行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(株)明治 (Meiji seika ファルマ)

(株)明治 (Meiji seika ファルマ)のホームページへ
パーキンソン病治療薬ME2125(safinamide)の臨床第Ⅱ/Ⅲ相試験 および長期投与試験開始のお知らせ(2015/10/7)
Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎、以下Meiji)は、パーキンソン病治療薬ME2125(開発番号、国際一般名:safinamide)について、ウェアリング・オフ現象注1)を有するパーキンソン病患者を対象としたレボドパ製剤併用下での第Ⅱ/Ⅲ相検証的試験および第Ⅲ相長期投与試験を開始しましたのでお知らせします。
ME2125は、ニューロン・ファーマシューティカルズ(Newron Pharmaceuticals S.p.A.、本社:イタリア・ミラノ、CEO:ステファン・ウェーバー、以下ニューロン社)が開発した選択的モノアミン酸化酵素B型(MAO-B)阻害剤です。同剤はドパミンの分解を阻害するとともに、ナトリウムイオンチャネル阻害作用やグルタミン酸放出抑制作用を有することから、ドパミン作動性作用と非ドパミン作動性作用を併せもつ新たなパーキンソン病治療薬として期待されています。海外で実施された進行期パーキンソン病患者を対象とした臨床試験では、オン時間注2)の延長や運動機能の改善が確認されています。
ME2125は2015年2月に欧州委員会で承認され、ドイツで販売されています。また、米国では2015年3月より承認申請中です。Meijiは2012年1月、ニューロン社より日本およびアジアにおける同剤の独占的な研究、開発、製造および販売権を許諾されています。
http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/pressrelease/2015/detail/151007_01.html

抗うつ薬「フルボキサミンマレイン酸塩」の小児強迫性障害に対する 臨床第Ⅲ相試験結果のお知らせ(2015/9/11)
Meiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎、以下Meiji)は、アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:ジェームス・フェリシアーノ、以下アッヴィ)と共同販売している「フルボキサミンマレイン酸塩」(一般名、販売名:ルボックス/アッヴィ、デプロメール/Meiji、以下フルボキサミン)の小児の強迫性障害患者を対象とした臨床第Ⅲ相試験について、10週間投与の二重盲検比較試験の結果をお知らせします。
強迫性障害は、強迫症状と呼ばれる症状(手を繰り返し洗う、鍵を閉めなかったなどと心配し頻繁に確認する等)に特徴付けられる疾患です。適切な治療がなされない、もしくは治療が遅れた場合には、強迫観念や執拗な確認行動等により、日常生活が著しく妨げられ、外出困難などQOLを低下させます。
フルボキサミンは、1999年に我が国では最初のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として発売し、成人に対する「うつ病・うつ状態」、「強迫性障害」並びに「社会不安障害」の適応で販売しています。また、日本を含む約100ヵ国以上で販売されています。
http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/pressrelease/2015/detail/150911_01.html

ジェネリック医薬品 製造販売承認取得のお知らせ(2015/8/17)
Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎)は8月17日、ジェネリック医薬品6成分6製剤について製造販売承認を取得しましたので、お知らせします。
今回承認を取得した製品は以下の通りです。

製品名 薬効分類
セルトラリン錠25mg「明治」・50mg「明治」・100mg「明治」
タゾピペ®配合静注用2.25「明治」・4.5「明治」
カンデサルタンOD錠2mg「明治」・4mg「明治」・8mg「明治」・12mg「明治」
オロパタジン塩酸塩顆粒0.5%「明治」
リネゾリド錠600mg「明治」
メロペネム点滴静注用バッグ1g「明治」
http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/pressrelease/2015/detail/150817_01.html

東北地方太平洋沖地震による影響に関するお知らせ(2011/3/15)
平成23年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により被災された皆さま、関係者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

当社グループにおきましては、明治製菓・明治乳業を中心に緊急対策本部を設置し、従業員ならびに全国事業所・グループ各社の被害状況の確認と、早期復旧に向けた対応に努めております。
現時点での状況につきまして、下記のとおりお知らせいたします。



