行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

オリンパス(株)

オリンパス(株)のホームページへ
蛍光イメージング技術によって抗がん剤の作用を再評価(2011/1/25)
-細胞周期をリアルタイムで解析する技術を創薬へ応用-

◇ポイント◇
コントラストよく細胞周期を追跡するFucci2
薬に対する個々の細胞応答を多面的にキャッチ
蛍光イメージング技術の創薬への応用

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、オリンパス株式会社(菊川剛代表取締役社長)と共同で、細胞周期をリアルタイムで可視化する技術を薬効評価実験に応用し、抗がん剤にさらされた細胞が示す細胞周期異常を多面的に解析しました。その結果、分裂をスキップして核DNA量を増大させる現象など多様な細胞応答を観察することに成功しました。抗がん剤を細胞周期制御の観点で再評価する必要性を示す研究データです。理研脳科学総合研究センター(利根川進センター長)細胞機能探索技術開発チームの宮脇敦史チームリーダー、独立行政法人科学技振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業ERATO型研究「宮脇生命時空間情報プロジェクト」(研究総括 宮脇敦史)の阪上(沢野)朝子研究員らと、オリンパス株式会社の小林民代研究員との共同研究による成果です。

細胞は、細胞周期を刻みながら分裂を繰り返して増殖します。生物の発生や再生では、細胞の増殖と分化とが協調的に制御されて、組織、器官、個体が形成されます。しかし、そうした協調的制御が破綻して細胞の増殖が無制限に繰り返されると、がんが発生します。研究チームは、2008年2月に、細胞周期を蛍光で可視化するFucci技術※1の開発を報告しました。Fucciプローブは、分裂後からDNA複製前の時期にある細胞の核を赤色の蛍光で、DNA複製から分裂前の時期にある細胞の核を緑色の蛍光でそれぞれ標識します。近年、Fucci技術を活用することで、生物個体の形態形成、創傷治癒、がん化などのメカニズムに関して新たな知見がもたらされてきています。また、がんの治療評価や診断法開発、さらには移植後の胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)の増殖をモニターする技術の開発に役立つことが期待されています。

今回、抗がん剤に対する細胞の応答性を調べる研究にFucci技術を活用し、個々の細胞が見せる反応を定量的に観察することを試みました。古典的な抗がん剤として有名なetoposide(エトポシド)で処理した細胞の反応を経時的に調べたところ、低濃度ではG2(分裂前準備期)期における細胞周期進行が停止する現象(G2 arrest)、中濃度では細胞核が分断化する現象(nuclear mis-segregation)、また高濃度では細胞分裂をスキップして核DNA量が増大する現象(endoreplication)が観察されました。nuclear mis-segregationを示す細胞が死に向かうのに対して、endoreplicationを示す細胞は、抗がん剤に対する抵抗性を獲得したものと見みなされます。この結果は、高濃度の抗がん剤投与によってがん細胞がより悪性化する可能性を示しており、現行の抗がん剤開発におけるスクリーニング方法に一石を投じるものと注目されます。

本研究成果は、英国の科学雑誌『BMC cell biology』に近く掲載されます。
http://www.riken.go.jp/r-world/research/results/2011/110125/index.html

細胞の細部を、立体的に高解像で記録できる共焦点レーザ走査型顕微鏡の新製品 「FLUOVIEW(フロービュー)FV10i」新発売(2008/10/23)
新開発のソフトウェアと、ワンボックス・デザインにより、簡単操作と省スペース化を実現

 オリンパス株式会社(社長:菊川剛)は、生物顕微鏡分野における共焦点レーザ走査型顕微鏡の新製品として、新開発のソフトウェアとワンボックス・デザインにより、簡単操作と省スペース化を実現した「FLUOVIEW FV10i」を2008年12月1日(月)から国内で販売を開始します。

