行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

(独)医薬基盤研究所

(独)医薬基盤研究所のホームページへ
「ビタミンB1による生体防御メカニズムを発見」に係る論文掲載について(2015/9/25)
 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の國澤純プロジェクトリーダー(東京大学医科学研究所 客員教授兼務)は、東京大学医科学研究所 清野宏教授、慶應義塾大学医学研究科 末松誠教授(現、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 理事長)、杉浦悠毅講師、浜松医科大学 瀬藤光利教授らの研究グループと共に、ビタミンB1を介した生体防御メカニズムを発見しました。本研究結果は、腸管免疫と生体防御・ワクチンという観点からビタミンB1の新たな機能と重要性を世界で初めて提示したもので、新たなワクチンや機能性食品、免疫創薬の開発へとつながるものと期待されます。この研究成果が米国科学誌Cell Reports電子版に掲載されましたので、お知らせいたします。(論文タイトル:Mode of bioenergetic metabolism during B cell differentiation in the intestine determines the distinct requirement for vitamin B1)

 本研究は、農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業、科学技術振興機構(JST)・ERATO/CREST/さきがけ、文部科学研究費補助金、厚生労働科学研究費補助金、岸本基金研究助成、内藤記念科学振興財団の支援を受けて行われました。
http://www.nibio.go.jp/news/2015/09/001419.html
http://www.nibio.go.jp/news/20150925.pdf

「ヒト肉腫のマ-カ-であるGPC5の発現をin vitro transformationの系で発見」に係る論文掲載について(2015/5/21)
 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 医薬基盤研究所 共用機器実験室の竹内昌男客員研究員、竹内喜久子客員研究員、赤木謙一副室長、プロテオームリサーチプロジェクトの朝長毅プロジェクトリ-ダ-と難病資源研究室(現・京都大学霊長類研究所)の東濃篤徳特定研究員らは、東京大学(分子細胞生物学研究所)、国立成育医療研究センタ-(再生医療センター)、株式会社A-CLIP研究所の研究者らとの共同研究により、ヒト間葉系幹細胞(UE6E7T-3細胞)が長期間培養により、がんの一種である肉腫の性質を獲得した細胞(U3-DT細胞)に変化することを見出した。また培養期間毎の全遺伝子発現変化解析により、GPC5遺伝子がU3-DT細胞に特異的に高発現していることを発見した。これらの研究成果が米科学雑誌PLoS ONE電子版に掲載されましたのでお知らせします。
http://www.nibio.go.jp/news/2015/05/001336.html

iPSから高効率に肝細胞 新薬開発で利用目指す(2011/1/6)
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20110106010006881.asp

国際がんゲノムコンソーシアムで25,000人分のがんゲノム解読進む -日本など4カ国の機関による3種類のがんの解析結果を公開-(2010/4/15)
独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)、独立行政法人国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)、独立行政法人医薬基盤研究所(山西弘一理事長)らが参加し、25,000人分のがんゲノムを解読する国際共同プロジェクト「国際がんゲノムコンソーシアム」(International Cancer Genome Consortium:ICGC)は、米東部時間2010年4月14日(水)午後1時(日本時間15日午前2時)に、イタリアと欧州連合(EU)が新たに参加国として加わることと、日本を含む4カ国の機関から3種類(乳がん、肝臓がん、膵がん)のがんのゲノム変異の解読データを、ICGCのホームページで公表します。

がんの患者数は、先進国、発展途上国を問わず世界中で急速に増加し、早期診断やがん死亡の減少が人類社会にとって喫緊の課題となっています。ほとんどすべてのがんでは、遺伝子の設計図であるゲノムに異常(変異)が生じ、正常な分子経路が破たんした結果、無秩序な細胞増殖をもたらすことが分かっており、がんは「ゲノムの病気」であるといえます。さらに、特定のがんや病態では、特徴的なゲノム変異が認められることも明らかになっているため、それぞれのがんに生じたゲノム変異を網羅的に同定し、カタログ化することは、新たな予防・診断・治療法を開発するための基盤として大きな期待が寄せられています。

このような状況の下、2008年4月、臨床的に重要ながんを選定し、ゲノム変異の姿を明らかにする国際共同プロジェクトICGCが発足しました。今回、これまでの参加国(オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、日本、スペイン、英国、米国)に、新たにイタリアと欧州連合(EU)のプロジェクトが加わることが決まり、全身の臓器(血液、脳、乳腺、大腸、腎臓、肝臓、肺、すい臓、胃、口腔、卵巣)で起こるさまざまながんについて、 10,000症例以上の解析を行ないます。また、すでに英国(乳がん)、日本(肝臓がん)、オーストラリア/カナダ(膵がん)の各プロジェクトによって解析した解読データが、4月15日からICGCのホームページで入手可能となります。

さらに、ICGCに参加する200名以上の研究者による、ICGCの倫理的な枠組み、研究デザイン、方針と各プロジェクトの進捗状況についての論文が、英国科学誌『Nature』(4月15日付け)に掲載されるとともに、4月17日から21日にワシントンで開催する米国がん研究会議(American Association for Cancer Research:AACR)年次総会でも発表する予定です。
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2010/100415/index.html

医薬基盤研究所の組織が4月から変わりました。(2010/4/5)
医薬基盤研究所の組織が平成22年4月1日より以下のように変わりましたのでお知らせします。
http://www.nibio.go.jp/news/data/100401.pdf
http://www.nibio.go.jp/kakubu/