行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

アークレイ(株)

アークレイ(株)のホームページへ
温州みかんの成分 "β(ベータ)-クリプトキサンチン" 肥満・糖尿病の改善効果を実証 ~第29回日本肥満学会にて発表~(2008/10/28)
 アークレイ株式会社(本社:京都市中京区、以下、アークレイ)は、肥満・糖尿病マウスを用いた摂取試験によりβ-クリプトキサンチン(※1)が糖・脂質代謝異常を改善し、その一部が脂肪組織におけるPPARγ(※2)活性抑制作用によるものであることを見出し、その研究成果を第29回日本肥満学会(※3)(10月17日~18日開催)にて発表いたしました。

<研究の概要>
 アークレイは2006年6月より機能性素材事業に参入し、β-クリプトキサンチン(β-CRP)を高含有した食品原料である温州みかんエキス「クリプトベータ(TM)(商品名)」について各種展示会を通じて、情報提供を行っております。

 このたび、肥満・糖尿病マウスを用いた試験においてβ-クリプトキサンチンの糖・脂質代謝改善作用について、京都大学大学院農学研究科 河田照雄教授、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 矢野昌充先生とアークレイの共同研究成果を第29回日本肥満学会(大分)にて発表を行いました。

 本発表では、肥満・糖尿病モデルマウスにβ-クリプトキサンチンを摂取させたところ、脂肪組織重量の減少傾向が認められ、さらに脂肪組織においてPPARγ標的遺伝子発現を減少させ、脂肪細胞のサイズが小さくなることを確認いたしました。また、β-クリプトキサンチンの摂取により絶食時血糖値低下作用を示し、経口糖負荷試験結果から、耐糖能改善効果を有することを確認いたしました。これらの結果からβ-クリプトキサンチンは糖・脂質代謝異常の改善作用を有し、その一部は脂肪組織におけるPPARγ活性抑制によるものであることが示唆されました。

 今回の成果を含むこれまでの研究により、近年疫学調査を中心に種々の健康機能が見出されているβークリプトキサンチンについて当社ではメタボリックシンドローム予防の観点において、細胞および動物試験での基礎的な作用機構の解明から、ヒトでの飲用試験を通してその有用性を見出しました。
 今後は、β-クリプトキサンチンを含む食品素材である「クリプトベータ(TM)」により、人々の健康な生活づくりに貢献していきます。

<研究の内容> <語句説明> ※別紙資料参照

 機能性食品素材の詳しい内容 http://ebn.arkray.co.jp

<研究の背景>

■アークレイについて
 アークレイは臨床検査機器・試薬メーカーで、糖尿病患者が使用する血糖自己測定器ではマーケットリーダーとして国内で大きなシェアを占めています。「世界中の人々の健康な生活に貢献する」の理念の下、患者のケア、病気の予防まで広く貢献するためのアイテム(食品、日用品など)を開発してきました。

■機能性食品素材への取り組み
 アークレイはこれまで柑橘類に含まれる機能性成分についてメタボリックシンドロームに関する研究を進めてきました。特に日本人になじみ深い「温州みかん」中の機能成分であるβ-クリプトキサンチンに着目し、種々の疫学研究結果、脂肪細胞に対する基礎的研究をベースに、食品素材「クリプトベータ(TM)」を開発しました。
■ β-クリプトキサンチンに関する学会発表 ■
 学会(開催年月):第28回日本肥満学会(2007年10月)
 発表内容:「クリプトベータ(TM)」に豊富に含まれるβ-クリプトキサンチンが、脂肪細胞を用いた研究においてPPARγのアンタゴニスト(拮抗)4)作用を有し、脂肪細胞の肥大を抑制し、さらに脂質合成を抑えることでメタボリックシンドロームに対して予防効果が期待できることを発表しました。

 学会(開催年月):第62回日本栄養食糧学会5)(2008年5月)
 発表内容:「クリプトベータ(TM)」含有飲料を摂取することで、総コレステロール値およびnonHDLコレステロール6)値を有意に減少させることがわかり、メタボリックシンドロームや動脈硬化の予防および進展阻止に有用であることを報告しました。

■今後の展望
 アークレイでは、温州みかんに含まれるβ-クリプトキサンチンについてメタボリックシンドローム予防という観点から、作用メカニズムに関する基礎的な検討から、ヒトでの検証までを行い、その有用性を見出してきました。今後は食品原料「クリプトベータ(TM)」を通して、人々の健康な生活に貢献すると共に、その有用性について広く普及させていく予定です。