 共焦点レーザ走査型顕微鏡は、蛍光観察※により細胞の細部を立体的に高解像で記録できることから、バイオサイエンスの研究分野で広く使われていますが、”操作が難しい、場所をとる、価格が高い”ことが課題とされていました。今回発売する「FLUOVIEW FV10i」は、これらの課題を解決した新製品で、簡単な操作と省スペース化、低価格化を実現しています。

 簡単な操作は、これまで手動で行っていた多くの操作の電動化および、新開発のソフトウェアにより実現しています。また、暗室を内蔵したワンボックス・デザインにより設置場所を選ばない省スペース化および、細胞から発する微弱な蛍光を感度良く検出することを可能にしました。さらにオリンパスのレーザ顕微鏡技術を応用した機能集約による低価格化も実現しています。

 なお、「FLUOVIEW FV10i」は、同様のワンボックス・デザインを採用した新製品「FSX100」と共に、名古屋国際会議場にて合同開催される「第67回日本癌学会学術総会」<10月28日(火)~10月30日(木)>と、「第46回日本癌治療学会総会学術集会」<10月30日(木)~11月1日(土)>に展示します。

 ※蛍光色素を導入した細胞に、光(励起光)を照射し細胞から発する微弱な蛍光により細胞を観察する方法

【主な特長の概要】
 1.新開発ソフトウェアの「イメージマッピング機能」により、すばやく記録ポイントを設定することが可能
 2.暗室不要のワンボックス・デザインにより、自由な設置場所と省スペース化を実現
 3.細胞を生きたまま観察するための機能を搭載

【開発の背景】
 生物顕微鏡が使用されるバイオサイエンス研究分野においては、近年、細胞の中でたんぱく質がどのように発現し、動き、作用するのかなどについて、さかんに研究が行われるようになりました。このような研究には、先日のノーベル化学賞の受賞対象となったGFP(緑色蛍光タンパク)に代表される蛍光タンパクを細胞に導入し蛍光観察をする手段が有効となります。蛍光観察には蛍光顕微鏡が必要ですが、なかでも共焦点レーザ走査型顕微鏡は、深さ方向の情報が取得でき、厚みのある細胞を細部まで立体的に記録することができるので、多くの研究機関で使用されています。
 一方、共焦点レーザ走査型顕微鏡は”操作が難しい”というイメージが強く、大型で場所をとること、価格が高いため共同利用での購入が多く研究者一人ひとりが十分に使用する時間が取れないことが課題となっていました。そこでオリンパスではこれらの課題を克服するため、各種操作の電動化および新開発ソフトウェアによる簡単操作と、暗室不要のワンボックス・デザインによる小型化、機能集約による低価格化を実現し、「FLUOVIEW FV10i」の製品化を致しました。

【主な特長の詳細】

1.新開発ソフトウェアの「イメージマッピング機能」により、すばやく記録ポイントを設定することが可能
 標本の中に多く含まれる細胞の中から、記録する細胞を探し特定するためには、これまで多くの経験と専門知識が必要でした。「FLUOVIEW FV10i」では、新開発ソフトウェアに搭載した「イメージマッピング機能」により、モニタ上に自動的に表示される標本全体の中から希望のエリアをマウスで選択するだけで、記録ポイントを素早く絞り込めるので、大幅な省力化を可能にします。

2.ワンボックス・デザインの採用により、自由な設置場所と省スペース化を実現
 「FLUOVIEW FV10i」は10~600倍で観察可能な顕微鏡ユニットと、焦点を深さ方向に移動することで厚みのある細胞を細部まで立体的に記録するスキャンユニット、4種のレーザが照射可能なレーザユニットをボックス型の本体に内蔵したワンボックス・デザインを採用しています。スキャンユニットとレーザユニットを外付けする従来の共焦点レーザ走査型顕微鏡と比べ、大幅な省スペース化を実現します。
 また、標本を設置してフロントカバーを閉じるだけで暗室と同じ効果が得られる筐体を採用しているので、暗室への設置が不要となり、設置場所を自由に選択することができます。

