行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

熊本大学

小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに -注意配分時に広範囲の前頭葉を過剰活性させてしまう-(2015/10/15)
理化学研究所
大阪市立大学
熊本大学
兵庫教育大学
生理学研究所

要旨
理化学研究所(理研)ライフサイエンス技術基盤研究センター健康・病態科学研究チームの渡辺恭良チームリーダー、水野敬上級研究員らと、大阪市立大学、熊本大学、兵庫教育大学、および生理学研究所との共同研究グループは、小児慢性疲労症候群(CCFS:Childhood Chronic Fatigue Syndrome) [1]の患児の脳では、注意配分(2つ以上のことを同時に遂行すること)を行う際に前頭葉が過剰に活性化し、非効率な脳活動状態となっていることを機能的磁気共鳴画像法(fMRI)[2]を使って明らかにしました。
CCFSは3ヶ月以上持続する疲労・倦怠感および睡眠・覚醒リズム障害を伴う病気であり、不登校の児童・生徒の多くが発症しています。CCFSによる記憶や注意力の低下は学校生活への適応を妨げている可能性があることから、子どもの疲労と脳機能の関係の解明が期待されています。共同研究グループはこれまで小・中学生を対象に、平仮名で書かれた物語を読ませ、母音の拾い上げと物語の内容理解の同時処理を要求する仮名拾いテスト[3]と呼ばれる注意配分課題(二重課題)を実施し、同時に行った疲労度調査との関連について検討を行ってきました。その結果、CCFS患児の成績は健常児より低く、また健常児でも疲労を強く感じている状態では成績が低くなることを明らかにしました。しかし、注意配分機能が低下している脳内で何がおきているのかは分かっていませんでした。
共同研究グループは、CCFS患児15名と健常児13名を対象に、二重課題および一重課題(母音拾い上げ、または内容理解のどちらか一方)遂行中の脳活動状態をfMRIで測定しました。その結果、CCFS患児と健常児、いずれも、二重課題遂行中は一重課題遂行中に比べて前頭葉の一部である脳の左側の下前頭回背側部と頭頂葉の一部である左側の上頭頂小葉が活性化していました。つまり、これら2つの脳部位が、二重課題の遂行に必要な脳領域であることが示されました。次に疲労と脳の活性化の関係を調べたところ、疲労している健常児は、二重課題遂行中に左下前頭回背側部をより強く活性化させていることが分かりました。一方、CCFS患児と健常児を比較すると、CCFS患児では一重課題と二重課題いずれの時も右中前頭回が特異的に活性化し、活性度は物語の内容理解度と正の相関関係にあることが分かりました。さらに二重課題においては右中前頭回に加え、前帯状回背側部と左中前頭回も特異的に活性化することも分かりました。このことから、CCFS患児は過剰に神経を活動させて脳の情報処理を行っているために、さらに疲労が増強していることが懸念されます。前頭葉の過活動の抑制がCCFSの症状の緩和につながる可能性など、CCFSの病態の解明や治療法の開発への貢献が期待できます。
本研究成果はオランダのオンライン科学雑誌『Neuroimage: Clinical』(9月10日付け)に掲載されました。
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151015_1/

国立大学法人熊本大学との共同研究契約締結に関するお知らせ(2010/12/21)
株式会社トランスジェニック(代表取締役社長:福永健司、熊本県熊本市)と国立大学法人熊本大学(以下、熊本大学)(学長:谷口功、熊本県熊本市)は、2010 年12 月21 日、「ヒト化マウスの開発」に関して共同研究契約を締結しましたので、お知らせいたします。

このたびの共同研究は、新薬の効能評価や疾病の原因解明に供される実験動物であるマウスを、ヒト臓器保有マウス(ヒト化マウス)にすることにより、より有用なモデル動物の創出を目指すものです。
今後、当社と熊本大学生命資源研究・支援センター 山村研一教授の研究グループは、ヒトiPS 細胞から分化誘導した細胞を用い、マウス生体内でヒト臓器・組織の再構築を行い、持続的にヒトの機能を有するマウスを開発します。
当社は、ヒト化マウスを開発し事業化することにより、当社独自技術であるトラップマウス技術を軸とした遺伝子破壊マウス事業と併せて、マウス事業の拡大を図るものです。
また、このたびの共同研究契約に基づき、本共同研究成果のうち、事業化が期待される成果については、知的財産権の確保など権利化を図る予定です。

本共同研究契約の平成23 年度連結業績への影響は軽微であり、業績予想に変更はありません。
http://www.transgenic.co.jp/pressrelease/pdf/20101221-2.pdf