<会社概要>
■アークレイ株式会社
 商 号      :アークレイ株式会社
 代表取締役社長:土井 茂
 所在地      :京都市中京区烏丸四条上る笋町689番地京都御幸ビル10F
 電 話      :050-5527-9301(代表)
 創 立      :1960年6月10日
 設 立      :1963年9月26日
 従業員数    :グループ企業全体  約1,300名
 事業内容    :医用分析測定装置および体外診断用医薬品の研究開発、
            製造、販売、輸出、健康サポート商品の販売、機能性素材の開発、販売
 営業拠点    :全国42ヶ所

みかんエキスでコレステロール値を改善 メタボリックシンドローム予防に期待 第62回日本栄養・食糧学会にて発表(2008/5/13)
 アークレイ株式会社は、β-クリプトキサンチン1)を高濃度に含むミカンエキスをメタボリックシンドローム予備群のヒトが摂取することによって、血清総コレステロール等を有意に低下させることを実証し、メタボリックシンドロームに対して予防効果が期待できることを見出しました。

 その研究成果を第62回日本栄養・食糧学会2)(5月2日~4日開催)にて発表いたしました。


<研究の概要>
 アークレイは2006年6月より機能性素材事業に参入し、β-クリプトキサンチンを高含有した食品原料である温州みかんエキス「クリプトベータ(商品名)」について各種展示会を通じて、情報提供を行ってきました。

 昨年の第28回日本肥満学会3)では「クリプトベータ」に豊富に含まれるβ-クリプトキサンチンが脂肪細胞の肥大を抑制し、さらに脂質合成を抑えることでメタボリックシンドロームに対して予防効果が期待できることを発表しました。

 今回、β-クリプトキサンチン高含有温州みかんエキス「クリプトベータ」を含有する飲料を用いて、メタボリックシンドローム予備群のヒトに及ぼす影響に関して、アークレイ株式会社、(独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 矢野昌充先生、京都大学大学院農学研究科 河田照雄教授との共同研究成果を第62回日本栄養・食糧学会(埼玉)にて発表を行いました。

 本発表では、「クリプトベータ」含有飲料を摂取することで、総コレステロール値およびnonHDLコレステロール4)値が有意に減少することがわかり、メタボリックシンドロームや動脈硬化の予防および進展阻止に有用であることが示唆されました。

 本研究結果の詳細について、ifia JAPAN 2008 /HFE JAPAN20085)(5月21日~23日、東京ビックサイト)において発表する予定です。(※詳細は2枚目)

 今後も、メタボリックシンドローム予防の観点より、近年、疫学調査を中心に種々の健康機能が見出されている「β-クリプトキサンチン」について、基礎的な作用機構の解明およびヒトでの飲用試験を通して、その有用性を追求してまいります。また、β-クリプトキサンチンを含む食品素材である「クリプトベータ」により、人々の健康な生活づくりに貢献していきます。

<研究の背景>
 アークレイは、厳しい食事制限下にある生活習慣病患者や健康を意識する方々に様々な商品を提案し、物質面と精神面の両方をケアすることでQOL(Quality Of Life = 生活の質)の維持・向上に貢献する活動を進めております。また、2006年6月には機能性素材ビジネスへの参入を果たし、本事業を通じて、自社技術にとらわれず、幅広く社会に貢献する活動を進めております。

 「平成18年国民健康・栄養調査」(厚生労働省)の中で、40~74歳の中高年男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者か予備群であることが公表されました。また、本年4月からは国の生活習慣病対策として、メタボリックシンドロームに着目した特定健診・保健指導が全国で開始され、ますますメタボリックシンドロームに注目が集まっています。

 このような背景において、当社はこれまで柑橘類に含まれる機能性成分についてメタボリックシンドロームに関する研究を進めてきました。特に日本人になじみ深い「温州みかん」中の機能成分である「β-クリプトキサンチン」に着目し、種々の疫学研究結果、脂肪細胞に対する基礎的研究(昨年の肥満学会にて発表)をベースに、食品素材「クリプトベータ」を開発し、各種展示会などを通じて発表してまいりました。

