行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)メディビック

(株)メディビックのホームページへ
事務所移転のご案内(2010/2/18)
拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび当社及び当社子会社は本社事務所を下記に移転いたしますので、ご案内申し上げます。
今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬具

移 転 先 :〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町27 番2 号 第二シバビル3 階
電話番号:㈱メディビックグループ 03-6415-4031
㈱メディビック 03-6415-4035
㈱メディビックファーマ 03-6415-4036
㈱Asia Private Equity Capital 03-6415-4037
F A X :全社共通 03-6415-4034
営業開始日:平成22 年3 月1 日(月)
※ご注意
2 月26 日(2 月最終営業日)は、移転準備作業にとりかかる関係上、16 時以降は電話、FAX、メールのいずれも通信が不通となりますので、ご了承願います。
http://www.medibic.com/pdf/100218-2-wes5hehe.pdf

抗がん剤 Glufosfamide の米国における第Ⅲ相臨床試験の再開について(2010/2/18)
この度、当社グループが米国NASDAQ上場企業であるバイオベンチャーThreshold
Pharmaceuticals, Inc.(以下「スレッシュホールド社」という。)と共同開発を行っております抗がん剤Glufosfamide(以下「グルフォスファミド」という。)について、米国での臨床試験に進展がありましたので、下記のとおりお知らせいたします。

グルフォスファミドについては、スレッシュホールド社がその開発及び販売権を保有しておりますが、この度、米国における開発及び販売権を米国バイオベンチャーEleison Pharmaceuticals, Inc.(以下「エリソン社」という。)に譲渡し、エリソン社が米国でのすい臓がんに対する有効性を確認する第Ⅲ相臨床試験を再開する準備を終え、米国食品医薬品局(FDA)にSPA(Special Protocol Assessment)を提出いたします。
当社グループにおきましては、平成16 年12 月にスレッシュホールド社との間で、日本を含めたアジア地域においてグルフォスファミドの開発及び販売を行うための「共同開発契約」を締結し、国内第Ⅰ相臨床試験を終了しておりますが、スレッシュホールド社との「共同開発契約」は引き続きエリソン社に引き継ぐことに合意しております。今回の米国における第Ⅲ相臨床試験の再開により、グルフォスファミドのさらなる開発進展の可能性が高まっており、中国を含めたアジア諸国の製薬メーカー等に積極的な共同開発あるいはライセンスアウト等の交渉を行っていく予定であります。
なお、本件による当社グループの平成22 年12 月期の連結業績に与える影響については、現時点においては軽微であると考えております。
(ご参考)
<Eleison Pharmaceuticals, Inc.(エリソン社)>
所在地 103 Carnegie Center, Suite 300 Princeton, NJ 08540
代表者 CEO Edwin Thomas
U R L http://eleison-pharma.com/
http://www.medibic.com/pdf/100218-1-rtsrethn.pdf

メディビック健康フロンティア事業本部、健康支援サービス本格始動へ ~予防や健康管理の助けとなる天然バナジウム水と低分子ヒアルロン酸を供給~(2008/5/12)
 このたび、当社の子会社である株式会社メディビックは、テーラーメイド健康管理支援の一環として、健康支援サービスを本格化いたしましたので、お知らせいたします。

                   記

1.当社事業における健康支援サービスの位置づけ
 当社グループでは、テーラーメイド創薬の実現を目指した事業の展開を行っております。
 薬の効き目には個人差があります。自分の体質が分かれば効果が高く副作用が少ない薬を利用することが可能です。そのような個人の体質に合わせた薬づくりから利用までを支援するのが、当社の掲げるテーラーメイド創薬です。個人の体質に合わせた医療を行うことを個別化医療(テーラーメイド医療)といいますが、その基礎となるのがテーラーメイド創薬といえます。

 体質を特定したり、個人に合った薬をつくる、という当社の技術は、医薬品や医療だけでなく、予防や健康管理のビジネスにも応用が可能です。予防や健康管理も個人の体質によって異なるからです。
 当社グループが提供するDNAプライベートバンクは、特定の病気になりやすい体質を遺伝子レベルで判別するだけでなく、病気の指標となるさまざまな検査結果を統合し、個人の健康状態を数値的に把握し、継続的な予防・健康管理支援を行うものです。提携クリニックを通じて、予防や健康管理の助言や処方がされますが、その際、健康管理を促進する健康商品も必要となってくる場合もあります。そのような点に着目し、当社グループのネットワークを通じて、製品やサービスとして提供できるものを創出し事業化していこう、というのが、当社グループの展開する健康支援サービスになります。

