行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日本メジフィジックス(株)

日本メジフィジックス(株)のホームページへ
放射性医薬品「メタストロン注」に関する業務提携(2007/9/10)
 日本メジフィジックスと日本化薬の両社は、GEヘルスケアが開発し2007年7月31日付で外国特例承認を取得した放射性医薬品「メタストロン注(一般名:塩化ストロンチウム(89Sr)注射液)」の日本国内での業務提携を行うことで合意した。日本メジフィジックスは「メタストロン注」の選任製造販売業者として当該医薬品の日本国内における製造販売責任を有している。
 今回の提携により、医療機関への本剤の販売は日本化薬が行い、製品の輸入と物流、および医療機関での放射線安全等に関する情報提供は日本メジフィジックスが行う。
 「メタストロン注」は、「固形癌患者における骨シンチグラフィで陽性像を呈する骨転移部位の疼痛緩和」を効能効果とする放射性医薬品。本剤は、放射性同位元素(RI)の一種であるストロンチウム-89(89Sr)から放出されるβ線により、癌の骨転移部位を選択的に照射することで、骨転移による疼痛緩和効果が期待され、1986年以来世界40カ国以上で使用されている。

PET検査用放射性医薬品「FDGスキャン注」の承認を取得(2005/7/27)
 日本メジフィジックスは、ポジトロン断層撮影(PET検査)に用いる放射性医薬品「FDGスキャン(R)注(一般名:フルデオキシグルコース(18F))」について7月25日付で製造承認を取得した。
 全国8箇所(その他共同開発者1箇所)の製造業許可を取得し,保険適用の手続きが整備され次第、本剤を広く発売する。また、医薬品18FDGの共同開発者である財団法人先端医学薬学研究センター(石川県羽咋市)が製造承認を取得した「FDGスキャン(R)-MP注」についても、保険適用後、当社が販売を受託する。
 わが国で初めて承認されたPET検査用放射性医薬品を一刻も早く医療現場に供給することにより、増大する医療ニーズに応えていきたいと考える。
 悪性腫瘍の早期診断等に有用とされるPET検査は、放射線を放出する微量の薬剤を患者様に注射し、薬剤が病気の患部に集まる様子を体外から撮影することにより、病気の状態を診断する画期的な画像検査法。
 同社は、日本における放射性医薬品のトップメーカーとして、かねてよりPET検査への高まる医療ニーズに対処し、「FDGスキャン(R)注」の製造承認申請を行う一方で、国内8箇所に開設した「PETラボ」から承認取得後速やかに本剤の供給を開始できるよう、準備を進めてきた。コア事業である核医学画像診断分野において、PET検査を新たな柱として確立していきたいと考える。
 日本メジフィジックスは、住友化学とGEヘルスケア・リミテッドの合弁企業で、放射性医薬品のトップメーカー。

厚労省告示250号(2004/6/18)
【内用】
薬品名ベンゾダイン注 
薬価/336.3円 メーカー/日本メジフィジックス 
適応/外科的治療が必要な部分てんかん患者におけるてんかん焦点の診断