行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

京都府立医科大学

レトロネクチン®を用いたリンパ球拡大培養法に関する特許が日本において成立(2009/11/30)
タカラバイオ株式会社(社長:仲尾功一)の推進する遺伝子医療分野の中核技術の1つであるレトロネクチン®拡大培養法に関する特許出願が、この度日本特許庁より許可の通知を受け、特許登録されました。今回登録された特許は、「細胞傷害性リンパ球の製造方法」(特許第4406566号)です。

当社が開発したレトロネクチン®拡大培養法は、従来から使用されているインターロイキン-2及び抗CD3モノクローナル抗体に加えて、組換えヒトフィブロネクチン断片であるレトロネクチン®を用いてTリンパ球を体外で活性化・増殖させる方法です。本法は、Tリンパ球の数を効率よく増加させることができ、Tリンパ球を用いるがん細胞免疫療法や遺伝子治療に応用可能です。当社は、レトロネクチン®拡大培養法を用いると効率よくTリンパ球を増やすことができるだけでなく、その増殖した細胞中には未分化な細胞であるナイーブT細胞が多く含まれていることを確認しています。このナイーブT細胞は、従来法で拡大培養したリンパ球と比べて体内で持続的に働くという特徴があり、より高い治療効果が期待できます。

がん細胞免疫療法は、患者自身のTリンパ球を体外で活性化し、その細胞数を増やしてから患者の体内に戻すことによって、がん細胞を破壊するというものです。効率的に大量のTリンパ球を調製することができるレトロネクチン®拡大培養法を、がん細胞免疫療法へと応用する臨床研究がすでに国内外にて進められています。日本においては、三重大学および京都府立医科大学が当社の協力のもと臨床研究を実施しています。

本特許の成立による当社連結及び単体の平成22年3月期業績への直接的な影響は軽微ですが、当社の遺伝子医療事業の競争力が一層強化されたと考えており、レトロネクチン®拡大培養法を用いた細胞医療・遺伝子治療の臨床開発を引き続き推進していきます
http://www.takara-bio.co.jp/news/2009/11/30.htm

レトロネクチン®で活性化するリンパ球の拡大培養法に基づくがん細胞免疫療法の臨床研究を京都府立医科大学で開始します(2009/4/2)
レトロネクチン®で活性化するリンパ球の拡大培養法に基づくがん細胞免疫療法の臨床研究を京都府立医科大学で開始します
タカラバイオ株式会社(社長:加藤郁之進)と京都府公立大学法人京都府立医科大学(学長:山岸 久一)消化器内科 吉川敏一教授・古倉聡准教授のグループは、消化器がん(食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、膵がん、胆道がん、肝細胞がん)及び肺がんを対象として、当社が開発したレトロネクチン®によるリンパ球の拡大培養法を用いたがん細胞免疫療法の臨床研究を平成21年4月6日に開始します。

当社は、リンパ球の拡大培養時にレトロネクチン®を用いると効率よくリンパ球の拡大培養(細胞を増やす)を行うことができるだけでなく、その増殖した細胞中には未分化な細胞であるナイーブT細胞が多く含まれていることを既に確認しています。このナイーブT細胞は、従来法で拡大培養したリンパ球と比べ、体内で持続的に働くことができるという特徴があるため、レトロネクチン®を使わない従来法と比べて、より高い治療効果が期待されます。

本臨床研究では、レトロネクチン®を用いて拡大培養したリンパ球の反復投与の安全性を評価することを主要評価項目(エンドポイント)とし、副次的エンドポイントとして腫瘍縮小効果を評価します。症例数は9例で、期間は1年間を予定しています。

当社は、京都府立医科大学にタカラバイオの寄附講座を開設していますが、本臨床研究においては、レトロネクチン®を用いたリンパ球の拡大培養技術を提供します。

今後、当社と京都府立医科大学とは共同で、レトロネクチン®を用いたがん細胞免疫療法に温熱療法などを組み合わせ、より治療効果の高いがん細胞免疫療法の臨床開発を進めていきます。

