行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)トクホン

トクホンとGC-RISE Pharmaceutical Ltd. 鎮痛消炎貼付剤「ステイバンパップ」、「ヤクバンテープ」の中国における開発と販売に関する契約を締結(2011/1/20)
株式会社トクホン(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:田邉芳男、以下「トクホン」)とGC-RISE Pharmaceutical Ltd.(本社: 香港、CEO & President: Wren Zhang、以下「GC-RISE」)は、フルルビプロフェン含有医療用鎮痛消炎貼付剤「ステイバンパップ40mg」ならびに「ヤクバンテープ20mg、40mg、60mg」の中国におけるライセンス供与・開発・販売に関する契約を締結しました。
今回の契約により、GC-RISEは「ステイバンパップ」、「ヤクバンテープ」の中国における開発と承認申請をトクホンに代わって行います。これらが承認になった後には、トクホンが中国向けの製造を行い、GC-RISEが中国語商標「斯舒邦(sī shū bāng)」ならびに「伊舒邦(yī shū bāng)」にて中国において独占的に販売を行います。「ステイバンパップ」、「ヤクバンテープ」の中国における上市時期は2014年後半を予定しています。
トクホンとGC-RISEは共に、日本国内において広く使われ、また安全かつ有効な治療と認められている外用鎮痛消炎医薬品を中国に導入することにより、中国の多くの患者さんのQOL向上と健康増進に貢献したいと望んでいます。
http://www.tokuhon.co.jp/pdf/110120_contract_ja.pdf

経皮吸収型鎮痛消炎プラスター剤「ヤクバン®テープ60mg」の新発売について -医療用テープ剤初の大判サイズ-(2009/10/13)
(2009年10月13日、当社とトクホン、科研製薬との共同発表)

 株式会社トクホン〔本社:東京都港区/社長:田邉芳男〕(以下、トクホン)が製造販売承認を取得した非ステロイド性経皮吸収型鎮痛消炎プラスター剤「ヤクバン®テープ60mg」(一般名:フルルビプロフェン)を、科研製薬株式会社〔本社:東京都文京区/社長:乾 四朗〕と田辺三菱製薬株式会社〔本社:大阪市中央区/社長:土屋裕弘〕が薬価基準収載の後、12月上旬より発売の予定です。



 トクホンは、既に発売している非ステロイド性経皮吸収型鎮痛消炎プラスター剤「ヤクバン®テープ20 mg」(サイズ:7 cm×10 cm)並びに「ヤクバン®テープ40 mg」(サイズ:10 cm×14cm)の規格追加品として、「ヤクバン®テープ60mg」の製造販売承認を取得しました。

 「ヤクバン®テープ60mg」(サイズ:15 cm ×14 cm)は、医療用テープ剤としては初の大判サイズで、腰・肩・膝などの広い患部を1枚でしっかりカバーします。また、「ヤクバン®テープ20 mg」、「ヤクバン®テープ40 mg」同様に、伸縮性に優れたストライプ付き不織布に撥水機能を付与しています。さらに、ライナー(プラスチックフィルム)に工夫を加えたことで、大きくても貼りやすい製品となっています。

 ヤクバン®は、ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)の理念に基づき、強力な非ステロイド性鎮痛消炎薬(NSAID)であるフルルビプロフェンを経皮吸収により患部組織へ効率的に浸透させるため、変形性関節症や肩関節周囲炎、筋肉痛等の鎮痛・消炎に対して高い臨床効果があります。

 「ヤクバン®テープ60mg」の登場により、患部に合わせた使い分けが可能になると考えております。

(参考資料)

『ヤクバン®テープ60mg』の製品概要
【製品名】 ヤクバン®テープ60mg(YAKUBAN TAPE 60mg)
【一般名】 フルルビプロフェン
【組成】 1枚15 cm ×14cm(膏体2.52g/210cm2)中に日本薬局方フルルビプロフェン60mgフルルビプロフェンを含有する。
【効能・効果】 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)
筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛

【用法・用量】 1日2回、患部に貼付する。
【包装】 70枚(7枚×10)、560枚(7枚×80)
【製造販売元】 株式会社トクホン
【発売元】 科研製薬株式会社 田辺三菱製薬株式会社
【承認日】 2008年3月14日
【発売日】 2009年12月上旬(予定)
http://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../release/nr/2009/MTPC_Y091013.html

新成分消炎鎮痛剤の開発・販売で提携(2006/9/7)
 大正製薬とトクホンは、トクホンが開発を進めているエスフルルビプロフェン含有消炎鎮痛プラスター剤の開発・販売について提携することで基本的に合意した。
 エスフルルビプロフェンプラスター剤は、非臨床試験において強力な鎮痛作用並びにフェーズ1で良好な皮膚透過性が確認され、次世代タイプの外用消炎鎮痛貼付剤として優れた治療効果が期待される。トクホンは、変形性関節症、肩関節周囲炎、筋肉痛等の適応症を取得するため、現在フェーズ2の臨床試験を実施している。今後、両社は日本国内で共同開発を行い、販売は大正富山医薬品が行う。