行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

イオン(株)

イオン(株)のホームページへ
株式会社CFSコーポレーションの新たな成長について(2010/3/11)
株式会社CFSコーポレーション(以下「CFS」という)とイオン株式会社(以下「イオン」という)は、CFSの成長戦略を加速させ、イオンのH&BC事業分野の強化・拡充を図るために両社が相互協力することが必要と判断し、両社の提携関係を更に強化することに基本合意いたしましたので、ご案内申上げます。
1.提携強化の主旨
CFSは2008年7月に策定した「トータルヘルスケアのリーディングカンパニー」の実現を目指す中期3ヶ年経営計画を順調に推進し成果を確実なものとしてきており、ドラッグストア事業部門について、更に確固たる事業基盤を整備し成長戦略を加速する必要があります。また、イオンは全国で展開するGMSのH&BC売場のより一層の進化に向けて、CFSが強みをもつ化粧品販売等のノウハウを必要とするとともに、SM等を含めたグループ全体のH&BC事業の体制強化を図っており、両社協議の結果、この分野における相互の協力関係を強化することが最善と判断するに至りました。
一方、CFSのスーパーマーケット事業部門については、中期3ヶ年経営計画で掲げた収益部門化を達成し、新しい店舗フォーマットの開発、確立に向けて着実に進んでおります。CFSとイオンは、これらの成果を踏まえ、「キミサワ」ブランドの強化と更なる成長発展を図るために新たなステージを準備する必要があるとの相互認識に至りました。
今回の基本合意は、CFSとイオンの更なる成長を実現するため、CFSのドラッグストア事業部門をイオンのH&BC事業の中核に位置づけるとともに、CFSのSM事業部門をイオンのSM事業強化に結びつけ、さらに、CFSのSM・ドラッグストア融合店舗「コンボ」業態での医薬品販売の経験を全国のイオングループSM店舗での医薬品販売の進化につなげるため、相互の協力体制を構築するものであります。
2.基本合意書の骨子
(1)ドラッグストア事業における相互協力体制
イオンは、新たな提携の下でCFSをH&BC事業分野における中核会社と位置づけ、CFSの強みを活かし、GMSのH&BC売場の活性化を進めるとともにグループ内のH&BC事業の強化を図ってまいります。加えて、CFSの店舗網を活用し、イオンの首都圏戦略におけるドラッグ事業の展開強化を図ってまいります。
一方、CFSはイオンが積極的に経営資源を提供することにより、創業以来目指してきた専門性の高いドラッグストアの創造をより一層強化し、トータルヘルスケア企業の実現、地域医療への貢献、在宅を含む調剤事業の強化、医療分野ならびに関連する周辺ビジネスへの本格参入等を進めます。また、ドミナントの深耕、エリア拡大、業界再編への積極的参入などを通じて、成長を加速してまいります。
http://www.aeon.info/company/data/2010/pdf/100309R_1.pdf

電子マネー「WAON(ワオン)」の利用を開始(2007/4/3)
 イオンは、このたび、発行する電子マネーの名称を「WAON(ワオン)」と決定し、2007年4月下旬より発行、同時に首都圏ならびに新潟県の一部のジャスコ、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、カルフールなど、約100店舗(予定)での利用を開始する。
 「WAON」は、イオン(株)が発行する現金チャージ専用の「WAONカード」、イオンクレジットサービス(株)が発行する、イオンカードの子カードであり親カードからのチャージも可能な「WAONカードプラス」と、「WAON」とクレジットの両方が使える「イオンカード(WAON一体型)」の3種類から選択可能である。