行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

旭化成エンジニアリング(株)

旭化成エンジニアリング(株)のホームページへ
ごみ焼却灰のセメント原料化技術 ~塩類を除去した洗浄水を再利用する、国内初のクローズド方式を開発~(2006/2/7)
 フジタと旭化成エンジニアリングは、ごみ焼却灰のセメント原料化を目的とした「高効率脱塩洗浄技術」(特許出願済)をもとに、脱塩洗浄排水から塩類を除去した処理水を洗浄水に再利用して、排水を放流しないクローズド方式を開発した。両社が行う地域新生コンソーシアム研究開発事業により共同開発したもの。
 一般廃棄物(都市ごみ)は年間約5千万トン発生し、その約80%が焼却処理され500万トン/年の灰が埋め立て処分されている。セメントメーカーの、セメント資源としてのごみ焼却灰の受け入れ可能な量は700万トン/年であると推計される。
 ごみ焼却灰は大量に塩素を含有(主灰:2~3%、飛灰:15~20%)するため、普通ポルトランドセメント(塩素の含有基準(JIS):350ppm)への原料化には、塩素を安価で高効率に脱塩する技術が必要だった。
 この課題を解決するために、脱塩洗浄排水を減圧蒸留してスラッジと蒸留水に分離処理し、この処理水を再度洗浄水としてリサイクルさせ、排水を放流しない「高効率脱塩洗浄技術」のクローズド方式を開発した。
http://www.fujita.co.jp/