行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

キャノン(株)

キャノン(株)のホームページへ
自社開発のLCOSパネルを搭載した高精細な液晶プロジェクター フルHDを超える画素数で投写が行える“WUX10”(2008/10/14)
 キヤノンは、液晶プロジェクターの新製品として、自社開発の反射型液晶パネルLCOS(エルコス=Liquid Crystal on Silicon)を搭載し、高精細な映像投写を実現した“WUX10”を、12月上旬より発売します。

 新製品“WUX10”は、1,920×1,200画素に対応したWUXGAパネルとしては世界最小(※1)となる0.71型の自社開発LCOSパネルを搭載した液晶プロジェクターです。ボディの小型化を達成しながら、フルHD(1,920×1,080 画素)を超える画素数による高精細な映像の投写を可能にしています。
 また、LCOSパネルの性能を最大限に引き出すキヤノン独自の光学システム「AISYS」(エイシス=Aspectual Illumination System)の搭載により、格子感の少ない滑らかな投写を実現しています。
 さらに、厳選されたガラス材料や最適なレンズ配置により、歪みのない映像を実現する1.5倍電動ズームレンズを装備しています。
 自社で開発したこれらのキーデバイスを効果的に組み合わせることで、3,200lm、1000:1という高輝度と高コントラストを両立させた投写(※2)を可能にしています。

 また、レンズの光軸と投写映像の下端の高さが一致する10:0レンズシフト方式を採用することにより、スムーズな設置が可能となっています。
 機能面においては、セッティング時に必要なピント合わせや台形歪み補正を含む4つの設定を自動的に行うオートセットアップや、HDMI端子の搭載により最新のハイビジョン機器もケーブル1本で接続可能にするなど、先進的で便利な機能を数多く搭載しています。

【主な特長】
●WUXGA(1,920×1,200画素)パネルとして世界最小(※1)の自社開発0.71型LCOSパネルを搭載
●光学システム「AISYS」による3,200lm、1000:1の高輝度・高コントラスト(※2)
●LCOSパネルと「AISYS」の特長を最大限に生かす1.5倍電動ズームレンズ
●レンズ光軸と投写画像の下端の高さを一致させた10:0レンズシフト方式によりスムーズな設置が可能
●HDMI端子など多彩な入出力端子を装備
●ネットワーク機能によりエラー通知メールの送信やコンピューターからの制御を実現

 製品名    : キヤノン パワープロジェクター WUX10
 価格(税別) : 150万円
 発売日    : 2008年12月上旬
 生産台数   : 300台/月

※1 WUXGA対応のLCOSパネルとして。2008年10月7日現在。
※2 プレゼンテーションモード時。

【市場動向と開発の背景】
 プロジェクターは、一般的なプレゼンテーションツールとしての使用はもとより、ホールやイベント会場での大画面投写、教育現場やデザイン、シミュレーション、医療をはじめとする専門分野での利用など、活用シーンの幅が大きく広がっています。
 また、パーソナルコンピューターからの出力が高精細化し、高解像度な写真やフルハイビジョン動画などのコンテンツを手軽に利用できる環境が広がる現在、プロジェクターにもこれまで以上に高解像度でありながら、幅広い使用環境に対応できる、高輝度で高コントラストな投写が求められるようになってきました。
 今回の新製品は、このような市場動向を捉えて開発された高性能な液晶プロジェクターです。キーデバイスであるLCOSパネルを新たに自社で開発し、独自の光学システム「AISYS」や高い解像力を備えたレンズと組み合わせることで、それぞれのメリットを最大限に生かした高解像で高画質なプロジェクターに仕上げています。
 キヤノンの液晶プロジェクターのラインアップは、今回発売の新製品に加え、「AISYS」とLCOSパネルを採用した現行製品の「SX7」、「SX80」、「X700」、そして、高輝度モデルや小型・軽量モデルを取りそろえた「LVシリーズ」3機種の合計7機種となります。
 キヤノンでは、市場のニーズに応じたラインアップの展開を行うことにより、これからも幅広いユーザー層の期待に応えていきます。

