行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

財)医薬情報担当者教育センター

財)医薬情報担当者教育センターのホームページへ
MR導入教育「基礎教育」コアカリキュラムについて(2010/1/28)
MRの教育研修については、「医薬情報担当者教育研修要綱」(以下「要綱」という。)に基づき実施しています。
平成19年3月に公表した「MR教育研修制度及びMR認定制度の抜本改革報告書」の中で、MRの教育カリキュラムの見直しが提言されています。
この背景には、医薬品産業を取り巻く環境の変化、医療制度改革はもとより医学教育や薬学教育が、患者中心の医療を目指して教育方法の改革に取組んでいることや新たな6年制薬剤師の誕生があります。
そこで、MR教育をMR活動に必要な教育に焦点を当てて、MRの導入教育のカリキュラムを全面的に見直し、新たに導入教育「基礎教育」コアカリキュラム(以下「コアカリキュラム」という。)を策定しました。
http://www.mre.or.jp/core/index.html

「これまでの試験結果」を更新しました(2010/1/25)
第16回MR認定試験の結果通知を発送しました
http://www.mre.or.jp/books/mr_info_r.html

「平成21年版MR白書-MRの実態および教育研修の変動-」頒布開始しました(2009/11/1)
平成21年版MR白書 -MRの実態および教育研修の変動-
発行:平成21年10月
A4判:38頁 
頒布価格:1,600円(送料・消費税込み)
http://www.mre.or.jp/books/book_info.html
http://www.mre.or.jp/books/books_hanbai.html#han15

有効期限 H22.1.末のMR認定証の更新手続きが始まりました。(2009/8/11)
MR認定証更新要項

MR認定証の更新について(個人申請用)
MR認定証は5年毎に更新が必要です。

更新するには所定の認定研修の修了または補完教育通信講座の修了が必要になります。

原則として、MR認定証の有効期限が切れる前に更新手続きを行いますが、更新条件を満たしている場合のみ、有効期限が切れた後でも別途遅延料を納付することで更新手続きができます。

※所定の認定研修の修了については、「MR認定証の更新スケジュール検索」を参照してください。
http://www.mre.or.jp/individual/mr_renew1.html

MR数は5万5701人‐MR教育センターが集計(2006/11/6)
 医薬品情報担当者教育センターは、2005年度「MRの実態および教育研修の変動」調査報告書をまとめた。今回の調査により、[1]06年3月31日現在のMR総数は5万5701人で、女性MRが初めて10%に達した[2]MRの専攻分野別では、薬剤師MRが減少を続け、薬剤師1に対し理科系2・1、文化系4の比率となっている[3]女性MRの経験年数が長くなっている――などの状況が明らかになった。
 調査は、センターに登録しているCSO17社を含む製薬企業230社にアンケート形式で実施し、225社から回答を得た。
http://www.yakuji.co.jp/entry2096.html?PHPSESSID=02059069f718f56b5b1911f082ce900f