 2008年5月に開始予定の「DNAプライベートバンク」では、抗加齢リスク遺伝子 ドックのサービスも提供する予定ですが、このたび、健康支援サービスで提供する製品は、それらを意識した商品といえます。天然バナジウム水やヒアルロン酸に関しては、ともに抗加齢効果が期待されるもので、予防の一つとして利用されることも望めます。
 このように、体質に合わせた「薬の開発支援や利用」、体質に合わせた「健康管理の支援」―― 前者を『テーラーメイド創薬・テーラーメイド医療の支援』、後者を『テーラーメイド健康管理支援』と位置づけて、当社グループは事業を展開してまいります。このたび本格始動する健康支援サービスは、『テーラーメイド健康管理支援』に属するサービスと位置づけています。
 具体的には、これらの実現のために必要となる製品やサービスの創出と提供を続けることで、企業を成長させ、人々により豊かで快適な生活を提供していきたい、と考えております。
 製薬企業様や研究機関などを主要顧客として培ってきた当社グループの事業基盤やノウハウ、ネットワークの多くが、「テーラーメイド健康管理支援」のビジネスにも援用できることから、少ない投資費用で、新たな収益源を期待できます。

2.メディビックが提供する健康支援サービス
 メディビックの健康フロンティア事業本部は、遺伝子検査をもとにした体質を理解し健康管理を行う上で、健康のサポートを行うサービスや製品の提供を本格化いたします。
 具体的には、第一弾として、従来あまり多く普及していなかった低分子のヒアルロン酸の提供を開始いたします。当社の供給するヒアルロン酸は高純度で安全性が高いのが特徴です。ヒアルロン酸は優れた保湿成分で表皮や体内組織に良い影響を及ぼすことで知られています。とりわけ低分子ヒアルロン酸は従来のヒアルロン酸に比べて遥かに吸収が高いことが知られています。なお、ヒアルロン酸の販売は、共同開発パートナーである日本新薬株式会社(本社・京都市、東証・大証1部上場)を通じて行われます。
 また、厳選された水源をもとにした高品質の天然バナジウム水を提供いたします。水源が限定されているため、含有されているミネラル成分は高品質で安定しています。天然バナジウム水は昨今多くの機能が期待されていて、医学会でも大変注目を集めています。

3.業績に与える影響
 今期の業績に与える影響に関しましては詳細が確定次第お知らせ致します。当社グループは、同事業が、これまでのバイオマーカー創薬支援事業、および今期から開始するDNAプライベートバンクに加え、新たな収益源として成長することを期待しております。

■低分子ヒアルロン酸・一般ヒアルロン酸
 提携先の海外企業の最新鋭設備にて、国内メジャー企業と同じ発酵由来生産をしています。共同開発パートナーである日本新薬株式会社を通じて販売されます。
 日本新薬(株) ホームページ http://www.nippon-shinyaku.co.jp/

■天然バナジウム水 富士山麓の玄武岩を多く含む地域から汲水し非加熱充填している天然ミネラルウォーターです。
 普通の水に比べ、バナジウムが50倍~100倍も多く含まれています。市販の中でも高水準の含有率です。
 (サービスサイトはこちらへ)
 http://www.fujiyama-water.com/

【 株式会社メディビックグループ 】
 当社グループは、個人の体質に合わせて副作用の少なく効果の高い薬を処方できるテーラーメイド創薬の実現を目指す企業です。具体的には、医薬品開発や研究などを行う製薬企業や研究機関などに対し、個別化医療やテーラーメイド創薬を推進するサービスや製品を提供しています。
 薬の効き目の個人差を示す体質は、遺伝子によって決められています。個人の遺伝子タイプが分かれば、体質に合ったより効果の高い薬を選択し処方することができます。また、投薬前に効果を確認することで、副作用も最小限に留めることができます。そのために、製薬企業では遺伝子と薬の関係を調べて医薬品開発をするようになってきています。そのために必要となるのが、PGx試験です。導入企業は年々増加しています。
 当社グループは、PGx試験を総合的・戦略的に支援できる体制を整えています。当社グループが独自に築いた、バイオ最先端の技術・情報網、そして医療機関・製薬企業などとの幅広い人的ネットワークの活用により、PGxに対するニーズを的確に掴み、顧客の要望に適した満足度の高いサービスを提供しています。
 当社グループは、PGx試験を総合的・戦略的に支援できるユニークな存在として実績を積み重ねることにより、圧倒的に優位なビジネスポジションを築いています。

米国で「グルフォスファミド」の第II相試験を開始(2007/2/6)
 このたび、当社グループが共同開発を行っている、抗がん剤Glufosfamide(グルフォスファミド)について、米国にて臨床試験を実施しているThreshold Pharmaceuticals,Inc.(スレッシュホールド社)が、薬剤に感受性の高い、再発小細胞肺がんの患者を対象とした、用量、安全性、および薬物動態を評価する第II相試験の開始を発表した。
 米国KarmanosがんセンターのJohn C.Ruckdeschel博士によれば、再発小細胞肺がんの致死率は不幸にも非常に高く、現在の第二選択化学療法からは非常に限られた恩恵しか期待できないとのことであり、この治験はこれらの患者への他の治療法の選択肢となるとしている。
http://www.medibic.com/bobj/070206-2.pdf

