行政や会社のニュース

全業種
行政機関・関連団体
安全情報
医療人・資格など
医療情報・業界団体
大学病院・国立病院
病院・医療法人
保険薬局・DgS
大学・教育機関
研究所・研究機関
創薬・開発ベンチャー
外資系製薬企業など
製薬業界・製薬専業
兼業・中堅・一般薬
バイオ・試薬・機器
CRO、支援、分析
医薬卸・流通・商社
その他
企業・病院の取材記事
国家試験合格実績
各薬学部の就職実績

CTCラボラトリーシステムズ(株)

CTCラボラトリーシステムズ(株)のホームページへ
CTCLS、東京大学およびGVK Biosciencesが共同研究を開始(2009/6/26)
化合物のフラグメント解析による活性定量、選択性の検証
CTCラボラトリーシステムズ株式会社(略称:CTCLS、本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:根岸 秀樹)、国立大学法人東京大学(以下:東京大学、所在地:東京都文京区本郷7-3-1、総長:濱田 純一)、およびGVK Biosciences Private Limited(以下:GVK、本社:インド、ハイデラバード、President:Manni Kantipudi)は、この度、化合物のフラグメント解析*1に関する共同研究を開始いたしました。

近年、種々の化合物と標的タンパク*2間における活性や選択性の発生要因を解明する目的で、フラグメントを解析する試みが盛んになりつつあります。化合物が持つフラグメントを統計的に解析することにより、特定のタンパクに対し、どのようなフラグメントが活性や選択性に起因しているかを明らかにすることが、より選択性の高い化合物の創出に寄与すると言われています。

今回の研究を実施する東京大学大学院工学系研究科、船津公人教授のグループは、GPCR Type A*3に属するタンパク群に着目し、種々のGPCR Type Aタンパクと活性化合物群とを網羅的に解析し、活性や選択に係わるルールの導出およびフラグメントキーの探索を試みます。
解析に当たって、GVKは、独自に構築した網羅的化合物データベースを東京大学に提供します。また、CTCLSはGVKの国内代理店であり、東京大学に対してGVKデータベースの導入支援や各種サポートを行います。
今回の研究により、船津教授は、種々のGPCRに関して、選択性や活性に関係したルールの探索およびフラグメントキーを同定することにより、副作用の少ない薬剤の創出や、テーラーメイド医療*4に貢献できると考えています。

シーティーシー・ラボラトリーシステムズ株式会社