研究室取材 遺伝子機能応用学分野(2010/5/21)
薬系進学2011で取材。
薬がなければ、今できる方法で患者さんを救いたい。民間療法をヒントにした治療法は可能性の大きさを感じました。
http://yakkei.jp/contents/links/kumamoto-i.pdf

新規胆管がんマーカーに対する抗体ならびにその診断応用に関する特許出願について(2009/2/9)
株式会社トランスジェニック(代表取締役社長:佐藤道太、熊本県熊本市)と国立大学法人熊本大学
(以下熊本大学、学長:崎元達郎、熊本県熊本市)は、新規胆管がんマーカーに対する抗体ならびに
その診断応用に関する特許を共同出願しましたので、お知らせいたします。
当社は、がんをはじめとする様々な疾病を対象として、抗体を用いた新たな診断方法の研究開発を進めて
います。こうした取り組みの一環として、2006年9月に独立行政法人科学技術振興機構が行う「産学共同
シーズイノベーション化事業顕在化ステージ」の採択を受け、胆道系がん(胆嚢がんおよび胆管がん)の
早期診断の実用化を目的として熊本大学と共同研究を行ってまいりました。
当社と熊本大学大学院医学薬学研究部阪口薫雄教授らの研究グループは、GANP®マウス技術を用いて
胆道系がん組織に存在するマーカー候補物質に対する抗体を網羅的に作製し、胆管がんの早期診断および
治療に有望な腫瘍マーカー(以下本マーカー)の開発に成功しました。
本マーカーは、胆管がん患者の血漿および血清中に存在する糖タンパク質であり、得られた抗体はこの
糖タンパク質の糖鎖エピトープを認識する特異性と親和性を併せ持つ抗体です。
このたび、今後の開発・実用化に向けて、知的財産の確保を図るべきであると判断し、熊本大学と共同で
特許出願することにしました。
引き続き、当社と熊本大学は、実用化に向けた取り組みを進めてまいります。
なお、本件が当期(平成21年3月期)の業績に及ぼす影響はございません。
ご参考:
胆管がん
胆管がんは、一般的に増殖速度が速く、膵臓などの近接臓器に浸潤したり、リンパ節や肝臓に転移しやす
い、悪性度の高いがんです。このため、黄疸などの自覚症状が顕れた時点ではすでに手遅れの進行がんであ
る場合が多く、胆管がんを克服するためには治療ができる早期の段階での発見が重要であるとされています。
近年、胆管がんの診断には、超音波検査やCTやMRI検査など画像検査が用いられています。また、より
簡便な診断方法として、血液中の腫瘍マーカー(CA19-9, CEA, CA50など)の測定が用いられていますが、
これらのマーカーは胆管がんのみならず他の臓器のがんの指標でもあるため、胆管がん特異的な腫瘍マーカ
ーを用いた診断検査法の確立が待ち望まれています。
http://www.transgenic.co.jp/jp/pressrelease/pressrelease-061002.html
http://www.transgenic.co.jp/jp/pressrelease/pdf/20090209.pdf

大学発ベンチャー創出推進に基づく研究資金支援の契約締結について(2005/8/2)
 LTTバイオファーマ と研究協力を行っている水島徹(熊本大学大学院医学薬学研究部創薬化学講座薬学微生物学分野教授)を研究開発代表者として、また上野晃憲(LTTバイオファーマ研究開発本部研究開発部部長)を起業家として、「独立行政法人科学技術振興機構(JST)による独創的シーズ展開事業大学発ベンチャー創出推進に基づく研究資金支援」を申請していた研究テーマが2005年7月20日にJSTによって採択され、2005年8月1日付で研究契約を締結した。
 採択された研究テーマは、「胃潰瘍も心筋梗塞もおこさない、第四世代NSAIDsの開発」で17年度(18年3月末日まで)の研究支援は50百万円で3年間(年度)の支援が予定されている。研究の主体は熊本大学学院医学薬学研究部。
 アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬は世界で最も使用されている薬剤の一つで、副作用として胃潰瘍が臨床現場で問題となり、副作用死亡例はエイズ死亡例を上回るとも言われる。近年胃潰瘍の副作用のないシクロオキシゲナーゼ2の選択的阻害抗炎症薬が使用されてきたが、心筋梗塞を誘発する副作用があることが分かった。胃潰瘍も心筋梗塞も起こさない非ステロイド性抗炎症薬の開発が社会的に強くもとめられていきたが、水島徹らはこのような化合物の合成に世界で初めて成功した。