国内の製薬企業を対象にファーマコゲノミクス(PGx)試験支援サービス(2007/1/16)
 このたび、遺伝子発現解析マイクロアレイチップの最大手である米国Affymetrixの日本支社Affymetrix Japan K.K.(Affymetrix Japan)と、当子会社の株式会社メディビックは、国内の製薬企業を対象としたファーマコゲノミクス(PGx)試験の協同支援サービスを行うことになったのでご報告する。
 当子会社がかねてより準備を整え、先日、本格稼動のお知らせをした「PGxトータルソリューションサービス」(平成18年11月24日発表)はPGx試験の戦略から運営サポートおよびデータ解析を行っている。そこに、Affymetrixが提供する遺伝子発現解析技術を融合させ、PGxトータルソリューションサービス」をご提供する。
http://www.medibic.com/

すい臓がん向け抗がん剤の国内第I相臨床試験を開始(2006/1/16)
 このたび、当社グループが共同開発を行っている、主にすい臓がんを対象とした抗がん剤Glufosfamide(グルフォスファミド)において、当社の連結子会社である株式会社メディビックファーマを通じて国内第I相臨床試験における第1例目の症例への投与が開始されたのでお知らせする。
 グルフォスファミドは、アルキル化剤に属する抗がん剤。過去に行われた海外での臨床試験において、すい臓がんを始め、乳がん、結腸がん、非小細胞肺がんなど様々ながん腫に対し、グルフォスファミドの抗腫瘍効果がみられた。海外で実施中の大規模臨床試験では、グルフォスファミドの抗腫瘍効果はまだ明らかではないが、試験終了後には本剤が重要な新規の抗がん剤になり得ることが示唆されるものと考えられる。
 本剤の開発は、グルフォスファミドの開発及び販売の権利を持つ、米国NASDAQ上場企業であるThreshold Pharmaceuticals,Inc.(スレッシュホールド社以下「THLD社」という。)と当社とで締結した、「共同開発契約」(平成16年12月)に基づき、両社の臨床の専門家からなる「共同開発委員会」において本剤の国内開発戦略を設計し、これまで国内臨床開発の準備を進めていたもの。THLD社は現在海外での第II相及び第III相のすい臓がんの臨床試験を行っている。
 なお、現在、海外で行われている臨床試験の結果、本剤がすい臓がんの効能取得に至らなかったとしても、すい臓がん以外で本剤の治療効果が期待される他のがん腫の適応取得に向けた薬剤開発を日本において行うことも可能。また、これまで海外で行われたグルフォスファミドの臨床試験成績を国内での臨床試験に援用することができる。
http://www.medibic.com/

新薬開発支援事業の共同開発開始(2005/9/12)
 バイオベンチャーのメディビックは、かずさDNA研究所と共同で、製薬企業などの新薬開発支援を行う事業の開発に乗り出すことになった。かずさDNA研究所が持つヒトcDNAクローンなどの情報を活用し、メディビックが、製薬企業などから注文に応じて、新薬開発に有用な分子機能解析や新薬候補化合物の探索などに用いる試薬や、スクリーニングシステムの開発・販売を行う。

新薬開発におけるプロテオーム解析(タンパク質解析)サービス開始(2004/9/14)
 テーラーメイド創薬を支援するメディビックは、従来のゲノム解析を中心とするサー ビスに加えて、新薬の研究開発におけるタンパク質解析(プロテオーム)サービスを開始した。
 これまでメディビックは、製薬企業などに対して新薬開発で利用される遺伝子解析や 化合物の選定に関するサービスを提供してきた。近年のライフサイエンスに関する技術 進歩に伴い、遺伝子のみならず、遺伝子の産物であるタンパク質の解析も急速に進行し ている。欧米製薬企業ではすでに、プロテオーム解析が研究開発プロセスで積極的に導 入されつつあり、国内では、基礎研究段階のプロテオーム解析が行われつつあるものの、 国内製薬企業の新薬開発では積極的に行われていないのが現状。  メディビックは、プロテオーム解析に必要となる解析技術を開発。これらの技術に基 づき、新薬開発のプロテオーム解析サービスを開始した。

「ゲノム情報を活用した免疫系細胞治療における効率的治療のための新技術」を共同開発(2004/3/25)
 メディビックは、リンフォテックと、免疫系細胞治療で効率的な治療を行うための新技術の共同開発を開始することを合意した。
 リンフォテックは、ガン及びウイルス感染症の治療、移植医療などにおける免疫系細胞治療技術の応用を主体とする先端医療の研究開発型バイオベンチャー企業。リンフォテックは、自社で有する細胞培養に関する特許技術を土台に、化学療法では充分な治療や管理ができないガンやウイルス感染症におけるEBM(Evidence-basedMedicine)を基本とした新規細胞医薬品開発を進めている。
 メディビックは、バイオインフォマティクス技術および医療分野で、両者が共同で研究開発を着手することになったもの。免疫系細胞治療という観点に絞ったテーマを手掛ける。