行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

キャノンマーケティングジャパン(株)

キャノンマーケティングジャパン(株)のホームページへ
自社開発のLCOSパネルを搭載した高精細な液晶プロジェクター フルHDを超える画素数で投写が行える“WUX10”(2008/10/14)
 キヤノンは、液晶プロジェクターの新製品として、自社開発の反射型液晶パネルLCOS(エルコス=Liquid Crystal on Silicon)を搭載し、高精細な映像投写を実現した“WUX10”を、12月上旬より発売します。

 新製品“WUX10”は、1,920×1,200画素に対応したWUXGAパネルとしては世界最小(※1)となる0.71型の自社開発LCOSパネルを搭載した液晶プロジェクターです。ボディの小型化を達成しながら、フルHD(1,920×1,080 画素)を超える画素数による高精細な映像の投写を可能にしています。
 また、LCOSパネルの性能を最大限に引き出すキヤノン独自の光学システム「AISYS」(エイシス=Aspectual Illumination System)の搭載により、格子感の少ない滑らかな投写を実現しています。
 さらに、厳選されたガラス材料や最適なレンズ配置により、歪みのない映像を実現する1.5倍電動ズームレンズを装備しています。
 自社で開発したこれらのキーデバイスを効果的に組み合わせることで、3,200lm、1000:1という高輝度と高コントラストを両立させた投写(※2)を可能にしています。

 また、レンズの光軸と投写映像の下端の高さが一致する10:0レンズシフト方式を採用することにより、スムーズな設置が可能となっています。
 機能面においては、セッティング時に必要なピント合わせや台形歪み補正を含む4つの設定を自動的に行うオートセットアップや、HDMI端子の搭載により最新のハイビジョン機器もケーブル1本で接続可能にするなど、先進的で便利な機能を数多く搭載しています。

【主な特長】
●WUXGA(1,920×1,200画素)パネルとして世界最小(※1)の自社開発0.71型LCOSパネルを搭載
●光学システム「AISYS」による3,200lm、1000:1の高輝度・高コントラスト(※2)
●LCOSパネルと「AISYS」の特長を最大限に生かす1.5倍電動ズームレンズ
●レンズ光軸と投写画像の下端の高さを一致させた10:0レンズシフト方式によりスムーズな設置が可能
●HDMI端子など多彩な入出力端子を装備
●ネットワーク機能によりエラー通知メールの送信やコンピューターからの制御を実現

 製品名    : キヤノン パワープロジェクター WUX10
 価格(税別) : 150万円
 発売日    : 2008年12月上旬
 生産台数   : 300台/月

※1 WUXGA対応のLCOSパネルとして。2008年10月7日現在。
※2 プレゼンテーションモード時。

【市場動向と開発の背景】
 プロジェクターは、一般的なプレゼンテーションツールとしての使用はもとより、ホールやイベント会場での大画面投写、教育現場やデザイン、シミュレーション、医療をはじめとする専門分野での利用など、活用シーンの幅が大きく広がっています。
 また、パーソナルコンピューターからの出力が高精細化し、高解像度な写真やフルハイビジョン動画などのコンテンツを手軽に利用できる環境が広がる現在、プロジェクターにもこれまで以上に高解像度でありながら、幅広い使用環境に対応できる、高輝度で高コントラストな投写が求められるようになってきました。
 今回の新製品は、このような市場動向を捉えて開発された高性能な液晶プロジェクターです。キーデバイスであるLCOSパネルを新たに自社で開発し、独自の光学システム「AISYS」や高い解像力を備えたレンズと組み合わせることで、それぞれのメリットを最大限に生かした高解像で高画質なプロジェクターに仕上げています。
 キヤノンの液晶プロジェクターのラインアップは、今回発売の新製品に加え、「AISYS」とLCOSパネルを採用した現行製品の「SX7」、「SX80」、「X700」、そして、高輝度モデルや小型・軽量モデルを取りそろえた「LVシリーズ」3機種の合計7機種となります。
 キヤノンでは、市場のニーズに応じたラインアップの展開を行うことにより、これからも幅広いユーザー層の期待に応えていきます。

電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を法人向けに発売(2007/5/21)
 このほどキヤノンマーケティングジャパンは、日本SGIとの提携関係を強化し、日本SGIが国内正規総販売代理店として提供している電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を6月21日より発売する。
 今回キヤノンMJが発売する「Segway PT(パーソナル・トランスポーター)シリーズ」は、ジャイロセンサーの自律制御機構により、アクセルやブレーキを操作することなく、体重移動でその動きを制御する立ち乗り式の電動二輪車である。
 汎用モデルの「Segway PT i2」は、最高速度が時速20キロメートルで、8~10時間のフル充電で約38キロメートルの走行が可能。また、フル充電での走行距離が約22.5キロメートルで、ゴルフ場などで使用できるオフロードモデル「Segway PT x2」も合わせて発売する。

キヤノンMJ、米Mattson社と半導体製造装置分野における提携関係を強化(2006/10/18)
 このほどキヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:村瀬治男、以下キヤノンMJ)は、米国Mattson社(Mattson Technology, Inc.、社長:Robert B. MacKnight)と半導体製造装置分野における提携関係を強化し、同社製アッシング装置の日本国内における独占販売契約を締結した。
 アッシング装置は、半導体の製造工程において回路パターンを形成するために、マスクとしてレジスト(感光材)をパターニングし、エッチングプロセスにより回路の形成をした後に不要となったレジストを除去する装置。レジストの主成分である炭素や酸素、水素といった物質をプラズマ化したガスと反応させることで分解する。
 これによりキヤノンMJは、高度なプロセス性能や高スループット、最小フットプリント(占有床面積)、優れたメンテナンス性能などを備えたMattson社製アッシング装置をラインアップに加えるとともに、これまで培ってきたアッシング装置事業の販売、技術サポートのノウハウを活かしながら、最先端の半導体製造プロセスの課題解決に貢献していく。アッシング装置の事業目標として、今後3年間で売上120億円を目指す。
http://www.canon-sales.co.jp