行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

東京都環境局

東京都環境局のホームページへ
事業所からの化学物質の環境への排出について (平成19年度排出量集計結果) 排出量の削減が継続して進んでいます。(2009/4/8)
 都は、平成13年10月から、環境確保条例により、人の健康に障害を及ぼすおそれのある58種類の化学物質(適正管理化学物質)について、区市と連携しながら、事業者の自主管理による管理の適正化、環境への排出の抑制、事故の防止等の確保を図っています。このほど平成19年度分について、同条例に基づく排出量等の報告をとりまとめましたのでお知らせします。(制度の概要については、参考資料をご覧ください。)
集計結果のポイント(詳細は別添の解説資料をご覧下さい。)
1 排出量の推移
 ⇒排出は継続して削減
 平成19年度の年間排出量は4,817トンで、平成14年度に比べて40%(3,150トン)減少しています。

2 物質別の排出状況
 ⇒排出量の多い物質の多くが減少傾向
 排出量の多い6種類の適正管理化学物質は、近年連続して排出量が減少する傾向にあります。

3 業種別の排出状況
 ⇒特に印刷業での削減が顕著
 印刷業の減少が特に進んでおり、平成19年度は平成14年度に比べてほぼ3分の1で、VOC排出率(VOC使用量に対するVOC排出量の比率)も年々順調に減少しています。
 (注)VOC:揮発性有機化合物

4 事業所規模別の排出状況
 ⇒大規模事業所の削減率が高い
 従業員数が301人以上の大企業や、排出量の多い大規模事業所からの削減率が高くなっています。

東京都の化学物質対策の今後の方向性
 更なる化学物質の排出量の削減を図るため、次のような取組を行ってまいります。

中小規模事業所の排出量の削減を促進するため、「VOC対策ガイド」の普及や「VOC対策アドバイザーの無料派遣制度」による技術支援、「普及啓発セミナー」の開催などを行ってまいります。
「リスクコミュニケーション推進セミナー」や「地域モデル事業」を通して、化学物質に関するリスクコミュニケーションの普及を図ってまいります。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2009/04/60j48100.htm

環境性能の優れた自動車の普及促進について(2009/4/7)
21年度から低公害・低燃費車の普及促進のため、補助・融資制度を充実・強化しました。
 自動車からの環境負荷を低減するとともに、温暖化対策を進めるためには、環境性能の優れた自動車の普及を図ることが重要となっています。
 東京都では、自動車部門での地球温暖化対策の更なる推進のため、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」の改正を行い、この4月から低公害・低燃費車の導入促進など様々な施策の強化を図っていきます。
 これまでも中小企業の買替え促進のための融資あっせんにおける利子補助などを実施してきたところですが、平成21年度から環境性能の優れた自動車の一層の普及促進を目指して、補助・融資制度を充実させましたので、その概要をお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/04/20j47300.htm

「第二世代バイオディーゼル燃料」の実用化に向けた共同プロジェクトを実施(2007/2/6)
 東京都、新日本石油、トヨタ自動車、日野自動車は、最新技術を活用した「第二世代バイオディーゼル燃料」の実用化に向けた共同プロジェクトを始めることとなった。
 東京都は、1月26日にカーボンマイナス都市づくり推進本部を設置し、民間企業や都民の皆さんとともに大幅な二酸化炭素排出削減を目指す取組みである「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」を開始することとした。本プロジェクトは、先進的な企業とともに進める温暖化対策プロジェクトの第一弾として、東京都・新日本石油・トヨタ自動車・日野自動車が共同で実施するもの。
 新日本石油とトヨタ自動車は、平成17(2005)年より、バイオ原料油の水素化処理技術を共同で開発してきた。本プロジェクトでは、新日本石油が試験製造したバイオ原料油の水素化処理油(Bio Hydrofined Diesel:BHD)について、トヨタ自動車・日野自動車がディーゼル燃料としての優れた環境性能を確認する。また、平成19(2007)年度中を目処に、都営バスを使ってバイオ原料油の水素化処理油(BHD)の温暖化対策としての有効性を示すデモ走行を実施する。あわせて、国内における供給体制に関する検討も進めていく。  
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2006_2007/20070206_01_0920488.html
http://www.hino.co.jp/j/corporate/newsrelease/pressrelease/detail.php?id=132