行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

日本製薬(株)

日本製薬株式会社開発品ミンクリア(開発コード:「NPO-11」)の販売提携について(2010/2/3)
このたび、あすか製薬株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口 隆、以下「あすか製薬」)は、日本製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦 勉、以下「日本製薬」)が開発申請中である「ミンクリア(開発コード:NPO-11)」の販売に関する契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
本剤は、胃内視鏡検査における前処置に用いる胃蠕動運動抑制剤であります。本作用機序は平滑筋細胞のカルシウムチャネルを直接抑制することで、蠕動運動を抑えます。また、本剤は従来実施されている内視鏡検査前処置の投与法を大きく変えるものであり、その特徴は以下の通りであります。
① 同効薬と同等の胃蠕動運動抑制効果を示す
② 注射を必要とせず、内視鏡の鉗子口から直接胃内投与ができる
③ 内視鏡検査後の回復期間を必要としない(検査後に自動車の運転が可能となる)
④ 同効薬に比べ安全性が高く、対象患者を限定せず広く使用できる(糖尿病患者をはじめ禁忌・慎重投与例が少ない)
なお、本製品はプレフィルドシリンジに充填された透明な液剤(散布型)で、利便性の高い薬剤であります。
現在、ミンクリアは第Ⅲ相試験を2009 年2 月に終了し、2009 年12 月に日本製薬が製造販売承認申請をいたしました。
あすか製薬㈱は、H2 受容体拮抗薬アルタット及び食道静脈瘤硬化療法剤オルダミン等を通じて消化器系を重点領域のひとつとして販売活動を特化してきており、本剤の製造販売承認取得後に、日本製薬とのコ・マーケティングを展開してまいります。
http://www.aska-pharma.co.jp/pdf/company/news20100203