行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)三菱総合研究所

(株)三菱総合研究所のホームページへ
エリアと海外のドコモ、エリアと端末のau、料金のソフトバンク(2007/3/14)
 楽天リサーチと三菱総合研究所は、15歳から69歳の男女を対象に、「第25回携帯電話コンテンツ/サービス利用者調査」を行った。
 第25回調査ではMNP(携帯電話番号ポータビリティ制度)開始以降における携帯電話市場の新規契約、キャリア変更、機種変更の状況やその要因を調査し、携帯電話会社間の流出入構造を推計した。
http://research.rakuten.co.jp/report/20070314/

健康食品の利用に関する調査(2006/11/2)
 国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」を共同で提供するNTTレゾナントと三菱総合研究所は、「gooリサーチ」登録モニターおよび「goo」ユーザを対象に「健康食品の利用に関する」調査を実施した。
 全体で約8割の回答者が「健康食品」の利用経験がありと回答した。この結果からも、多くの消費者に「健康食品」が広く浸透していることが分かった。なお、利用のきっかけとなった情報源として「テレビ番組を見て」「インターネットを見て」「家族・親族から勧められて」が挙げられた。また、「健康食品」の利用に関する不具合・不満等の経験を質問したところ、利用者の約4割が「期待していた効果が得られなかった」と回答した。
http://www.nttr.co.jp/
http://www.mri.co.jp/

ジェネリック利用実態に関する調査(2006/8/28)
 国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」を共同で提供するNTTレゾナントと三菱総合研究所は、「gooリサーチ」登録モニターを対象に「ジェネリック(後発医薬品)利用実態」に関する調査を実施した。
 (1)ジェネリックの使用実績は9%程度である一方で、認知度は約6割に達する。
 (2)普及の課題として医者が処方しないからとする声が多く、関係省庁や医師会等の啓蒙活動に期待。
 (3)TV広告・新聞広告と、病院・調剤薬局での広告の両面からの普及活動への期待も高い。
 (4)処方された薬についてインターネットを通じて調べる割合が大半を占める。

「健康食品」の利用に関する調査結果(2005/8/28)
 三菱総合研究所が実施した「健康食品」の利用に関する調査結果(東京在住者)によると、日常的な利用者が約45%、利用経験者が約84%いるなど、健康食品が広く普及していることが明らかになった。また、健康食品に相談しやすい医療関係者に「薬局・薬店の薬剤師」を挙げた人が最も多かった。一般消費者は薬剤師を健康食品の身近な相談相手と考えているようだ。 回答者の性別は男性42.3%、女性57.7%。