行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

武蔵野大学

武蔵野大学のホームページへ
医薬品成分「南天実エキス」に炎症性物質の産生を抑える効果があることを新たに見出しました(2010/3/25)
 ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都港区、社長:中野 正隆)は、武蔵野大学薬学部薬理学研究室(阿部 和穂(かずほ) 教授)と、医薬品成分である南天実エキスの有効性と安全性を検証するために共同研究をおこなっております。このたびこの共同研究において、南天実エキスに炎症性物質の産生を抑える効果があることを新たに見出しました。

 今回の研究成果は2010年3月28日(日)~30日(火)、『日本薬学会第130年会』(岡山)にて発表いたします。

<演題名>

「A549細胞におけるリポポリサッカライド誘発シクロオキシゲナーゼ-2誘導に対する南天実エキスの抑制効果」

■結果ならびに考察

 のどに炎症がおきると、腫れや痛みの原因となる炎症性物質の産生が増えることが知られています。今回、細胞を用いた実験により、炎症性物質のひとつであるプロスタグランジンE2 (以下PG E2)※1と、PG E2を産生する酵素シクロオキシゲナーゼ-2 (以下COX-2)※2に対する南天実エキスの作用を評価しました。細胞にリポポリサッカライド※3を処置すると、PG E2とCOX-2の量が増加します。この時、南天実エキスを加えておくと、PG E2とCOX-2の産生が有意に抑制されました。これにより、南天実エキスに炎症性物質の産生を抑える働きがあることが明らかになりました。
http://www.tokiwayakuhin.co.jp/news/2010/03/post20100325.htm
http://www.tokiwayakuhin.co.jp/news/2010/03/documents/nanten20100328.pdf

武蔵野大学薬学部との共同研究 ノエビアグループの常盤薬品工業は、医薬品成分「南天実エキス」の すみやかに気管を拡張させるメカニズムを明らかにしました。(2008/11/17)
「第114回日本薬理学会近畿部会」にて発表

■概要
 ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都港区、社長:大倉 尚(ひさし))は、武蔵野大学薬学部薬理学研究室(阿部 和穂(かずほ)教授)と、医薬品成分である南天実エキスの有効性と安全性を検証するために共同研究をおこなっております。
 呼吸器系の障害による咳に対して、気管・気管支拡張薬が有効であることは既に認められています。私たちはこれまでに、南天実エキスの気管拡張作用を報告すると共に、その作用に関与する成分は、南天実エキス中の主なアルカロイドであるナンテニン(O-メチルドメスチシン)に加えて、最近、ヒゲナミンが含まれていることを明らかにしてきました。
 今回は南天実エキスと、南天実中のナンテニン・ヒゲナミンが、どのようなメカニズムにより気管を拡張しているのかを詳細に調べました。その結果、南天実エキスのすみやかな気管拡張作用は、ヒゲナミンによるβアドレナリン受容体※1(β受容体)を介したメカニズムであることがわかりました。また、ナンテニンはβ受容体を介さず、他のメカニズムにより気管を拡張することもわかりました。

 ※1…気管に存在するβアドレナリン受容体に作用すると、気管が拡張することが知られています

 研究成果は2008年11月14日(金)、『第114回日本薬理学会近畿部会』(神戸)にて発表いたしました。

■結果ならびに考察
 南天実エキスの気管拡張作用には、ナンテニンに加えて、ヒゲナミンも関与していることを明らかにしました。今回、南天実エキスに含まれるヒゲナミンが、β受容体を介して気管を拡張することがわかりました。
 これによって、南天実エキスのすみやかな気管拡張作用は、ヒゲナミンによるβ受容体を介したメカニズムであることが明らかになりました。

医薬品成分「南天実エキス」の作用を発見(2007/3/15)
 ノエビアグループの常盤薬品工業は、武蔵野大学薬学部薬理学研究室(阿部 和穂教授)との共同研究で、医薬品成分「南天実エキス」が気管平滑筋に直接作用し、細胞内のカルシウム濃度を調節することにより、気道が狭くなる症状を緩和させることを見出した。
 気管平滑筋の収縮・弛緩には細胞内のカルシウム濃度が深く関係している。南天実エキスは気管平滑筋において細胞内のカルシウム濃度に影響を及ぼすことで弛緩作用を発揮している可能性が高い。今回の結果から「南天実エキス」は気管に含まれる平滑筋に直接作用し、喉の不快感・咳などの諸症状を緩和させることが期待できることが判明した。
 今回の研究成果は2007年3月15日(木)、『第80回日本薬理学会年会』(名古屋)にて発表する。