デジタルカメラを生産する新会社「長崎キヤノン」の設立について(2008/7/7)
 キヤノンはこのたび、デジタル一眼レフカメラおよびコンパクトデジタルカメラの生産増強を目的として、「長崎キヤノン株式会社」を新たに設立し、長崎県東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)波佐見町(はさみちょう)にある波佐見工業団地内に拠点を建設することにいたしました。

 現在、デジタルカメラの市場は全世界規模で急速に成長を続けており、今後もさらなる需要の拡大が見込まれています。キヤノンにおいても、デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラ双方の生産体制を増強することが急務となっており、新たな生産拠点の選定を進めてまいりました。

 その結果、長崎県東彼杵郡波佐見町の波佐見工業団地内に新しい生産拠点を建設することが最も適当であるとの結論に至りました。同じ九州にある大分キヤノンとの連携による相乗効果が見込まれるとともに、物流面でのアクセスの良さなどの観点から、同地が最適と判断した次第です。

 また、従業員に関しては、技術や技能を綿々と伝承していくために、直接雇用の社員を中心に、新卒および経験者を積極的かつ継続的に採用していく予定です。

 新たに建設される拠点は、2009年1月に着工を開始し、2009年12月の操業開始を目指しています。


【長崎キヤノン株式会社の概要】
 1.名称
     長崎キヤノン株式会社
 2.所在地
     長崎県東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)波佐見町(はさみちょう)
 3.代表者
     代表取締役社長  若狭央幸(わかさひろゆき)
 4.事業内容
     コンパクトデジタルカメラおよびデジタル一眼レフカメラの製造
 5.従業員数
     1,000人以上
 6.資本金
     8,000万円
 7.出資比率
     キヤノン株式会社100%
 8.設立年月
     2008年7月
 9.敷地面積
     約207,000m2
 10.延床面積
     約41,700m2(2010年末)
 11.投資額
     約174億円(2010年末)
 12.建築着工
     2009年1月予定
 13.建築竣工
     2009年11月予定
 14.操業開始
     2009年12月予定
 15.生産能力約
     400万台
http://web.canon.jp/pressrelease/2008/p2008july07j.html

小型・軽量ボディで誰にでも気軽に高画質撮影が楽しめる エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ“キヤノンEOS KissF”(2008/6/10)
 キヤノンは、EOS DIGITALシリーズの高画質・高機能をさらに手軽に楽しめるエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ“キヤノンEOS KissF”を6月下旬より発売します。

 “EOS KissF”は、幅広い層のユーザーに気軽に一眼レフカメラを楽しんでもらうことを想定し、Family、Friendlyを表す「F」を製品名に採用しました。「快速・快適・高画質」「小型・軽量」という同シリーズの開発コンセプトのもと、より使いやすさを追求したモデルに仕上げています。

 新製品は、約1010万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)、高性能映像エンジン「DIGICIII」搭載などによる高画質、高レスポンス性能を備えながら、EOS DIGITALシリーズで最軽量※1となる約450gの本体質量を実現しています。また、リアルタイムの映像を液晶モニターで確認しながら撮影できるライブビュー撮影機能や、画像の暗い部分を検知し、自動的に明るさやコントラストを補正するオートライティングオプティマイザ機能など、先進の機能を数多く搭載したほか、大きめのボタンや操作部表示を採用し、さらに使いやすさを向上させました。なお、“EOS KissF”では、キット販売用のレンズとして用意した手ブレ補正機構搭載の「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS」を含む60種類以上のEFレンズすべてが使用できます。

 また、EOSシリーズ用の外部ストロボ“スピードライト430EXII”を7月下旬に発売します。“430EXII”は、「430EX」(2005年10月発売)の後継機種として開発したもので、充電時間のさらなる短縮や充電音の静音化を実現しています。また「580EXII」(2007年4月発売)同様、カメラの液晶モニターを利用してストロボ機能の設定が行える※2ほか、ワンタッチロック機構の採用や、接点の形状変更などにより操作性と信頼性の向上を図りました。