3.細胞を生きたまま観察するための機能を搭載
 「FLUOVIEW FV10i」では、ウォータータイプとオイルタイプの2種類を用意しています。ウォータータイプの「FV10i-W」は、培養容器内の環境を温度37℃、湿度90%、CO2濃度5%に保持できる簡易インキュベータが内蔵されているため、生きた細胞を長時間にわたって安定的に観察できるタイムラプスイメージングが可能です。
 また、オイルタイプの「FV10i-O」は高性能な油浸対物レンズが搭載されているため、高精細な観察・記録が可能です。

オリンパス、高画素で色再現性の高い画像を高速で取り込める  顕微鏡用デジタルカメラ「DP72」新発売  ~1280万画素(※)の高画質画像と、2.5秒の高速取り込みを実現~(2008/7/2)
 オリンパス株式会社(社長:菊川 剛)は、高画素で色再現性の高い画像を高速で取り込むことができる顕微鏡用カラーデジタルカメラ「DP72」を2008年7月7日から発売します。
 「DP72」は、2006年5月に発売した当社顕微鏡用デジタルカメラのフラッグシップ機「DP71」の後継機で、画素数と色再現性、取り込み速度を向上させています。「DP72」は、より高画質な画像により観察対象物の微細な構造やわずかな色の違いの見極めを可能にするほか、膨大な画像データの取り込みをより高速に行えるので、生物研究分野、医療分野、産業分野など、様々な分野で活躍します。
※145万画素CCDを縦・横各3回の計9回ずらして撮影し1枚の画像とした場合の最大記録画素数

 なお「DP72」は、2008年7月30日(水)から8月1日(金)まで開かれる「第19回マイクロマシン/MEMS展」(東京ビッグサイト/東京都江東区)にて出品をします。

 製品名         : 顕微鏡用デジタルカメラ「DP72」
 価格(税込)      : 161万7千円
 発売日         : 2008年7月7日
 販売目標数(日本) : 1,000台/年


●主な特長の概要 
 1.最大1280万画素(※)の高画質画像の撮影が可能
 2.1280万画素(※)の高画素画像を約2.5秒で高速取込
 3.140万画素の高精細画像を15コマ/秒でモニタにリアルタイムでなめらかにライブ表示
 4.AdobeRGBのサポートにより、高い色再現性を実現


●市場導入の背景
 観察画像の表示や撮影が簡単に行える顕微鏡用カラーデジタルカメラは、生物研究分野や医療分野、産業分野など様々な分野において、以下のような用途で使用されています。 
 ・検体の微細な構造/僅かな色の違いの見極めが必要な生物研究分野
 ・組織標本をモニタに映し出し複数の人で観察・記録をするカンファレンスなどで利用される医療分野
 ・材料研究における素材の観察や品質管理部門における検査等を行う産業分野
 「DP72」はこれらの市場のニーズに応え、さらなる撮影画像の高画質化と画像転送の高速化を実現しました。


●主な特長の詳細
1.最大1280万画素の高画質画像の撮影が可能 
 145万画素2/3インチCCDを縦・横各3回の計9回ずらして撮影し1枚の画像として取り込むことにより、最大記録画像サイズ4140×3096ピクセル、1280万画素相当の高画質画像を撮影することが可能です。CCDのノイズを低減する冷却機構と併せ、感度を最大ISO1600相当まで上げることが可能なので、微弱な蛍光の標本でも、少ないノイズで鮮明に撮影することができます。
 
2.1280万画素の高画素画像を約2.5秒で高速取込 
 「DP72」ではコントローラとのインターフェイスを従来のPCIからPCI Express×1に変更することで、1280万画素相当の高画素画像を、約2.5秒で取り込むことを可能にしました。膨大な画像データの取り込みをより高速に行えるので利便性が向上します。
 また、コントローラはコンパクトなスリムタワーの形状なので、机上スペースを有効に利用できます。