<参考資料>

【語句説明】
レトロネクチン®
レトロネクチン®は、ヒトフィブロネクチンと呼ばれる分子を改良した組換えタンパク質です。当社はレトロネクチン®に関する日本を含む世界各国における物質特許を保有しています。レトロネクチン®を用いたレトロウイルスによる遺伝子導入法は、レトロネクチン法として知られており、いまやレトロウイルスによる遺伝子治療の臨床研究のスタンダードとなっています。そして、当社はレトロネクチン®の新たな機能として、リンパ球の培養を増強する効果を発見しています。

ナイーブT細胞
特異的な抗原により刺激を受け活性化されたことがない未分化T細胞で、血液中を循環し、2次リンパ組織において抗原提示細胞により抗原の提示を受け、細胞傷害性T細胞やヘルパーT細胞などに分化する能力を有しているとされています。
http://www.takara-bio.co.jp/news/2009/04/02.htm

ウイスキー成分が糖尿病の発症の予防する効果を証明(2006/5/22)
 サントリー(株)は、京都府立医科大学との共同研究により、ウイスキー成分が糖尿病の発症を抑制する効果をもつことを動物実験により明らかにした。
 ウイスキーは、オーク材でつくられた樽の中で長期間熟成させることで、芳香とまろやかさをもち、深い琥珀色へと生まれ変わる。この「樽熟成」の間に、樽から浸出したオーク材成分は複雑な反応を重ね、ポリフェノール類をはじめとする多様な成分を生み出すことが知られている。サントリーではそれらの成分の健康増進に関わる生理活性について研究を続け、これまでに、樽材由来の抗酸化性ポリフェノールとしてリオニレシノールの単離と構造決定に成功している。
 今回は、糖尿病の発症に対して、ウイスキーに含まれる抗酸化成分が予防効果を示すかどうかを動物実験で調べた。
 ウイスキーに含まれる抗酸化成分の摂取による血糖値への影響を調べるため、ラットを以下3群に分け血糖値を比較した。
[1]正常ラット
[2]コントロール群(糖尿病ラット・通常飼料を摂取)
[3]ウイスキー成分摂取群(糖尿病ラット・ウイスキーコンジェナーを0.02%混入した飼料を摂取)
 なお、糖尿病ラットとは、ラットにストレプトゾトシン(STZ)という薬剤を投与し、実験的に軽度の高血糖状態にした糖尿病のモデル動物のこと。また、ウイスキーコンジェナーとは、ウイスキーからエタノールなどの揮発成分を除いたもので、樽材由来の抗酸化性ポリフェノール・リオニレシノールなどを含む。
 実験の結果、正常ラットと比較して、コントロール群の空腹時血糖値は304mg/dLと上昇したのに対し、ウイスキー成分摂取群では158mg/dL(対コントロール群比52%)と低い値を示した。
<実験2>ウイスキー成分の摂取がインスリン分泌機能を保持する効果
 血糖値の上昇は、膵臓のインスリン分泌機能低下が主な原因の一つとされる。そこで、ウイスキーに含まれる抗酸化成分の摂取によるインスリン分泌量への影響を調べるため、実験1で使ったラットに体重1kg当たり2gのブドウ糖を経口投与し、血中インスリン濃度の経時的変化を比較した。
 実験の結果、コントロール群に比べて、ウイスキー成分摂取群では、30分後の血中インスリン濃度が76%上昇した。
<実験3>ウイスキー成分の摂取が血中過酸化脂質濃度を減らす効果
 血中過酸化脂質濃度は、体内の酸化ストレスにより上昇すると考えられている。そこで、ウイスキーに含まれる抗酸化成分の摂取が血中過酸化脂質濃度を減少させる効果を調べるため、実験1のラットの血中過酸化脂質濃度を比較した。
 実験の結果、正常ラットに比べてコントロール群は、過酸化脂質濃度が2倍近く上昇したが、ウイスキー摂取群では、上昇率は10%にとどまり、正常群とほぼ同レベルを維持。
 以上のような結果から、ウイスキーコンジェナーに含まれる抗酸化成分が、血糖値や過酸化物濃度を下げ、膵臓のインスリン分泌機能を障害から守ることが示された。これにより、抗酸化成分を含むウイスキーの適量摂取により、糖尿病の発症を予防する可能性が示唆された。
http://www.suntory.co.jp/