【主な特長】

EOSKissF
 ●有効画素数約1010万画素自社製CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジン「DIGICIII」
 ●EOS DIGITALシリーズ最軽量※1の本体質量約450gを実現
 ●2種類のAF機能やパソコンからのリモート撮影など多彩なライブビュー撮影機能
 ●手ブレ補正機構を搭載した20種類のISレンズを含め、60種類を超えるすべてのEFレンズに対応
 ●明るさ・コントラストを自動補正するオートライティングオプティマイザ機能
 ●EOS DIGITALの総合的なセンサーダスト対策「EOSIntegratedCleaningSystem」対応
 ●「ユニバーサルデザイン」の視点から大きくなったボタン、ダイヤル、操作部表示
 ●高速・高精度な7点測距AF
 ●最高約3コマ/秒でメモリーカード容量いっぱいまで連続撮影が可能。※3

スピードライト430EXII
 ●最大ガイドナンバー43の高機能ストロボ
 ●充電時間を約20%短縮し、充電音の静音化も実現
 ●カメラの液晶モニターを利用して、ストロボ機能などの各種設定が可能※2
 ●操作性と信頼性を向上

 製品名価格(税別)発売日生産台数

 キヤノンEOSKissFボディ         オープン価格      2008年6月下旬     20万台/月

 キヤノンEOSKissFレンズキット     オープン価格      2008年6月下旬     20万台/月

 キヤノンスピードライト430EXII     3万3,000円      2008年7月下旬5万台/月

 ※12008年6月までに発売したEOS DIGITALの中で。
 ※2「EOS-1DsMarkIII」、「EOS-1DMarkIII」、「EOS40D」、「EOSKissX2」、“EOS KissF”使用時。
 ※3キヤノン試験基準2GBSDメモリーカード使用。JPEG撮影時。

【付属品一覧】

EOSKissFボディ
 バッテリーパックLP-E5、バッテリーチャージャーLC-E5、インターフェースケーブル
 IFC-200U、ビデオケーブルVC-100、ワイドストラップEW-100DBIII、
 EOS DIGITALSolutionDisk

EOSKissFレンズキット
 EF-S18-55mmF3.5-5.6IS、バッテリーパックLP-E5、バッテリーチャージャーLC-E5、
 インターフェースケーブルIFC-200U、ビデオケーブルVC-100、ワイドストラップ
 EW-100DBIII、EOS DIGITALSolutionDisk

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】
 昨年のデジタル一眼レフカメラ市場(全世界)は、市場全体が大きく伸張し、対前年比約43%増の約750万台に達しました。2008年も「EOSKissX2」をはじめ、キヤノン製品のラインアップがユーザーから高い評価を得ていることに加え、各社から新製品の投入が相次ぎ、対前年比で約17%増の約880万台と、さらなる成長が見込まれています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】
 キヤノンのEOSKissシリーズは、1993年に「EOSKiss」を発売して以来、長年にわたり普及型フィルム一眼レフカメラにおけるベストセラーを続けてきました。2003年9月には、デジタル版を求めるユーザーからの強い要望に応え、業界に先駆けて普及型デジタル一眼レフカメラ「EOSKissDigital」を発売しました。その後「EOSKissDigitalN」(2005年3月発売)、「EOSKissDigitalX」(2006年9月発売)、「EOSKissX2」(2008年3月発売)と進化を続けながら、デジタル一眼レフカメラ市場の拡大を牽引してきました。

 新製品“EOS KissF”は、「EOSKissX2」の姉妹機として開発したもので、初めて一眼レフカメラを使うユーザーの入門用として最適なカメラに仕上げました。簡単な操作で高画質の撮影が行えるとともに、EOS DIGITALシリーズで最軽量となる約450gの本体質量を実現しています。

 今回の“EOS KissF”の発売により、普及クラスのEOSKissDigitalシリーズは、「EOSKissX2」と、“EOS KissF”の2モデルが用意されることになります。

 “EOS KissF”の発売により、プロ向けの「EOS-1DsMarkIII」(2007年11月発売)と「EOS-1DMarkIII」(2007年5月発売)、ハイアマチュア向けの「EOS5D」(2005年9月発売)と「EOS40D」(2007年8月発売)にEOSKissDigitalシリーズの2モデルを合わせた、合計6モデルの強力なラインアップになります。キヤノンは、これからも幅広いユーザーからのニーズにきめ細かく対応した製品を提供することにより、デジタルフォト文化の発展に貢献していきたいと考えています。