 このたび新たに、「クリプトベータ」を含有する飲料を用いて、メタボリックシンドローム予備群のヒトに及ぼす影響に関して、アークレイ株式会社、(独)農研機構・生研センター 矢野先生、京都大学大学院農学研究科 河田教授との共同研究成果を第62回日本栄養・食糧学会(埼玉)にて発表を行いました。

<今後の展望>
 当社では、日本栄養・食糧学会の詳細について、ifia JAPAN 2008/HFE JAPAN2008(5月21日~23日、東京ビックサイト)において下記の通り発表する予定です。

 ・日時:2008年5月22日(木)16:00~16:50
 ・場所:HFE JAPANセッション会場 (東京ビッグサイト)
 ・タイトル:アークレイオリジナル 抗メタボ素材と抗糖化によるアンチエイジング素材のご紹介 
 ・発表内容:温州みかんエキス「クリプトベータ」の抗メタボ作用について基礎研究からヒト試験 結果までの最新情報と、最近の抗糖化によるアンチエイジング市場の動向を踏まえた 混合ハーブエキス「AGハーブMIX」の活用事例をご紹介します。

<会社概要>
■アークレイ株式会社
 商号:アークレイ株式会社
 代表取締役社長:土井 茂
 所在地:京都市中京区烏丸四条上る笋町689番地京都御幸ビル10F
 電話:050-5527-9301(代表)
 創立:1960年6月10日
 設立:1963年9月26日
 資本金:793百万円
 従業員数:約230名(グループ企業全体 約1170名)
 事業内容:医用分析測定装置および体外診断用医薬品の研究開発、製造、販売、輸出、健康サポート商品の販売、機能性素材の開発、販売
 営業拠点:札幌、盛岡、仙台、新潟、さいたま、東京、千葉、横浜、静岡、松本、名古屋、金沢、京都、大阪、神戸、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、沖縄

糖尿病予備群に対する臨床試験で混合ハーブエキスの抗糖化作用を確認(2007/7/26)
 アークレイは、これまで糖尿病合併症や老化の危険因子の一つとして糖化反応(メイラード反応)をとらえ、抗糖化作用を有する天然物のスクリーニングを行い、4種類の混合ハーブエキス(カモミール、ドクダミ、セイヨウサンザシ、ブドウ葉)に活性があることを突き止めた。そして、糖尿病患者を対象とした摂取試験を実施したところ、アンチエイジングに対する有用性を確認した。
 このたび新たに、糖尿病予備群に対する混合ハーブエキスの摂取試験(ダブルブラインド並行群間比較試験)を、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター、岡山理科大学などとの共同研究にて実施した。
 その結果、混合ハーブエキス摂取群では血中の最終糖化生成物(AGEs)の一つであるCML(カルボキシメチルリジン)の有意な低下などを確認した。この結果より、混合ハーブエキス フ摂取が糖尿病患者のみならず血糖状態が高めの方においても、アンチエイジングの観点から有用であることを見出した。
 アンチエイジングは「抗加齢」とも呼ばれ、近年注目されている新しい分野であり、健康長寿を目指す研究が医学、薬学、栄養学など様々な方面で進んでいる。また、アンチエイジング医学と呼ばれる「それぞれの年齢において最もイキイキとした健康」を目的とした学問も急速に発展をとげている。

シイクワシャー果皮エキスの抗メタボリックシンドローム作用 内臓脂肪型肥満に対する有用性をヒトで確認(2007/7/19)
 アークレイは、沖縄で栽培されている柑橘であるシイクワシャーの果皮エキスが内臓脂肪型肥満のヒト血中アディポネクチンを増加させ、メタボリックシンドロームや動脈硬化性疾患の予防に有用である可能性を見出した。その研究成果を第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月13日~14日開催)にて発表した。  アークレイは、国内大手の臨床検査機器と体外診断薬のメーカーで、糖尿病患者が使用する血糖自己測定機では国内シェア60%を占めている。健康科学という独自の事業領域を設定し、2006年6月には機能性素材事業への参入を果たしている。  当社はこれまで柑橘類に含まれる機能性成分について研究を進めてきた。特に沖縄で栽培されているシイクワシャーに多く含まれるノビレチンについて培養細胞およびマウスを用いた研究から、アディポネクチンの増加作用を確認していた。  このたび、内臓脂肪型肥満のヒトへのシイクワシャー果皮エキスの摂取試験(ダブルブラインド並行群間比較試験)を、京都大学大学院、生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)、京都市立病院との共同研究にて実施した。  その結果、シイクワシャー果皮エキス摂取群では血中アディポネクチンが有意に増加することを確認した。以上の結果から、シイクワシャー果皮エキスはメタボリックシンドロームや動脈硬化性疾患予防に有用である可能性を見出した。

