行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

大阪工業大学

「創薬シーズ・基盤技術等流通市場」の創設に向けた基本合意書締結(2006/4/14)
 大阪商工会議所、大阪工業大学、シミック、双日、三菱UFJ信託銀行は、医薬品候補物質(創薬シーズ)や、創薬で使われる技術(基盤技術)の売買情報を掲載する日本初の創薬特許流通サイト「創薬シーズ・基盤技術等流通市場」の創設に向け、基本合意書を締結した。
 国内外の製薬企業が1990年代半ばまでに開発した新薬は、2010年前後に特許切れを迎えが、これにかわる新薬の自社開発が進んでいない企業も多い。新薬開発の成功率は低く、長期にわたり膨大な費用が必要となることから、製薬企業においては、開発領域の選択と集中を進める一方、基礎研究・臨床実験が終了した成果を大学・ベンチャー企業から買い取る動きを強めている。また、開発中止品を他社にライセンス供与して、開発費の一部を回収したいというニーズもある。
 一方、効率的に医薬品になる物質を探求する方法や、患部だけに作用させる技術等の基盤技術、特定保健用食品・化粧品開発における医薬品候補物質の活用にも関心が高まっている。
 大阪商工会議所では、平成17年7月に「創薬シーズ・基盤技術等の流通市場構想研究会」(参加企業:製薬企業6社、商社、金融、開発業務受託機関各1社)を設置。創薬シーズや基盤技術等の売買情報を掲載するサイトの創設に向け、検討を進めてきた。
<運営協力者の役割分担>
 ・大阪工業大学(大学院知的財産研究科)
  市場運営のアドバイザー
 ・シミック株式会社
  臨床試験などのコンサルティング、医薬品開発のトータル支援
 ・双日株式会社
  案件成約をサポートするコーディネート
 ・三菱UFJ信託銀行株式会社
  ライセンス事務の負担軽減や特許侵害防衛に役立つ知財信託