行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

福岡大学

福岡大学のホームページへ
膵島細胞移植で起こる早期拒絶反応の制御に世界で初めて成功(2010/2/2)
インスリン投与に代わる重症糖尿病の根本治療法をマウスで確立
― 膵島(すいとう)細胞移植で起こる早期拒絶反応の制御に世界で初めて成功 ―

本研究成果のポイント
 ○早期拒絶反応は核内タンパク質「HMGB1」が原因と判明
 ○血中のHMGB1量を測定し、拒絶反応診断法と拒絶反応制御法を開発
 ○効率的な膵島移植により、重症糖尿病の根本治療が可能に

 福岡大学(衛藤卓也学長)と独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、糖尿病の重篤な患者の根本的な治療法と期待されている膵島(すいとう)細胞の肝臓内移植の際に起こる拒絶反応メカニズムに、核内タンパク質として知られている「HMGB1」がかかわっていることを突き止めました。さらに、血中のHMGB1量を測定し移植拒絶反応の発症を判定する方法や、HMGB1抗体の投与による重症糖尿病の治療法をマウス実験で確立しました。福岡大学医学部再生・移植医学(安波洋一教授)研究グループと、理研免疫・アレルギー科学総合研究センター(谷口克センター長)免疫制御研究グループの谷口克グループディレクターとの共同研究成果です。
 国内約890万人の糖尿病患者のうち、生涯インスリンを注射し続けなければない重症患者は約10万人です。この煩わしいインスリン注射から解放される方法として注目されているのが、インスリンを産生する膵島細胞を糖尿病患者の肝臓内に移植する膵島細胞移植です。しかし、膵島細胞移植は他人の組織を移植するために、発生する拒絶反応が大きな障害となります。そのため免疫抑制剤を使用しますが、移植後数時間で起こる早期拒絶反応によって、移植した膵島細胞が破壊されてしまい、移植効果が小さく、数回の移植を行う必要がありました。このため、膵島細胞移植を成功させるためには、移植早期拒絶反応を制御することが最も重要な課題となっています。
 今回、糖尿病モデルマウスを使い、これまで核内タンパク質として知られていたHMGB1が細胞外に放出されると、移植膵島細胞の早期拒絶反応を引き起こすとともに、膵島細胞がHMGB1を大量に放出する細胞であることを見いだしました。こうした知見を利用して、血中のHMGB1量を測定し、早期移植拒絶反応の発症を判定するシステムの開発やHMGB1抗体投与によって、移植膵島細胞の早期拒絶反応を回避する治療法の確立に成功し、これまでの移植効率の約4倍と飛躍的に改善しました。
 この膵島細胞移植早期拒絶反応メカニズムは、ヒトでも存在することから、HMGB1抗体を用いると、膵島細胞移植が効率的に進み、重症糖尿病の根本治療となることが期待できます。肝臓の門脈内注射で治療を行うことができる膵島細胞移植は、体への負担が極めて少なく、頻繁に実施するインスリン注射に代わる根本的な治療法として注目されており、本研究の成果は、糖尿病治療に画期的な進歩をもたらすと期待できます。
 本研究成果は、米国の科学雑誌『The Journal of Clinical Investigation』(3月号)に掲載されます。
http://www.fukuoka-u.ac.jp/home/news/suitou100202.pdf
http://www.fukuoka-u.ac.jp/unv_gide/hotnews/hotnews_1114.html