4品の新商品を連続投入(2007/4/4)
 臨床検査機器・体外診断医薬品メーカーのアークレイは、今春新商品4種(新規開発2種、モデルチェンジ2種)を発売する。

(1) 院内検査システム スポットケムD-Concept(ディーコンセプト) D    -00、D-01、D-02
(2) グリコヘモグロビンA1cキット サンクHbA1c
(3) 自動浸透圧測定装置 オズモステーション OM-6060
(4) 全自動グルコース測定装置 アダムスグルコース GA-1152

4種類の混合ハーブエキスについて研究発表(2007/3/22)
 アークレイは、4種類の混合ハーブエキス(カモミール、ドクダミ、セイヨウサンザシ、ブドウ葉)が糖尿病患者の血中最終糖化生成物(AGEs)を低下させるとともに、皮膚弾力を増加させたことから、アンチエイジングの観点より有用であることを確認した。
 その研究成果を日本薬学会第127年会(富山)(3月28日~30日開催)にて発表する。

カモミール中のアンチエイジング成分としてカマメロサイドを同定(2006/10/3)
 岡山理科大学、アークレイ、同志社大学アンチエイジングリサーチセンターは、日本生薬学会 第53回年会(9月29日~30日開催)にて、カモミール中の抗メイラード反応作用を有するアンチエイジング成分としてカマメロサイドを同定し、その成果を発表した。
 岡山理科大学、アークレイ、同志社大学アンチエイジングリサーチセンターは、これまで糖尿病合併症あるいは老化因子の一つとしてメイラード反応をとらえ、メイラード反応阻害効果を有する天然物のスクリーニングを行い、4種類のハーブ混合物に活性があることを見出した。(Journal of Nutrition Health and Aging投稿中)
 今回、4種類のハーブのうち、カモミール中の活性成分の一つとして、カマメロサイドを同定し、この結果について、第53回日本生薬学会(2006年9月29日~30日、日本薬科大学・埼玉)においてポスター発表を行った。
 発表では、カモミール中の抗メイラード物質として、カマメロサイドを単離同定し、メイラード反応の最終糖化生成物(AGEs)のうち、CML(カルボキシメチルリジン)、ペントシジンを特異的に阻害することについて発表した。また、このカマメロサイドにはNF-κBの阻害活性を有していることもわかった。
http://www.arkray.co.jp/

「京優SOUP」が血糖値関連のトクホの表示許可を取得 アークレイが血糖値関連のトクホNo.1企業に!(2006/6/16)
 アークレイは、『京優SOUP(スープ)』で7品目めのトクホ取得となり、食後の血糖値上昇をおだやかにするトクホ表示許可が日本で最も多くなった。(2006年5月16日現在)
 アークレイは、フリーズドライのスープ『京優SOUP(スープ)』「イタリア産トマトを使った欧風トマトスープ」、「京野菜九条ネギ入り中華風春雨スープ」に食後の血糖値上昇をおだやかにする効果がある特定保健用食品(トクホ)の表示許可を厚生労働省から取得した。
アークレイは国内最大手の臨床検査機器・試薬メーカー。糖尿病患者が使用する血糖自己測定機では国内シェア60%を占める。健康科学という独自の事業領域を設定してからは、糖尿病の検査だけにとどまらず、患者のケア、病気の予防まで広く貢献するためのアイテムとして日用品、食品などを開発する。
生活習慣病といわれるII型糖尿病は代表的な慢性疾患で、いったん発症すると、カロリーの摂取を制限する食事療法、また運動療法などによる厳格な血糖管理がライフスタイルになる。
■アークレイ株式会社
商号 : アークレイ株式会社
所在地 : 京都市中京区烏丸四条上る笋町689番地京都御幸ビル10F
電話 : 050-5527-9301(代表)
創立 : 1960年6月10日
設立 : 1963年9月26日
資本金 : 793百万円
従業員数 : 223名(グループ企業全体 870名)
事業内容 : 医用分析測定装置および体外診断用医薬品の研究開発、製造、販売、輸出、健康サポート商品の販売
http://www.arkray.co.jp/