キヤノンがEFレンズ累積生産本数4,000万本を達成 ※ニュースリリースを原文のまま紹介しています。(2008/4/23)
 キヤノンはこのたび、EFレンズの累積生産本数4,000万本を達成しました。
 AF一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして1987年に宇都宮工場で生産を開始して以来、1995年8月に1,000万本、2001年2月に2,000万本、2006年1月には3,000万本を突破し、その後わずか2年3カ月ほどで4,000万本を達成したことになります。これは、EFレンズの革新的な技術や優れた品質に加え、サービスを含む販売体制が高く評価された結果であると受け止めています。

 1987年3月に、EOSとともに誕生したEFレンズは、AFシステムの将来を先取りした「大口径完全電子化マウント」と「レンズ内モーター駆動」というキヤノン独自の先進のテクノロジーを採用し注目を集めました。その後、超音波モーターを世界で初めて採用した(※1)「EF300mm F2.8L USM」(1987年11月)をはじめ、世界一明るいF1.0を実現した(※1)「EF50mm F1.0L USM」(1989年9月)、世界初の手ブレ補正機構を搭載した(※1)「EF75-300mm F4-5.6 IS USM」(1995年9月)、さらには世界で初めて撮影レンズ用に積層型回折光学素子を採用した(※1)「EF400mm F4 DO IS USM」(2001年12月)を世に送り出すなど、革新的な技術で常に業界をリードしてきました。また、普及型デジタル一眼レフカメラの先駆者として高い評価を得た「EOS Kiss Digital」(2003年9月)の市場導入に合わせ、APS-Cサイズの撮像素子を備えたデジタル一眼レフカメラに最適なEF-Sレンズを発売し、ラインアップの拡充を行っています。

 EFレンズは、超広角から超望遠まで合計64種類(※2)という業界最多(※3)のラインアップを誇り、各種ズームレンズ、手ブレ補正機構搭載レンズ、大口径レンズ、マクロレンズ、さらにはアオリ機能を搭載したTS-Eレンズなどバリエーションも豊富です。この充実したラインアップにより、EFレンズは初心者からハイアマチュア、プロに至るまで幅広いユーザーの多様なニーズに対応しています。今春には、大口径望遠レンズ“EF200mm F2L IS USM”(2008年4月30日)と、手ブレ補正機構搭載レンズにおいて世界最長(※3)の焦点距離となる超望遠レンズ“EF800mm F5.6L IS USM”(2008年5月下旬)の発売も予定しています。

 キヤノンは、今後もEFレンズを含めたEOSシステム全体の将来を見据えながら、光学設計から電子技術や生産技術に至るまで、技術革新を推進し、すべてのユーザーに満足して頂けるような魅力的な製品を提供することにより、新しい写真文化の創造に寄与していきたいと考えています。

※1 一眼レフ用交換レンズとして。
※2 EF-Sレンズおよびエクステンダー2機種と、今春発売予定の2本の望遠レンズを含む。
※3 AF一眼レフカメラ用交換レンズとして。2008年4月16日現在。

高精細なハイビジョン撮影が行えるHDビデオカメラの最上位機種を発売 レンズ交換の可能な“キヤノン HDビデオカメラレコーダー XL H1S/XL H1A” ※ニュースリリースを原文のまま紹介しています。(2008/4/10)
 キヤノンは、HDV規格に対応し、レンズ交換が可能なHDビデオカメラ“キヤノン HDビデオカメラレコーダー XL H1S/XL H1A”を5月中旬より順次発売します。

 新製品“XL H1S/XL H1A”は、放送業界や映像制作の現場を中心に高い評価を得ている「XL H1」(2005年11月発売)の後継機種で、キヤノンのHDビデオカメララインアップの最上位機種にあたる製品です。「XL」シリーズの優れた光学性能や映像エンジンを継承し、高画質なハイビジョン撮影を可能にするとともに、プロユーザーの要望に応え、絞りリングの搭載をはじめとする操作性の改善や、画質や機能などを細かく設定できるカスタマイズ機能の拡充を図りました。加えて“XL H1S”では、非圧縮の映像と同時に音声とタイムコード(LTC)も伝送できるEmbedded Audio/TCに対応したHD-SDI端子を搭載し、プロのニーズにも応える高性能なビデオカメラに仕上げています。

