行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

岡山理科大学

岡山理科大学のホームページへ
カモミール中のアンチエイジング成分としてカマメロサイドを同定(2006/10/3)
 岡山理科大学、アークレイ、同志社大学アンチエイジングリサーチセンターは、日本生薬学会 第53回年会(9月29日~30日開催)にて、カモミール中の抗メイラード反応作用を有するアンチエイジング成分としてカマメロサイドを同定し、その成果を発表した。
 岡山理科大学、アークレイ、同志社大学アンチエイジングリサーチセンターは、これまで糖尿病合併症あるいは老化因子の一つとしてメイラード反応をとらえ、メイラード反応阻害効果を有する天然物のスクリーニングを行い、4種類のハーブ混合物に活性があることを見出した。(Journal of Nutrition Health and Aging投稿中)
 今回、4種類のハーブのうち、カモミール中の活性成分の一つとして、カマメロサイドを同定し、この結果について、第53回日本生薬学会(2006年9月29日~30日、日本薬科大学・埼玉)においてポスター発表を行った。
 発表では、カモミール中の抗メイラード物質として、カマメロサイドを単離同定し、メイラード反応の最終糖化生成物(AGEs)のうち、CML(カルボキシメチルリジン)、ペントシジンを特異的に阻害することについて発表した。また、このカマメロサイドにはNF-κBの阻害活性を有していることもわかった。
http://www.arkray.co.jp/