3.140万画素の高精細画像を15コマ/秒でモニタにリアルタイムでなめらかにライブ表示
 インターフェイスの改良により、RGB24bit(16,777,216色)/1360×1024ピクセルの色再現性に優れた高精細画像を、圧縮せずに、高速な15コマ/秒でリアルタイムにモニタに表示できるようになりました。高精細でタイムラグのない滑らかなライブ表示は、モニタ上でのピント合わせやフレーミングを容易にします。

4.AdobeRGBのサポートにより、高い色再現性を実現 
 「DP72」では従来のsRGBに加え、新たにAdobeRGBの色空間に対応し、色の再現性を高めました。特にグリーンの色再現性が広がり標本の僅かな色の違いを確認しやすくなりました。病理診断やカンファレンス用途などでの利便性を高めます。


●その他の特長
 ・新たに計測機能や顕微鏡の電動制御機能を標準装備したソフトウエアを搭載
 ・コントローラのOSに最新のWindows Vista Businessを採用
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr080702dp72j.cfm

世界初(※1)、全方位(※2)を撮影可能なレンズ、及びカメラの試作機を開発 ~ 当社開発の「軸対称自由曲面レンズ」(※3)を応用 ~(2008/6/30)
 オリンパス株式会社(社長:菊川 剛)の未来創造研究所(所長:唐木幸一)は、全方位の動画像を撮影できるレンズ、及びそのレンズを搭載したCCDカメラの試作機を開発しました。

 このレンズは2007年7月に発表した「軸対称自由曲面レンズ」を応用したもので、これまで半球状(水平画角360°垂直画角45°)であった撮影範囲が、全球状(水平画角360°垂直画角180°)となりました。

 今回当社が新たに開発した「軸対称自由曲面レンズ」はガラス製で、直径約3cmの円柱となっています。このレンズに入射した光線は、内部で反射してカメラ内に取り込まれます。

 このレンズによって、あらゆる方向から写り込む物体を撮影することが可能となり、今後監視カメラ等への応用を視野に入れて、更なる技術開発に取り組む予定です。
(本レンズ・カメラ試作機の製品化の予定はありません)


※1:2008年6月27日現在、当社調べ
※2:水平画角360°、垂直画角180°
※3:「軸対称自由曲面レンズ」
 レンズ表面を定義する曲線を大幅に見直して開発されたもので、従来の設計手法で定義できない、はるかに自由度の高いレンズの設計手法を使って設計されたレンズ

コンパクトデジタルカメラ「μ 1020」「μ 850SW」で デジタルカメラとして初めて、カラーユニバーサルデザイン認証を取得(2008/6/10)
多様な色覚の個人差に対応し、多くの方が使いやすいよう配慮したカラーを実現

 オリンパスイメージング株式会社(社長:大久保 雅治)は、色覚の個人差を問わず、多くの方が認識しやすいように配慮した色・デザインを実現し、デジタルカメラとして初めて、カラーユニバーサルデザイン認証(※1)を取得しました。

 色覚には個人差があり、同じ色でも人によって見え方が異なることがあります。カラーユニバーサルデザイン(CUD)認証は、NPO法人のカラーユニバーサルデザイン機構による認証で、色覚の個人差を問わず多くの方にとって見やすく、わかりやすい配慮をした製品に対して認定されます。

 オリンパスでは、コンパクトデジタルカメラ「μ 1020(2008年2月発売)(※2)」、「μ 850SW(2008年2月発売)(※3)」、リチウムイオン充電器「LI-50C」でカラーユニバーサル認証を取得。カメラ背面の拡大表示ボタン、モードダイヤルの再生表示等には青色を、削除ボタンや電池残量の減少を示す電池残量表示には赤橙色を採用したほか、液晶画面のグラフィックの配色や表現を工夫するなど、多くの方が色を識別しやすいよう配慮しました。また、リチウムイオン充電器「LI-50C」では、充電中の表示ランプにオレンジ色を採用しました。特に「μ 1020」はデジタルカメラと充電器の両方でカラーユニバーサル認証を取得しており、製品全体としてカラーユニバーサルデザインに取り組んでいます。

