行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日清キョーリン製薬(株)

潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「ペンタサ(R)錠500」の新発売について(2008/10/1)
 株式会社キョーリンの子会社である杏林製薬株式会社(本社:東京都、社長:古城格)は、潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「ペンタサ(R)錠500(一般名:メサラジン)」を本日、新発売(剤形追加)いたしました。

 杏林製薬(株)と日清キョーリン製薬(株)は、1996年7月より「ペンタサ(R)錠250」を並行販売し、潰瘍性大腸炎・クローン病の治療に貢献してまいりました。

 「ペンタサ(R)錠500」は、1日服用錠数を減らすことによる患者負担の軽減、アドヒアランス※並びにQOLの改善を目的に開発した薬剤です。また、剤形は円形錠である「ペンタサ(R)錠250」と識別するため、カプセル型の変形錠といたしました。

 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎及びクローン病)は、下痢や下血を頻回に生じ、社会生活に支障をきたすおそれのある難治性疾患です。その病因は特定されておらず根本的治療法が無く、ペンタサなどのメサラジン製剤やステロイド製剤等により、活動期症状を抑え、寛解に導入すること及び寛解状態を維持することが治療目標となっています。

 杏林製薬(株)は、2008年10月1日に日清キョーリン製薬(株)を吸収合併しました。今後は、杏林製薬(株)が「ペンタサ(R)錠250」「ペンタサ(R)注腸1g」に加えて「ペンタサ(R)錠500」を販売するとともに周辺情報も含め最新の情報を提供することにより、炎症性腸疾患の治療に一層貢献してまいります。

※アドヒアランス:医師や薬剤師などから指示されたことに従うというよりも、患者自身が責任を持って治療法を守るという考え方。

ロイコトリエン受容体拮抗剤・気管支喘息治療剤 「キプレス(R)細粒4mg」を発売(2007/10/2)
 キョーリンの子会社である杏林製薬は、ロイコトリエン受容体拮抗剤・気管支喘息治療剤「キプレス(R)細粒4mg」(一般名:モンテルカストナトリウム)を発売した。
 本剤はMerck&Co.,Inc.,(Whitehouse Station,N.J.,U.S.A)により開発された気管支喘息長期管理薬で、杏林製薬では2001年8月より「キプレス(R)錠10」(成人用)、「キプレス(R)チュアブル錠5」(小児用:6歳以上)を販売している。
 近年、小児気管支喘息の罹患率の上昇が著しく、発症年齢は低下傾向にあり5歳までに約90%が発症するといわれる。
 今回発売した「キプレス(R)細粒4mg」は気管支喘息の発症が集中する1歳以上6歳未満の薬剤。1日1回就寝前に経口投与することにより、乳幼児喘息の小発作回数の減少と高い忍容性が国内の臨床試験で確認されている。また苦味が無く口の中ですぐに溶けるため、水なしで直接服用することができる細粒剤です。
 「キプレス(R)細粒4mg」のプロフィール
 (1)1日1回就寝前1包で、喘息症状、呼吸機能をコントロール。
 (2)服薬コンプライアンスは96.9%です(国内治験時)。
 (3)1歳以上6歳未満の小児気管支喘息患者における年齢及び体重による用量調節は不要。
1.製品名:キプレス(R)細粒4mg(KIPRES(R) Fine Granules 4mg)
2.一般名:モンテルカストナトリウム(Montelukast Sodium)
3.効能・効果:気管支喘息
4.用法・用量:通常、1歳以上6歳未満の小児にはモンテルカストとして4mg(本剤1包)を1日1回就寝前に経口投与する。
5.薬 価:4mg1包 268.80円
6.包 装:アルミ分包 28包、100包、140包
7.薬価収載日:2007年9月21日
8.発売日:2007年10月2日

杏林製薬と日清キョーリン製薬の合併(2007/9/26)
 キョーリンと日清製粉グループ本社及び、各々の100%子会社である杏林製薬と日清ファルマは、取締役会において、杏林製薬及び日清製粉グループ本社、日清ファルマの合弁会社である日清キョーリン製薬による合弁事業を解消し、2008年10月1日付けで、杏林製薬が日清キョーリン製薬を吸収合併することを決めた。
 日清キョーリン製薬は、主要製品である潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「ペンタサ」を中心に企業活動し、2007年3月期の業績は売上高130億円、経常利益13億円となっている。
 しかし高騰する研究開発費を負担し競合が激化する医療業界で勝ち残るために、日清キョーリン製薬が単独で事業を進めるよりも、杏林製薬と事業を一体化することで、医療用医薬品の研究開発力及び販売力の強化を通じて、企業価値の向上を目指すことが長期的視点から最善の選択と判断した。

杏林製薬と日清キョーリン製薬の合併(2007/9/26)
 キョーリンと日清製粉グループ本社及び、各々の100%子会社である杏林製薬と日清ファルマは、取締役会において、杏林製薬及び日清製粉グループ本社、日清ファルマの合弁会社である日清キョーリン製薬による合弁事業を解消し、2008年10月1日付けで、杏林製薬が日清キョーリン製薬を吸収合併することを決めた。
 日清キョーリン製薬は、主要製品である潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「ペンタサ」を中心に企業活動し、2007年3月期の業績は売上高130億円、経常利益13億円となっている。
 しかし高騰する研究開発費を負担し競合が激化する医療業界で勝ち残るために、日清キョーリン製薬が単独で事業を進めるよりも、杏林製薬と事業を一体化することで、医療用医薬品の研究開発力及び販売力の強化を通じて、企業価値の向上を目指すことが長期的視点から最善の選択と判断した。

制吐剤「シンセロン錠8mg」に関する販売提携の契約締結(2004/8/24)
 ヤクルト本社は、日清キョーリン製薬と、5-HT3受容体拮抗型制吐剤「シンセロン錠8mg」(一般名:塩酸インジセトロン)の販売提携について合意した。
 「シンセロン錠8mg」については、日清ファルマが創製し、同社と杏林製薬及び日清キョーリン製薬が共同で開発を進めてきた。日清キョーリン製薬が、2004年1月29日に製造承認を取得した。
 「シンセロン錠8mg」は、シスプラチン等の抗がん剤投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)の抑制作用を示す制吐剤。シスプラチン等の抗がん剤投与に伴う消化器症状は、抗がん剤の投与によって惹起されたセロトニン(5-HT)が一因となるが、「シンセロン錠8mg」は、5-HT3受容体の働きを抑えることによって悪心・嘔吐症状の抑制効果を示す。
 日清キョーリン製薬は、消化器領域における薬剤の開発・販売に実績がある。一方、ヤクルト本社は、抗がん剤(塩酸イリノテカン)を医薬品事業の柱としている。
http://www.yakult.co.jp/