 “XL H1S/XL H1A”は、高い解像度を備えた1/3型・総画素数約167万画素(※1)3CCDや、ハイビジョン映像の撮影に優れた効果を発揮する高性能映像エンジン「DIGIC DV II」の搭載により、高精細なハイビジョン映像をHDV規格(1080i方式)で記録・再生することができます。

 また、新開発の“HDビデオレンズ 20倍ズーム XL 5.4-108mm L IS III”には、蛍石レンズや光学式手ブレ補正機能に加え、新たに絞りリングを搭載しました。諸収差を良好に補正するマルチコーティングやゴーストを低減する「SRコート」、フレアを低減する非球面レンズの高精度化により、ハイビジョン映像にふさわしい優れた描写性能を備えています。さらに、キヤノン独自の「XLマウント」の採用により、従来の「XL」シリーズ専用の交換レンズ(※2)のほか、EOSシリーズ用の豊富なEFレンズ群(※3)を装着することが可能で、撮影目的や用途に応じた最適なレンズを選択できます。

 加えて、階調の特性を調整するガンマ値や撮影時のカラーを調整するカラーマトリクスなど23種類の画質調整項目をカスタムプリセット情報に保存することができるほか、カスタムファンクション機能、ビューファインダー表示情報の表示/非表示が個別に選択できるカスタムディスプレイ機能などを備えており、撮影者の使い勝手や目的に応じたカスタマイズ化が可能です。また、XLR端子を2系統装備し、最上位機種にふさわしい充実したオーディオ仕様を実現しています。

※1 有効画素数 HDVモード/SDワイド(16:9)モード:約156万画素、SD標準(4:3)モ-ド:約117万画素。

※2 HD撮影時にはHDV対応レンズの使用を推奨。

※3 オプションの「EF アダプタ XL」が必要となります。HD撮影時は焦点距離135mm以上のLレンズシリーズの使用を推奨します。また、EF-Sレンズは使用できません。

■参考画像
 キヤノン HDビデオカメラレコーダー XL H1S
 (付属のHDビデオレンズ 20倍ズーム XL 5.4-108mm L IS III装着時)
 *関連資料を参照してください。

 製品名:キヤノン HDビデオカメラレコーダー XL H1S
 価格(税別):95万円
 発売日:2008年5月中旬

 製品名:キヤノン HDビデオカメラレコーダー XL H1A
 価格(税別):70万円
 発売日:2008年6月下旬

 生産台数:2機種合計3,000台/月

【主な特長】
 ●レンズ交換が可能なHDV規格対応のHDビデオカメラ
 ●高い解像度を備えた1/3型・総画素数約167万画素(※)の3CCDを搭載
 ●ハイビジョン映像の撮影に優れた効果を発揮する高性能映像エンジン「DIGIC DV II」
 ●新たに絞りリングを搭載した新開発の光学20倍ズーム「Lレンズ」を付属
 ●Embedded Audio/TC対応のHD-SDI端子やGENLOCK端子、タイムコード入出力端子を装備(XL H1Sのみ)
 ●画質や機能などを細かく設定できる豊富なカスタマイズ機能
 ●プロのニーズに応える先進のオーディオ仕様
 ※有効画素数 HDVモード/SDワイド(16:9)モード:約156万画素、SD標準(4:3)モ-ド:約117万画素

