行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

株)徳洲会

株)徳洲会のホームページへ
「病院グループ徹底分析2007年版」(2007/1/18)
 矢野経済研究所では、診療報酬のマイナス改定、医療法改正、国公立病院などからの経営譲渡、事業継承など、医療機関運営のあり方に見直しが迫られるなか、DPC対応、共同購入(適正価格での仕入れ)、医療情報の整備、療養病床対策、第5次医療法改正に対する考え方などを中心に、各病院グループの動向や今後の展望などを整理した。
 

調査対象
●日本赤十字社、社会福祉法人恩賜財団済生会、JA 厚生連、板橋中央医科グループ、戸田中央医科グループ、上尾中央医科グループ、愛仁会、武田病院グループ、洛和会ヘルスケアシステム、協和会グループ、国際医療福祉大学・高邦会グループ、南東北グループ、ふれあいグループ、徳洲会グループ 計14グループ
●2004年度医療法人所得ランキング上位300法人
調査期間  
 2006年9月~2006年11月
調査方法  
 訪問面接調査、文献調査
 調査結果詳細は下記URLからご覧いただける。
http://www.yano.co.jp/press/pdf/223.pdf

徳洲会グループと治験・臨床研究のサポート業務で合弁会社を設立(2006/5/29)
 オンコセラピー・サイエンスは、徳洲会グループと協力して癌領域におけるゲノム創薬や先進的医療の治験・臨床研究を推進し、個々の患者に最適の医療を提供するオーダーメイド医療を目指すことを目的として、徳洲会グループと共同で合弁会社を設立することを決議した。
○合弁会社の概要
(1) 商号     : 株式会社未来医療研究センター
(2) 設立年月日: 平成18年6月中旬
(3) 本店所在地: 東京都千代田区麹町四丁目6番地8
(4) 代表者   : 山路弘志(現オンコセラピー・サイエンス株式会社取締役事業開発部長)
(5) 資本の額  : 1億円
(6) 株主     : 株式会社徳洲会70%
              オンコセラピー・サイエンス株式会社30%
(7) 会社の目的及び事業内容: 各種治験、臨床研究等のサポート業務

 平成9年のGCP施行以降、日本における治験届出数は激減し、 “治験の空洞化”現象がおきている。“治験の空洞化”は、(1)国内での治験が遅れる、または、行われないことにより、病に苦しむ患者さんにより有効な新薬等の提供が遅れたり、なされなくなること、(2)新薬等の開発が遅れたり、なされなくなることにより、医療技術水準が欧米に比べて低下すること、など、我が国の保健医療水準や医薬品産業の国際競争力に対してマイナスの影響が大きいと危惧される。
 徳洲会グループは、北海道から沖縄まで全国63病院、59診療所・クリニックで日本の総病床数の約1%を擁している。徳洲会グループは患者に一日も早くより良い医薬品等を提供できるようにするため、新薬の治験、なかでも特に癌や難病などの治験を積極的に推進するとともに、ゲノム創薬やPharmacogenetics(薬理遺伝学)などを組み入れた先進医療の治験・臨床研究を促進し、患者個別のオーダーメイド医療の確立を目指すことを決定した。
 徳洲会グループの目指す方向性が、オンコセラピー・サイエンスの目指している“副作用の少ない癌の新薬の開発を行い、オーダーメイド医療の推進をはかるとの”企業理念に合致すると判断し、徳洲会グループと積極的に協力し、このプロジェクトを推進することを決定した。
○株式会社徳洲会の概要
 主な事業内容: 医薬品、医療用具・器材、介護用品の販売
 設立年月日 : 平成11年12月
 本店所在地 : 東京都千代田区麹町四丁目6番地8
 代表者    : 代表取締役社長 越澤徳美
 資本の額   : 1億円
 従業員数   : 73名
http://www.tokushukai.com/