症患者から分離されるカンピロバクター属菌は約90%がCampylobacter jejuni (C. jejuni)、数%がCampylobacter coli (C. coli)です。この他に下痢等の腸炎症状だけではなく敗血症や髄膜炎などの重篤な症状を引き起こすCampylobacter fetus(C. fetus)も臨床的に問題となっております。現在、カンピロバクターの菌種同定には、培養検査が用いられておりますが、本菌が微好気性であること、菌種によっては異なる温度での培養が必要であることに加え、分離、同定までを含めると7~10日という長い期間を要するうえ、生化学的性状を調べるだけでは同定が困難な菌株があることなどから、迅速な検出・同定方法が希求されていました。

 そこで当社では上記の問題を解決すべく、カンピロバクターの保有する細胞膨化致死毒素遺伝子(Cytolethal Distending Toxin:cdt gene)に着目し、公立大学法人大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の獣医学専攻獣医国際防疫学教室の山崎伸二教授との産学連携によりcdt geneの学術的研究を進めるとともに、cdt geneを利用したカンピロバクターの検出技術を確立しました。今回、このカンピロバクター検出技術をタカラバイオ社に実施許諾(ライセンス供与)し、同社は当該技術を用いたカンピロバクター属菌の検出・同定試薬キットを5月の国内発売に続き近日中に全世界で独占的に製造販売することになりました(製品名「Campylobacter (cdt gene) PCR Detection and Typing Kit」)。

 本試薬キットはPCR法を使用し、cdt geneのcdtB gene及びcdtC gene を標的遺伝子としてC. jejuni、C. coli、C. fetusの3菌種を迅速に検出・同定する世界初の試薬です。本試薬を使用すれば同定培養試験を行うことなく、食品や環境由来の検体から増菌培養を行った後、PCR法によるDNAの増幅によって約3時間という極めて短時間で検出・同定までを行うことができます。本菌によるアウトブレイク(集団事例)発生時の感染源の特定や食品等の製造工程管理、工場衛生管理などにおいて極めて有用性が高く、欧米先進国でも重要な食中毒原因菌と位置づけられていることから、我が国のみならず欧米先進国での市場性が高いものと期待されています。

セメントを金属に変身させることに成功(2007/4/11)
 東京工業大学は、大阪府立大学、理化学研究所及び高輝度光科学研究センターと共同で、石灰とアルミナから構成される化合物12CaO・7Al2O3(C12A7)を、黒鉛と同程度の高い電気伝導を示す金属状態に変えることに成功した。 
 元来、石灰(カルシウムと酸素の化合物:化学式CaO)と酸化アルミニウム(アルミニウムと酸素の化合物:Al2O3)は、教科書類に載っている電気を流さない代表的な絶縁体である。今回、これらからできている12CaO・7Al2O3(以下C12A7)というセメントの構成成分として使われている物質が持つ、直径0.5ナノメートルのカゴの中に、多数の電子を入れ、電気を全く通さない状態から金属と同じように電気をよく通すように変えることに成功した。
 このことは、電気を全く通さないと信じられてきた元素からできた物質でも、ナノの構造をうまく利用すれば、金属のようによく電気を通すように変えることが出来ることを明らかにした。
 液晶ディスプレイやテレビなどに不可欠になっている透明金属は、希少な金属であるインジウムを用いなければならないという問題をかかえている。しかし、本研究成果は、ナノの構造を工夫することによって、インジウムのような希少な金属を全く使用することなく、身の回りにある、ごくありふれた元素を使って透明金属を実現できる有望な道筋を与えた。
 本研究成果は、東京工業大学フロンティア創造共同研究センターの細野秀雄教授、大阪府立大学の久保田佳基准教授、独立行政法人理化学研究所の高田昌樹主任研究員(JASRI主席研究員兼務)らのグループの共同研究によるもので、米国化学会発行の科学雑誌Nano Letters(ナノ速報誌)に掲載(4月11日)される予定である。