行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

ナブテスコ(株)

ナブテスコ(株)のホームページへ
ボーイング747型のアクチュエーション・システムを受注(2006/12/26)
 ナブテスコは、B747型最新モデル「B747-8」向けの飛行制御システム重要構成製品であるアクチュエーション・システムをボーイング社(米国)より受注した。
 当社が受注したシステム製品は、主翼に搭載される最新技術を採用したフライ・バイ・ワイヤー方式アクチュエーターで構成され、飛行制御用可動翼のエルロン、スポイラーを駆動するもの。これらの装備品は、機体のロール方向の姿勢をコントロール(機体の前後軸まわりの運動をコントロール)する重要な役割を果たす。当社は、開発を経て2008年度には量産製品の納入を開始する予定。

【 B747-8型機について 】
 B747-8型機は、現在のB747-400型機(ジャンボ機)を約5メートル延長し、新型エンジンを搭載するボーイング社最大の航空機。旅客型と貨物型の2機種で構成されている。また、同機は、ジェネラル・エレクトリック社製GEnxエンジンを採用することにより、現行のB747-400型機より30%の騒音低減を実現し、また燃費消費率を向上する。
 旅客型であるB747-8インターコンチネンタルは、B747-400型機と比較すると、51席増席し、貨物搭載量を28%増量すると共に、燃料消費を16%向上し、シートマイルを10%低減する。
 一方、貨物型のB747-8フレイターは、B747-400型機と比較すると、貨物積載スペースを16%増大すると共に、燃料消費を16%向上し、トンマイルを14%低減する。
 なお、B747-8初号機は2009年にカーゴルックス社(ルクセンブルク大手貨物航空会社)に納入される予定。
http://www.nabtesco.com/jp/