1.被害状況

(1) 明治製菓株式会社
下記の4工場が地震による被害等により一部操業を停止しておりますが、全力で復旧に努めております。

【菓 子】 関東工場(埼玉県坂戸市)、蔵王食品(子会社、山形県上山市)
その他物流倉庫の被害により製品供給に一部支障をきたしております。
【医薬品】 北上工場(岩手県北上市)、小田原工場(神奈川県小田原市)

(2) 明治乳業株式会社
下記の4工場が操業を停止しております。

【乳製品】 東北工場(宮城県黒川郡)、守谷工場(茨城県守谷市)、
栃木明治牛乳(子会社、栃木県宇都宮市)
【冷凍食品】 茨城工場(茨城県小美玉市)

その他にも営業を見合わせている事業所・グループ会社がありますが、早期復旧に努めております。

2.被災地の皆さまへの支援

行政および業界団体と緊密な連携を取りながら、皆さまへの支援として当社グループの製品をお届けすべく、対応を進めております。

3.業績等への影響

引き続き被害状況を調査するとともに、早期回復に向けて全力で取り組んでまいります。業績に重大な影響が見込まれる場合は、速やかにお知らせいたします。
http://www.meiji.com/info/detail/110315.html

明治製菓株式会社と明治乳業株式会社との 共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関するお知らせ(2008/9/11)
明治製菓株式会社(以下「明治製菓」)と明治乳業株式会社(以下「明治乳業」)は、2008年11月26日開催予定の両社の臨時株主総会における承認を前提として、2009 年4月1日(予定)を期して、株式移転により明治ホールディングス株式会社(以下「共同持株会社」)を設立(以下「本株式移転」)することについて合意に達し、本日開催の両社取締役会において承認のうえ、本日付けで、本株式移転に関する「株式移転計画書」を作成し、両社の経営統合に関する「統合契約書」を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
http://www.meiji.co.jp/corp/news/2008/0911_1.html

共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関するお知らせ(2008/9/11)
明治製菓株式会社(以下「明治製菓」)と明治乳業株式会社(以下「明治乳業」)は、2008年11月26日開催予定の両社の臨時株主総会における承認を前提として、2009年4月1日(予定)を期して、株式移転により明治ホールディングス株式会社(以下「共同持株会社」)を設立(以下「本株式移転」)することについて合意に達し、本日開催の両社取締役会において承認のうえ、本日付けで、本株式移転に関する「株式移転計画書」を作成し、両社の経営統合に関する「統合契約書」を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


 記


1.株式移転による経営統合の背景及び目的

 わが国の食品産業は、戦後の混乱期や高度成長期を歩んできた日本の食生活に、素材の改良、加工技術の革新、商品開発力の充実・強化等を重ねることによって、豊かさ、潤いを提供してまいりました。
 ともに旧・明治製糖を起源とする明治製菓(1916年設立)と明治乳業(1917年設立)は、これまでの90余年の歴史の中で、それぞれに日本有数の食品メーカーとしてお客様の信頼とご支持をいただき、明治製菓は菓子・食品から薬品に領域を拡大し、「おいしい・楽しい」、「健康」、「安心」をキーワードに商品・サービスを提供するユニークな「食薬兼業」企業へ、明治乳業は「乳」という素材と「乳」を活かす技術力・商品力を中心に「おいしさ」、「健康」、「栄養」を提供する「総合乳業」企業へと発展してまいりました。

 昨今のわが国の食品産業は、「人口減少・高齢化社会の到来による中長期的な市場規模の縮小」、「世界的な原材料の高騰」、「成熟市場における企業間競争激化」等により、従前にも増して強い競争力が求められるものとなっております。その一方で、ライフスタイル、価値観は急速に変化しており、「食生活の多様化」、「健康意識の向上」、「食の安全意識の高まり」等のニーズを的確に捉えた商品開発やマーケティングを強化し、新しい需要の創造による成長機会を獲得していくことが重要なテーマとなっております。

