行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

国立感染症研究所

インフルエンザ流行レベルマップ[疾患別情報] 第34週(8月17日~8月23日)(2009/8/28)
インフルエンザの定点当たり報告数は2009年第28週以降増加が続いており、第34週は2.47(患者報告数11,636)となった。定点医療機関からの報告数をもとに、定点以外を含む全国の医療機関を1週間に受診した患者数を推計すると約15万人となった。都道府県別では沖縄県(46.31)、埼玉県(2.94)、神奈川県(2.85)、福井県(2.84)、徳島県(2.84)、大阪府(2.81)、千葉県(2.65)、東京都(2.64)、滋賀県(2.54)、京都府(2.46)の順となっており、北海道、富山県、和歌山県、岡山県、広島県を除く42都府県で定点当たり報告数が1.00を超えている。
 警報レベルを超えている保健所地域は4箇所(沖縄県4)、注意報レベルのみを超えている保健所地域は4箇所(沖縄県2、長野県1、大阪府1)であった。また47都道府県の377保健所地域で定点当たり報告数が1.00を超えている。
 沖縄県の流行はさらに本格化しており、インフルエンザの流行地域およびそのレベルはともに増大している。
 インフルエンザの報告数が増加し始めた第28週以降、検出されているインフルエンザウイルスの殆どが新型インフルエンザウイルスAH1pdmである状態が続いており(感染症情報センターホームページ:http://idsc.nih.go.jp/iasr/prompt/graph/sinin1.gif参照)、最近の発生患者の殆どが新型インフルエンザに罹患しているものと推定される。
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/index.html
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/new_jmap.html

成田空港検疫所にて発見された新型インフルエンザの集団発生 -隔離と停留の対象者における疫学調査結果-(中間報告)(2009/5/21)
国立感染症研究所感染症情報センター
国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース

 2009年4月24日に、大阪府立の3高校(A高校、B高校、B高校とする)より10名ずつ合計30名の生徒(2年生14人、3年生16人)、各高校2名ずつの教員、計36名は、市の交流事業(姉妹都市・姉妹校訪問プログラム)のため日本を発ちデトロイト経由でトロントにはいり、カナダのオンタリオ州において、ホームステイ、姉妹校での授業参加等の活動を行った。デトロイトを経由して5月8日に 帰国し、成田空港において実施された入国前の検疫により参加者のうち3名が新型インフルエンザの診断で感染症指定医療機関に隔離入院となった。残りの交流事業参加者33名とそれ以外の乗客14名と乗員2名は停留措置の対象となった。交流事業参加者の停留対象者1名も停留中に新型インフルエンザと診断され、同医療機関に隔離入院となった。

 厚生労働省の依頼に基づき、交流事業参加者等を対象として実施した疫学調査の結果(暫定版)は以下の通りである。なお、交流事業参加者以外で、新型インフルエンザが疑われる症状を呈した停留者はいなかった。症例定義は、交流事業参加者のうち、2009年4月24日から5月15日(カナダ時間:日本時間マイナス13時間)までの間に、38℃以上の発熱または急性呼吸器症状(鼻汁または鼻閉、咽頭痛、咳嗽、発熱または、熱感や悪感)のうち2つ以上認めたものを疑い例、疑い例のうち患者由来検体に対して成田空港検疫所および国立感染症研究所において実施されたRT-PCR検査にて新型インフルエンザ陽性と判定されたものを確定例とした。この症例定義は、厚生労働省作成の新型インフルエンザの疑似症の症例定義を参考に作成した。なお、発症日は、疑い例の定義を満たした初日としたが、表示はカナダ時間とする。

 確定例は4例(生徒3名、教員1名)、疑い例は8名(生徒のみ)が探知され、確定例はすべてA高校所属であった。疑い例は、A高校3例、B高校3例、C高校2例であった。確定例の発症日は、5月5日~8日であった。疑い例の発症日は、4月25日~5月12日の期間にわたっていた。確定例はすべて38度以上の発熱と咳嗽を示し、うち3例はさらに鼻汁もしくは鼻閉、咽頭痛、関節痛等を示していた。1例が腹痛をしめしていたが、嘔吐、下痢等の腹部症状を示したものはいなかった。疑い例の一部は、RT-PCR検査が実施され、新型インフルエンザ陰性と判定されたようであるが、詳細な情報を得ていない。ただし、疑い例には、38℃以上の発熱を示した症例はいなかった。

 A高校から生徒10名(女性6名、男性4名)と教員2名(男性2名)が交流事業に参加していた。確定例の生徒3例(すべて男性)は当交流事業において一緒に行動する機会が多く、また確定例の教員は確定例生徒の現地での医療機関受診に同行していた。またA高校の疑い例の発症日は5月2日~5月8日にわたっており確定例の発症日前後に集中していた。尚、確定症例の感染源は聞き取り調査では明らかなものは認めなかった。

 確定例となった1例をのぞく停留者は、停留期間中に新型インフルエンザを疑わせる発症がみられなかったため、5月15日夕方に停留解除となった。確定例4例は症状の軽快が確認され、RT-PCR検査等によっても、他に感染させる恐れが無いと判断され、5月20日までに全員が退院となった
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/epi_narita.html