行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(社)農林水産先端技術産業振興センター

(社)農林水産先端技術産業振興センターのホームページへ
豚の背骨の数をコントロールする遺伝子を同定(2007/4/19)
 (独)農業生物資源研究所および(社)農林水産先端技術産業振興センター農林水産先端技術研究所の研究グループは、豚の椎骨(背骨を構成する骨)をコントロールする遺伝子を世界で初めて明らかにした。
 豚では、胸および腰にあたる部分の背骨(胸椎、腰椎)の数に、品種により19個~23個という大きな差異が見られ、椎骨の数が多くなるほど胴が長くなり、「ロース」にあたる部分の肉量が増すことが知られている。当研究グループは、このほどゲノム情報の詳細な比較解析により、豚の椎骨の数をコントロールする遺伝子座を同定した。家畜において、このように有用形質の遺伝子座の同定に成功した例は極めて珍しく、今後の品種改良に資する画期的な発見といえる。この成果はGenome Research誌電子版で本年4月6日より公表されている。
http://www.genome.org/