 明治製菓と明治乳業とは、歴史的な関係に加えて、近年においては商品の共同開発を行う等、良好な協力関係を築いてまいりました。今般、上記のような環境認識を踏まえ、さらなる事業基盤の充実、競争力の強化を図るため、両社の協力関係を発展・進化させていくことについて協議を重ねてきた結果、両社の経営統合を通じてお互いが有する「ブランド力」、「研究開発力」、「技術力」、「マーケティング力」等の経営資源を最大限に活用することにより、持続性のある成長戦略、差別化戦略の構築を目指すことが最良の選択肢であるとの結論に至りました。菓子及び乳業の事業領域でそれぞれにリーディングカンパニーとしてお客様の強い支持と信頼を得てきた両社が、従来の協力関係を経営統合という形でさらに発展させることで、より大きな成長機会を獲得できるものと確信した次第です。

 本株式移転による経営統合(以下「本経営統合」)により、新しい明治グループは、菓子、乳製品等の食品から医薬品までの幅広い分野で人々の健やかで潤いのある暮らしに貢献できるユニークな企業グループとなります。特に、「高齢化社会の進展」、「健康意識の向上」といった環境下で大きな成長が期待される「健康」事業分野については、薬品事業を有する強みも活かしながら、新たな事業の柱へと育成、発展させてまいります。そして、多くのカテゴリートップブランドを持つ売上高が1兆円を超える世界有数の「食と健康」企業グループとして、両社が共通して追求してきた価値=「おいしい・楽しい」、「健康・栄養」、「安全・安心」をあらゆる世代のお客様へ提供することにより、明治ブランドの価値を飛躍的に向上させ、各事業の成長、発展を図ってまいります。さらに、お互いの強みを融合した高付加価値商品の提供、海外を含めた成長市場での積極展開及び事業基盤強化の推進によりグローバルな競争力強化を図り、一段の持続的成長を目指してまいります。


2.経営統合により期待する効果

(1)統合された新生「明治」ブランドの価値向上及び既存事業の強化
 ~両社が築いてきたお客様との強い信頼関係を基盤に~
 ・乳幼児から高齢者までのあらゆる世代のお客様に幅広い商品ラインアップを提供し、毎日の食シーンにおいて最も身近で愛されるブランドとして進化
 ・両社の有する常温、チルド、冷凍にわたる高い品質管理技術の融合により品質保証体制をさらに強化し、常に安全、安心な信頼のブランドとして進化
 ・これら新生「明治」ブランドの質的進化による既存中核事業の一層の強化・発展

(2)新たな需要の創造による事業成長機会の拡大
 ・菓子、乳製品、栄養機能食品、薬品等、幅広い分野にわたって両社が蓄積してきた基盤技術、商品開発、生産技術、品質分析、知的財産や医薬研究の成果・知見を融合することによる事業成長機会の拡大
  - 両社の既存中核事業における高付加価値商品開発力の強化
  - 健康意識の高まりや食生活の多様化を捉え、ヘルスケア、スポーツニュートリションを始めとした「健康」事業分野における高付加価値商品の開発及び新たな市場の創造
  - 両社が強みを持つ機能性素材や製造技術の融合による「食」領域における新商品開発を通じた新たな需要の創造
 ・新生「明治」ブランドとして、中国を始めとするアジア市場等、海外成長市場での積極的な事業展開

(3)マーケティング力強化による競争力向上
 ・両社のマーケティング部門のノウハウ活用による効果的な広告・宣伝や横断的なキャンペーン等の展開
 ・営業部門の協働による企画提案力、店頭フォロー力の向上
 ・両社が強みを持つ販売チャネルの相互補完及び有効活用
 ・両社の保有するプロダクト・ブランド等ブランドイメージの有効活用

(4)業務効率化とコストシナジー
 ・原材料の共同購買による調達コストの低減
 ・物流システム等の相互利用による効率化
 ・類似重複業務の集約、一元化、標準化による効率化
 ・基幹システムの将来的な統合による業務効率の向上と投資負担の軽減

(5)事業基盤・財務基盤の優位性強化
 ・確固たる事業基盤、財務基盤の確立による信用力、資金調達力の強化
 ・国内外食品・薬品業界におけるプレゼンス向上、戦略的アライアンス等への対応力強化


