行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

順天堂大学

順天堂大学のホームページへ
好熱菌のリジン生合成におけるタンパク質によるアミノ基修飾の発見(2009/7/21)
発表概要
好熱菌[注1]のアミノ酸のリジン生合成において、タンパク質によるアミノ基修飾という新規な機構を発見した。同タンパク質は生合成の各ステップの反応を触媒する各酵素が効率よく認識するためのキャリア(足場)となって機能しており、これはアミノ酸生合成における新たな概念を提示することとなった。本発見は新たなリジン醗酵生産系の構築につながるものと期待される。

発表内容リジン生合成には、アスパラギン酸を初発物質としてジアミノピメリン酸を経由する経路と2−オキソグルタル酸を初発物質としてαアミノアジピン酸(AAA)を経由する経路の2つが存在する。前者の経路は広く細菌や植物に分布しており、近年需要が非常に増えているリジンの醗酵生産ではCorynebacterium glutamicumという細菌が用いられている。高度好熱菌Thermus thermophilusは、細菌でありながらAAAを経由してリジンを生合成する。T. thermophilusのリジン生合成において、AAAからリジンへの変換は、AAAのアミノ基の修飾保護から始まると考えられるものの、どのような保護機構がはたらいているのか分かっていなかった。東京大学生物生産工学研究センターの西山教授のグループは、順天堂大学医学部、(独)日本原子力研究開発機構との共同研究により、54アミノ酸からなる低分子タンパク質がAAAのアミノ基を修飾保護すること、さらには同タンパク質が各生合成酵素が効率よく認識するためのキャリア(足場)となって機能することを発見した。本成果は、タンパク質が付加するという新たなアミノ基の保護機構だけなく、キャリアタンパク質[注2]を介したアミノ酸生合成の存在を初めて提示したもので、基礎的に重要な意義を持つといえる。また、本発見によって明らかになった好熱菌のリジン生合成系を最適化することにより、新たなリジン醗酵生産系を構築することが可能になるものと期待される。
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/nishiyama090721.html

還元型コエンザイムQ10のパーキンソン病患者に対する臨床研究をスタート ―  順天堂大学医学部脳神経内科との共同臨床研究  ―(2009/5/20)
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、順天堂大学医学部脳神経内科の服部信孝教授と共同で、還元型コエンザイムQ10のパーキンソン病患者に対する臨床研究を本年4月よりスタートした。すでに米国では、酸化型コエンザイムQ10*がパーキンソン病の進行を遅延させることが報告されており、現在酸化型コエンザイムQ10を用いた第III相試験(Phase3)が実施されている。

還元型コエンザイムQ10は、空気中で簡単に酸化されるため、その製造には安定化技術の開発が不可欠であったが、当社は、世界に先駆けて還元型コエンザイムQ10のバルク及びソフトカプセルにおける安定化技術の開発に成功した。還元型には、従来からの酸化型よりも幅広く優れた生理活性が期待できる。

順天堂大学医学部は日本のパーキンソン病研究の中心的な役割を果たしており、今般、世界で初めて還元型コエンザイムQ10による臨床研究に着手することになる。パーキンソン病の初期および進行期の患者を対象として、パーキンソン病進行の遅延や治療薬剤による副作用の軽減などにつき治験を行う予定である。
以上
* 従来サプリメントで使われているコエンザイムQ10は、空気中で安定な酸化型(ユビキノン)であり、摂取した後、体内で還元酵素により還元型(ユビキノール)に変換されて使われていた。ユビキノールは体のあらゆる臓器、細胞に存在し、細胞のミトコンドリアではエネルギー産生の重要な因子として働くことが明らかとなっている。最近の研究で、体内での還元能力は加齢、病気等の酸化ストレスにより低下することが立証された。還元型コエンザイムQ10は、直接還元型として利用されることから、還元能力の低下した中高年、高齢者の健康維持への貢献が期待できる。
http://www.kaneka.co.jp/news/n090520.html

順天堂大学などと共同で非小細胞肺がん対象の臨床研究を開始(2007/2/26)
 メディネットは、平成19年2月26日、順天堂大学医学部呼吸器内科、及び医療法人社団滉志会新横浜メディカルクリニックとの間で、非小細胞肺がんを対象として、分子標的薬(i)であるゲフィチニブ(ii)と活性化自己リンパ球療法(iii)(CD3-LAK療法)の併用療法に係わる共同臨床研究を開始したのでお知らせする。本共同研究は、非小細胞肺がんに対する本併用療法の安全性、有効性の探索を目的としており、同大学医学部附属病院4施設(順天堂医院、順天堂浦安病院、順天堂東京江東高齢者医療センター、練馬病院)において実施し、平成21年12月までの期間を予定している。