行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)アイシェア

(株)アイシェアのホームページへ
調査結果「ドライアイ対策は7割以上が目薬利用も、半数が使い切らずに捨てる」(2008/7/17)
ドライアイ対策は7割以上が目薬で
~半数が目薬を最後まで使い切らない

発表URL:http://blogch.jp/up/2008/07/17144900.html

<調査概要>
 織田裕二のものまねで一躍人気者となった芸人、山本高広。彼は目薬を持ち「キター」と唱える参天製薬のCM(サンテFX)のものまねを行うシーンでブレイクした。さて、一般消費者は目薬をどのように使っているのだろうか?ネットユーザー男女491名の回答を集計した。回答者の1日平均パソコン利用時間は6時間以上が49.9%、4~6時間未満が17.7%、2~4時間未満が20%、1~2時間未満が8.4%、1時間未満が4%。

 ドライアイ対策について聞いたところ、「している」は46.4%で、全体の53.4%が「していない」と回答。「している」と答えた人の具体的な対策としては、「目薬のみ」が43.7%で最も比率が高く、次いで「目薬とまばたき」が28.8%、「まばたきのみ」が24%。目薬利用者を合わせると7割以上にのぼり、現状、「ドライアイ対策の主要手段は目薬」というのが実態のようだ。

 目薬のさし方について聞いたところ、最も多かったのは「目の真上から数cm離して(指でまぶたを押さえる)」で全体の40.9%、「目の真上から数cm離して(まぶたを押さえないで)」でさす人は23.4%と、上からさす方法が多数派のようだ。

 「目薬を使い切るか」の質問では、47.3%が「最後まで使い切らずに捨てる(無くす)」と答え、「最後まで使い切る」36.5%を上回った。「最後まで使い切らずに捨てる」比率は、20代では38.0%だが、30代では49.3%、40代では48.6%と高くなっていた。

<調査データ>
 市販の目薬は最後まで使い切りますか?(n=491)
      全体     男性     女性    20代    30代    40代
 最後まで使い切る
     36.5%  35.4%  37.7%  36.6%  36.6%  35.8%
 最後まで使い切らずに捨てる(無くす)
     47.3%  46.0%  48.7%  38.0%  49.3%  48.6%
 市販の目薬は使わない
     16.3%  18.6%  13.6%  25.4%  14.2%  15.5%

 ※小数点第二位以下四捨五入

 ・1日平均どのくらいパソコンを利用しますか?
 ・ドライアイ対策はしていますか?
 ・目薬をさす時、どういう風にさしますか?
 など

 ※男女別、年代別に集計

 詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:491名
調査日:2008年7月2日~2008年7月4日
男女比:男性:53.6% 女性:46.4%
年代比:20代:14.5% 30代:54.6% 40代:30.1% その他:0.8%
http://blog.ishare1.com/press/archives/2008/07/171506.html

仕事意識に関する意識調査(2008/7/14)
ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェア(代表:久保邦雄)は同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表。
http://blog.ishare1.com/press/archives/2008/07/141418.html

iPhone価格発表に関する意識調査(2008/7/10)
 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。


価格発表後のiPhone、15%が購入を検討
   ~興味無い人の3割は「現在の携帯端末に満足」


 発売を明日に控えた、米Apple社製の携帯電話「iPhone(アイフォーン)」。6月23日(月)には販売価格やサービスの概要が明らかとなり、購入のために既に3日前から並ぶ人までもが出ている。そこで、6月5日~6月6日にかけて実施した「iPhoneに関する意識調査」以来、ユーザーの購入意識にどのような変化が見られたかを調査、20代から40代を中心とするネットユーザー427名の回答を集計した。調査実施期間は、販売価格発表後の6月27日~6月30日。回答者の携帯キャリアはドコモ40.5%、au28.6%、ソフトバンク21.5%、ウィルコム6.3%、イーモバイル等その他3.1%。

 iPhoneの国内販売価格発表を受けて「購入を予定・検討」している人は6.1%。以前から「購入を予定・検討」している6.3%や、その他の理由で「購入を予定・検討」している2.1%と合せると購入予定者は14.5%で、前回調査時の8.9%からやや増えた。携帯キャリア別では、ソフトバンクユーザーの2割以上が購入に興味を示している一方、それ以外でも1割ほどが購入を検討していた。

 一方、iPhoneに「興味が無い」と答えた人は、前回調査時の91.0%より減少したものの依然多く、85.5%。その理由を複数回答形式で聞いたところ、「現在利用している端末の方が良いから」が29.5%と最も多く、次いで「端末価格が高いから」18.4%、「メディアが騒ぎすぎだから」16.7%、「使いにくそうだから」14.2%の順だった。ソフトバンク以外のキャリアユーザーは、いずれも3割が「キャリアに不満(現在のキャリアだったら買った)」と回答。ドコモユーザーでは「おサイフケータイ」や「ワンセグ」が付いていないことが1割を超え、ソフトバンクでは「ワンセグ」がないことを5人に1人が理由として挙げていた。愛用する携帯電話の機能やサービスを上回るものでない限り、「黒船iPhone」といえども購入意欲を刺激するのはなかなか難しいのが現状のようだ。しかし明日の発売開始後、ユーザーの評価次第では状況が一変する可能性もある。引き続き今後の動向から目が離せない。
http://blog.ishare1.com/press/archives/2008/07/101146.html

パソコンでのテレビ視聴とテレビ機能に関する意識調査(2007/3/2)
 メール転送サービスCLUB BBQなどを運営するアイシェアは、同会員を対象としたパソコンでのテレビ視聴と希望するテレビ機能に関する意識調査を行った。