3.統合効果の早期実現に向けたグループ再編について

(1)共同持株会社は、グループ全体のあらゆる経営資源を有効活用することによって、既存領域における事業拡大と新たな市場の創造、事業成長機会の獲得を進め、グループの企業価値最大化を目指し、組織・事業の再編を行います。

(2)事業再編については、大きな成長を期待する「健康・栄養」事業分野の統合を始め、「菓子」、「乳製品」、「薬品」、「共通機能」等、両社の事業及び機能のグループ再編を計画しており、今後、具体的な検討と条件整備を進め、2年以内のできるだけ早い時期に実施してまいります。

「明治乳業 環境報告書2008」発行のお知らせ(2008/8/13)
 この度、弊社は「明治乳業 環境報告書2008」を発行しますのでお知らせ致します。

 当社は、2008年度を最終年度とする2008中期経営計画の中で、環境に関する基本計画を策定し取り組んでいます。

 具体的には、

 (1)環境マネジメントシステムの仕組み構築により、明治乳業グループ全体での環境管理水準の向上、及び、環境意識の啓発に努めます。

 (2)地球温暖化防止に向けた京都議定書を踏まえ、引き続き、CO2の排出抑制を進めます。

 (3)廃棄ごみゼロ化(Zero Emission)に向けた取り組みを推進します。

 以上の三点を中心に現在取り組みを進めております。


 今年度「環境報告書2008」の特徴と致しましては、

 (1)2008年2月に竣工した国内最大級規模のナチュラルチーズ新工場、十勝工場における環境配慮のための最新の技術、設備の紹介

 (2)当社創立90周年を記念して設立した「根室自然環境保全区」における最新の活動状況を記載

 (3)幅広い方々にお読み頂けるよう、今年度より活字のサイズを大きくし、読みやすくしたことに加え、環境への取り組みをできるだけ見やすく、わかりやすく記載

 (4)弊社及びグループ企業における環境に配慮した独自の取り組みの紹介

 といった点が挙げられます。

 弊社では、今後も環境との調和を意識した企業経営の推進に取り組んでまいります。

「明治乳業 環境報告書2007」発行(2007/8/28)
 2008年度を最終年度とする2008中期経営計画の中で、環境に関する基本計画を策定し取り組んでいる。それら環境に関する取組みを報告している。

乳飲料「明治くつろぎ」(500ml)を発売(2006/10/17)
 当社は、2006年11月7日より「明治くつろぎ」(500ml)を関東・東海・北陸・関西地区にて新発売する。
 飲用牛乳市場が低迷している中、市場拡大のためには牛乳や乳飲料の飲用シーンの拡大が必要不可欠となっている。
 このような中、当社は若い女性を中心に、牛乳類をくつろぎ時や夜のリラックス時に飲用する人が増えている点に着目した。そこで、近年「リラックス」効果があることで注目されている「テアニン」と安らぎ・癒しを求める際に使用される「ハーブ」を加えた乳飲料「明治くつろぎ」を発売する。脂肪分は牛乳の半分以下の組成なので、寝る前に飲用しても、脂肪分の摂り過ぎを気にすることなく、リラックス気分を味わうことができる。
http://www.meinyu.co.jp/

MRI用経口消化管造影剤「ボースデル内用液10」を発売(2006/9/25)
 明治乳業と協和発酵工業は、両社で共同開発したMRI用経口消化管造影剤 「ボースデル内用液10」(一般名:塩化マンガン四水和物)について、平成18年9月15日付で薬価基準収載したので、製造販売元=明治乳業株式会社、販売元=協和発酵工業株式会社として、平成18年9月25日より製品販売を開始する。
 なお、本剤の製造は明治乳業株式会社が、製品流通および製品情報提供収集活動は協和発酵工業株式会社が実施する。
 本剤は、MRI(磁気共鳴コンピュータ断層撮影)による胆道および膵管の撮影を目的とした、塩化マンガン四水和物を有効成分とする経口消化管造影剤であり、日本で初めて「磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影」の効能・効果を取得した造影剤。
 また本剤により診断における改善が見込まれるとして、薬価基準収載において類似薬効比較方式(I)の有用性加算(II)が適用された。

