行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)DNAチップ研究所

(株)DNAチップ研究所のホームページへ
新規なアミノ化試薬の製造販売権を Sigma-Aldrich Corporationに供与(2007/7/12)
 DNAチップ研究所は、産業技術総合研究所と共同開発した新規なアミノ化試薬を、Sigma-Aldrich Corporation及びその子会社に対し、非独占、かつ全世界にわたるライセンスを供与する契約に合意した。
 この新規なアミノ化試薬は、オリゴヌクレオチドにアミノ基修飾を行うための試薬であり、この試薬を用いたオリゴヌクレオチドの合成に関しては、既に平成17年11月にシグマアルドリッチジャパンとライセンス契約を締結していたが、このたびシグマアルドリッチジャパンの親会社であるSigma-Aldrich Corporationと全世界にわたるライセンス契約を締結したことにより、従来のシグマアルドリッチジャパンとの契約は今回の契約に一本化されることになる。
 なお、本ライセンス契約による当年度の当社の業績への変更はない。

◆新規なアミノ化試薬
 産業技術総合研究所ゲノムファクトリー研究部門と協力して開発したアミノ化試薬であり、特異な構造を有したリンカーにアミノ基を結合させることで、分子内で水素結合を形成させるように改変した。これにより1時間以上要していた精製行程が、数分以内で完了し、さらに従来よりも高い純度で多種類のアミノ化オリゴヌクレオチドが得られ、飛躍的に精製効率を改善させることができるようになった。さらに、分子内水素結合の効果によって、この新しいアミノ化オリゴヌクレオチドを、DNAマイクロアレイなどの基板表面上や多くの蛍光色素とも、従来の試薬よりも数倍高い効率で反応させることもできるようになった。この結果、例えばDNAマイクロアレイを作製する場合、より少量のアミノ化オリゴヌクレオチドを用いるだけで、従来よりも高密度に基板表面上にオリゴプローブを固定化することが可能となり、より高感度な遺伝子検出にもつながると考えている。

新規なアミノ化試薬の製造販売権を Sigma-Aldrich Corporationに供与(2007/7/12)
 DNAチップ研究所は、産業技術総合研究所と共同開発した新規なアミノ化試薬を、Sigma-Aldrich Corporation及びその子会社に対し、非独占、かつ全世界にわたるライセンスを供与する契約に合意した。
 この新規なアミノ化試薬は、オリゴヌクレオチドにアミノ基修飾を行うための試薬であり、この試薬を用いたオリゴヌクレオチドの合成に関しては、既に平成17年11月にシグマアルドリッチジャパンとライセンス契約を締結していたが、このたびシグマアルドリッチジャパンの親会社であるSigma-Aldrich Corporationと全世界にわたるライセンス契約を締結したことにより、従来のシグマアルドリッチジャパンとの契約は今回の契約に一本化されることになる。
 なお、本ライセンス契約による当年度の当社の業績への変更はない。

◆新規なアミノ化試薬
 産業技術総合研究所ゲノムファクトリー研究部門と協力して開発したアミノ化試薬であり、特異な構造を有したリンカーにアミノ基を結合させることで、分子内で水素結合を形成させるように改変した。これにより1時間以上要していた精製行程が、数分以内で完了し、さらに従来よりも高い純度で多種類のアミノ化オリゴヌクレオチドが得られ、飛躍的に精製効率を改善させることができるようになった。さらに、分子内水素結合の効果によって、この新しいアミノ化オリゴヌクレオチドを、DNAマイクロアレイなどの基板表面上や多くの蛍光色素とも、従来の試薬よりも数倍高い効率で反応させることもできるようになった。この結果、例えばDNAマイクロアレイを作製する場合、より少量のアミノ化オリゴヌクレオチドを用いるだけで、従来よりも高密度に基板表面上にオリゴプローブを固定化することが可能となり、より高感度な遺伝子検出にもつながると考えている。

米アジレントとDNAマイクロアレイ事業で提携(2006/11/1)
 DNAチップ研究所は米国Agilent Technologies Inc.(以下「アジレント」)との間で、アジレントのDNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現受託解析サービスの日本国内での実施及びアジレントのDNAマイクロアレイ関連製品(マイクロアレイ、解析装置、試薬を含む)の日本国内での販売について合意した。
 DNAマイクロアレイ及び解析装置はアジレントの日本子会社である横河アナリティカルシステムズと基本契約を結び供給を受けることになる。
http://www.dna-chip.co.jp/

超高感度DNAチップを実用化(2006/5/31)
 DNAチップ研究所と東レは、超高感度DNAチップ“3D-Gene”(酵母全遺伝子型チップ)を完成させ、本格的な販売を開始した。
http://www.3d-gene.com/