 弊社では、今後も積極的にカラーユニバーサルデザインに取り組み、多くの方にとって使いやすい製品作りを目指していきます。

■ カラーユニバーサルデザイン認証製品
・ コンパクトデジタルカメラ「μ 1020」、「μ 850SW」
・ リチウムイオン充電器「LI-50C」

■ カラーユニバーサルデザイン対応箇所
・ 拡大表示、モードダイヤルの再生表示、プリントボタンの表示に青色を採用
・ 削除ボタン、電池残量の減少を示す電池残量表示に赤橙色を採用
・ 液晶画面のグラフィックの配色や表現を工夫
・ データの読み出し/書き込み中のカードアクセスランプにオレンジ色を採用
・ リチウムイオン充電器の、充電中の表示ランプにオレンジ色を採用

(※1) カラーユニバーサルデザイン認証は、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)により、カラーユニバーサルデザインが実現できたと確認された場合に発行される第三者認証です。
(※2) エレガントシルバー、ローズピンク、リリーホワイト、チャンピオンローズ(500台限定発売)のボディカラーで、カラーユニバーサルデザイン認証を取得しました。
(※3) プレミアムシルバー、ピアノブラックのボディカラーで、カラーユニバーサルデザイン認証を取得しました。

■ カラーユニバーサルデザインに対する取り組みの背景
 人間の色覚には個人差があり、その中でも色弱者は、日本では男性の20人に1人、女性の500人に1人、日本全体では300万人以上が存在するとされています。さらに世界では2億人を超え、血液型がAB型の男性の比率に匹敵します。近年、このように色の見え方が異なる方々の立場に立って色の使い方やデザイン、コントラストに配慮することの重要性が高まっており、地下鉄の路線図を始めとする日常的なシーンでもカラーユニバーサルデザインに基づいた色使いが採用されています。

 弊社は、多様な色覚を持つ様々な方々にとって識別しやすくわかりやすい製品を作ることが重要と考え、デジタルカメラにおいていち早くカラーユニバーサルデザイン認証を取得。今後も積極的にカラーユニバーサルデザインに取り組んでいきます。

八王子市の「技術開発センター石川」に新棟建設(2007/7/25)
 オリンパスは、技術開発センター石川(東京都八王子市)内に新棟を建設する。工事は2007年12月着工、2010年8月竣工予定。
 「技術開発センター石川」は、1963年竣工以来40年以上の歴史を持つ事業場で、主に映像、医療、ライフサイエンス、産業分野の開発拠点としての役割を担っている。売上げが1兆円を超えた当社の開発拠点の一つとして、当事業場の開発要員も増え、よりスピーディーで効率的な開発体制を整えるため、今回新棟を建設する。このたび建設が決まった工事では開発棟(10階)、技術棟(10階、地下1階)の2棟を新設し、現在の施設を解体後さらに開発棟(10階)1棟を立てる予定。

【 新棟の概要 】
 所在地:東京都八王子市石川町2951
 延床面積:94,400m2(新棟部分のみでは68,000m2)
 施 設:開発棟(2棟)、技術棟
 工期(予定):着工:2007年12月、竣工:2010年8月
 総工費:約200億円

腫瘍や血管の観察に適した新試薬を追加発売(2007/5/2)
 オリンパスは、米VisEn Medical社の新たな3種類の「in vivo近赤外蛍光試薬」を2007年5月7日から日本、アジア4地域で順次、販売開始する。オリンパスは、ビゼン社と同社の近赤外蛍光イメージングシステムの独占販売契約を締結しており、同システムの装置・試薬の販売を2006年9月から日本をはじめアジア4地域に順次、開始してきた。
 今回、同社の新しい「in vivo近赤外蛍光試薬」3種類を追加発売することにより、腫瘍、炎症、心臓血管系疾患、骨疾患などの疾病研究や新薬開発における分子イメージング研究への応用範囲がさらに拡がる。