「ボースデル内用液10」の製品概要
■製品名 : ボースデル内用液10(Bothdel OralSolution10)
■一般名 : 塩化マンガン四水和物
■効能・効果 : 磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影
■用法・用量 : 通常、成人には1袋250mL〔塩化マンガン四水和物36mg(マンガンとして10mg)を含む〕を経口投与する。
■組成 : 1袋(250mL)中に塩化マンガン四水和物36mg(マンガンとして10mg)、添加物として還元水アメ、キサンタンガムを含有する。
■薬価基準収載日 : 平成18年9月15日
■薬価 : ¥1,311.40-(250mL1袋)
■販売開始日 : 平成18年9月25日
http://www.meinyu.co.jp/
http://www.kyowa.co.jp/

MRI用経口消化管造影剤「ボースデル内用液10」を発売(2006/9/25)
 明治乳業と協和発酵工業は、両社で共同開発したMRI用経口消化管造影剤 「ボースデル内用液10」(一般名:塩化マンガン四水和物)について、平成18年9月15日付で薬価基準収載したので、製造販売元=明治乳業株式会社、販売元=協和発酵工業株式会社として、平成18年9月25日より製品販売を開始する。
 なお、本剤の製造は明治乳業株式会社が、製品流通および製品情報提供収集活動は協和発酵工業株式会社が実施する。
 本剤は、MRI(磁気共鳴コンピュータ断層撮影)による胆道および膵管の撮影を目的とした、塩化マンガン四水和物を有効成分とする経口消化管造影剤であり、日本で初めて「磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影」の効能・効果を取得した造影剤。
 また本剤により診断における改善が見込まれるとして、薬価基準収載において類似薬効比較方式(I)の有用性加算(II)が適用された。

「ボースデル内用液10」の製品概要
■製品名 : ボースデル内用液10(Bothdel OralSolution10)
■一般名 : 塩化マンガン四水和物
■効能・効果 : 磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影
■用法・用量 : 通常、成人には1袋250mL〔塩化マンガン四水和物36mg(マンガンとして10mg)を含む〕を経口投与する。
■組成 : 1袋(250mL)中に塩化マンガン四水和物36mg(マンガンとして10mg)、添加物として還元水アメ、キサンタンガムを含有する。
■薬価基準収載日 : 平成18年9月15日
■薬価 : ¥1,311.40-(250mL1袋)
■販売開始日 : 平成18年9月25日
http://www.meinyu.co.jp/
http://www.kyowa.co.jp/

「明治ビオママ8 プレママ8葉酸タブレット」を発売(2006/9/21)
 当社は、2006年10月3日より、全国にて「明治ビオママ8 プレママ8葉酸タブレット」を新発売する。
 妊娠・授乳期においては母子の健康のためにも必要な栄養をバランスよく摂取することは極めて重要。中でもビタミンB群の一種「葉酸」は、厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2005年版)では、妊娠を計画している女性は400μg、または妊娠期の女性には1日に葉酸を440μgを摂ることを推奨している。
 この度新発売する「明治ビオママ8 プレママ8葉酸タブレット」は、2粒で妊娠期に必要な1日の葉酸摂取推奨量(440μg)を摂ることができる。特に、妊産婦に大切な葉酸を手軽においしさを楽しみながら、そのまま水なしで噛んで食べることができるチュアブルタイプになっている。
 味も程良い酸味と後味の良いヨ-グルト味。
http://www.meinyu.co.jp/

スギ花粉症治療剤ライセンス 契約締結(2006/7/13)
 明治乳業と大鵬薬品工業は、明治乳業が創製したスギ花粉症治療剤に関するライセンス契約を締結した。
 本剤は、スギ花粉症患者において、免疫細胞(T細胞)に作用して、不活性化し、スギ花粉によるアレルギー反応を抑制する薬剤であり、明治乳業において遺伝子組換え技術を応用して創製され、スギ花粉症の根治薬になり得ると期待される化合物。現在、臨床試験段階にある。
http://www.taiho.co.jp/corporation/news/20060713.html