行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日本アイビーエム(株)

日本アイビーエム(株)のホームページへ
印刷関連で共同出資新会社(2007/1/29)
 リコーとIBMは、IBMのプリンティングシステム事業部を基盤とする共同出資会社「インフォプリントソリューションズ」を設立することで合意し、契約を締結したと発表した。
 新会社への出資比率は当初リコー51%、IBMが49%だが、リコーが今後3年間で段階的に出資比率を増加し、最終的には100%とする。4-6月期に設立する予定。本社は米コロラド州、従業員数は約1200人だが、1年後にIBMから約1000人のプリンター、メインテナンス人員が加わる予定。
http://www.ricoh.co.jp/
http://www.ibm.com/

障害を持つ人々が支援技術を利用できるソフトウェア・インターフェースを開発(2006/12/14)
 IBMは14日、障害を持つ人々が支援技術を利用して、編集機能、ハイパーリンク、図表、メニューなどのソフトウェア・プログラムの先進機能を容易に利用できるようにするための、ソフトウェア・インターフェースを開発したことを発表した。こうした機能は、DHTML、AJAX、およびWAI-ARIAを採用したリッチ・ブラウザー・アプリケーションや、OpenDocument Formatを基盤とするデスクトップ・アプリケーションにおいて頻繁に使われているもの。
 Windows (R)用に設計され、IAccessible2と呼ばれる新しいアプリケーション・プログラム・インターフェースは、すでにFree Standards Groupに承認されている。Free Standards Groupは、このインターフェースを誰でも使えるオープン・スタンダードとして開発・維持していく。Freedom Scientific、GW Micro、IBM、Mozilla Project、オラクル、SAP、およびスクリーン・リーダーは、このテクノロジーの支持をいち早く表明し、業界標準として開発することに携わるか、あるいは自社が手がける製品に採用していく。