【発売の概要】
●in vivo近赤外蛍光試薬
製品名:(1)MMPSense  価格(税込み):131,250円 
製品名:(2)AngioSPARK 価格(税込み):144,900円
製品名:(3)AminoSPARK 価格(税込み):144,900円
発売日:2007年5月7日  
販売地域:日本、韓国、シンガポール、台湾、中国

発がん・転移の機構解明などに有効なin vivo生体観察システムを発売(2007/4/25)
 オリンパスは、発がん・転移の機構解明や薬効などの研究に有効なin vivo生体観察システム「OV110」を5月7日から発売する。「OV110」は2006年5月に発売した「OV100」の後継機で、高感度かつ近赤外波長領域においても観察可能な光学系を標準で搭載している。小動物を全体像から細胞レベルまで一台で観察でき、がんの転移や血流量の変化、新生血管数の変化、カルシウムイオンの変化などを生体の深部までリアルタイムで観察することが可能となる。

ライフサイエンス分野の新拠点として、三島事業場を新設(2007/3/12)
 オリンパスは、静岡県駿東郡長泉町のファルマバレー長泉工業団地に「三島事業場」を新設し、2007年4月2日から業務を開始する。
 三島事業場には、同社の臨床診断検査事業の開発・品質保証・カスタマーサポート機能と当該事業の製造子会社である三島オリンパス、オリンパス テルモ バイオマテリアルの生体材料事業の製造機能が移転する。


【三島事業場の概要】
事業場長  阿川正夫
所在地    静岡県駿東郡長泉町東野454-1
敷地面積  27,348m2
延床面積  19,759m2(A棟:15,944m2、B棟:3,815m2)
建物     A棟:4階建て(愛称/ライフサイエンス テクノセンター)
        オリンパス(株)の臨床診断検査事業の開発・品質保証・カス        タマーサポート部門
        三島オリンパス(株)B棟:2階建て(愛称/バイオマテリアル        ワークス)
        オリンパス テルモ バイオマテリアル(株)の骨補填材製造        部門
建物構造  A棟およびB棟の構造 RCSS造(柱:鉄筋コンクリート造、        梁:鉄骨造)
従業員数  約350名

「μ 770SW」発売(2007/2/16)
 オリンパスイメージングは、水深10mまでの水中撮影が可能で衝撃にも強く、さらに100kgfの荷重や-10℃の環境にも耐えられる710万画素のコンパクトデジタルカメラ「μ 770SW」を、2007年3月上旬から発売する。
 "μ・SW(ショック&ウォータープルーフ)シリーズ"は、アクティブにもフォーマルにも使用できることをコンセプトに、衝撃に強い構造、防水機能と防塵機能を実現するとともに、小型でスタイリッシュなデザインを採用したデジタルカメラ。
http://www.olympus.co.jp/

赤外光観察(IRI)が可能な「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープを発売(2007/1/29)
 オリンパスメディカルシステムズは、胃がんの深達度診断と治療方針の判定などを目的に、赤外光を照射して通常光観察では視認が難しく、がんの浸潤に関与すると言われる粘膜深部の血管増生や血流情報の観察が期待される赤外光観察(IRI)が可能な「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープ OLYMPUS GIF TYPE RQ260Z」を2007年2月1日から国内で発売する。

■主な特長の概要
 1.赤外光観察が可能な消化管ビデオスコープを実現 
 2.通常光観察や90倍の拡大観察が可能 
 3.狭帯域光観察(NBI)が可能 

■「IRI」の期待される適用分野と応用例
・期待される適用分野: 胃
・期待されている応用例: 
 がんの深達度診断と治療方針の判定。がんと腺種(前癌病変)の判別。ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)後の出血予想と止血対策。

・期待される適用分野: 食道 
・期待されている応用例: 
 食道静脈瘤硬化療法時に、硬化剤の食道・胃内分布を直接、動的・静的に観察。 
http://www.olympus.co.jp/jp/