【開発の背景】
 近年、デジタルハイビジョン放送の普及やハイビジョン対応の薄型テレビ市場の拡大に伴い、ハイビジョン映像に対するニーズが急速に高まっています。
 miniDVテープにハイビジョン映像が記録できるHDV規格を採用したHDビデオカメラは、その機動性や業務用規格に匹敵する高精細な画質から、民生用だけでなく放送業界や映像制作の現場で利用されています。
 キヤノンでは、こうした市場動向を捉え、これまでレンズ交換が可能なHDビデオカメラレコーダー「XL H1」(2005年11月発売)、機動性に優れたHDビデオカメラ「XH G1」(2006年11月発売)および「XH A1」(2006年10月発売)を発売し、業務用途を中心に高い評価を得ています。
 今回発売する“XL H1S/XL H1A”は、「XL H1」の優れた性能を継承しつつ、付属の光学20倍ズームレンズに新たに絞りリングを搭載して操作性を向上させ、さらに豊富なカスタマイズ機能や先進のオーディオ仕様を装備したHDビデオカメラの最上位機種です。

オートフォーカス機構を備えた27倍スタジオ用ズームレンズ“DIGISUPER 27AF” ※ニュースリリースを原文のまま紹介しています。(2008/4/3)
 キヤノンは、HDTVに対応した放送機器の新製品として、オートフォーカス機構を搭載した27倍スタジオ用ズームレンズ“DIGISUPER 27AF”を12月中旬より発売します。
 
 新製品“DIGISUPER 27AF”は、ニュースやドラマなどスタジオでの撮影で市場から高い評価を得ている「DIGISUPER 27」(2007年8月発売)に、オートフォーカス機構を搭載したHDTV対応の27倍スタジオ用ズームレンズです。キヤノン独自の位相差センサーを採用することにより、フルハイビジョン映像(1,920×1,080画素)にふさわしい高い合焦精度を実現しています。
 また、諸収差を良好に補正するとともに、ズーム全域で高解像度、高コントラストを実現するなど、卓越した光学性能を達成しました。
 さらに、エンコーダーを利用した高精度なデジタルサーボシステムを採用することにより、素早いズーミングと高い追従性を実現しています。また、バーチャル出力端子を標準で装備することで、CG映像とライブ映像を合成するバーチャルスタジオなど、さまざまなシステムとの連携を可能にしています。

 なお、同製品は、4月14日から17日までアメリカのラスベガスで開催される放送機器展「NAB2008」に出展されます。

【主な特長】
●独自のオートフォーカス機構を搭載したHDTV対応27倍スタジオ用ズームレンズ
●フルハイビジョン映像(1,920×1,080画素)にふさわしい高い合焦精度
●ズーム全域で高解像度、高コントラストを実現する優れた光学性能
●高精度なデジタル制御

<製品名>    キヤノンDIGISUPER 27AF
<価格(税別)> 1,250万円※ 
<発売日>    2008年12月中旬
<生産台数>  120台/年
※ズーム、フォーカスをサーボで行うフルサーボ仕様の価格。

【市場動向と開発の背景】
 近年、デジタルハイビジョン放送の普及やハイビジョン対応の薄型テレビ市場の拡大により、HDTVシステムの市場は急速に拡大しています。一方で、コンテンツとしての高精細なハイビジョン映像と大画面モニターが普及するにつれて、放送用レンズにおいては従来以上に正確なフォーカス精度が求められるようになっています。
 キヤノンはこうした市場動向をふまえ、オートフォーカス機構を搭載したスタジオ用ズームレンズ“DIGISUPER 27AF”を市場に投入します。
 これにより、フィールドズームレンズ「DIGISUPER 100AF」(2007年6月発売)および「DIGISUPER 86AF」(2007年9月発売)と合わせて、オートフォーカス機構を搭載したHDTV対応製品のラインアップ強化を図ります。

「Satera シリーズ」 レーザープリンター複合機などを発売(2007/1/17)
 キヤノンは、A4対応のモノクロレーザープリンター複合機3機種とA4対応のカラーレーザープリンター1機種、A3対応の小型・高速のモノクロレーザープリンター2機種の合計6機種を本日から順次発売し、「Satera(サテラ)」シリーズのラインアップを大幅に拡充する。
 新製品はいずれも、素早い立ち上がりで定評のある「オンデマンド定着方式」や、高速で画像を処理する独自のページ記述言語など、優れた独自技術を継承しつつ、ビジネス用レーザープリンターおよびレーザープリンター複合機としての生産性をさらに高めたモデル。
http://www.canon.co.jp/